2020/2/23

【誰でもできる】Chat-Wifi 100ギガSIMのスマホ設定方法【APN設定】

以前ご紹介したChat wifi社 100ギガSIM。私も契約してメイン回線にしてるわけですが、非常にお得なので契約された方も多いようです。 Chat wifIのSIMとはこれ↓ですね。 さて契約後のスマホ設定はだれでもできるレベルでカンタンです。 でも「念のために記載しておいてほしい」というご意見を踏まえ、実際契約してるスマホを使って、紹介しておきたいと思います。 今回はこんな問題を解決します。 Chat wifi社 100ギガSIMのスマホ側の設定って難しいのかな?自分にもできるだろうか? OKです。 ...

続きを読む

2020/2/20

【買った時に悩んだ】ハイガーのスピンバイクはどこが一番安くてお得だったか。【HG-YX-5001】

以前からハイガーのスピンバイクを愛用しております。 デザインがカッコいいし、一度買えばジム代かからずジムレベルのスピンバイクをずっと使える。 家の中でかっこいいスピンバイクで有酸素運動とかブルジョワかよ。最高すぎる。。。 \どーん!こんな感じで最高のスピンバイクが届くわけです/   今でこそこう言えるわけですが、買う前は心底悩みました。その中でももっとも悩んだコレを解決します。 ハイガーのスピンバイクを買うならどこが一番安くてお得なんだろう? そうなんですよね。これは確かに悩む。タイミング、店な ...

続きを読む

2020/2/19

Dahon k3Plusが入手できないので、16インチ7速ギアのRenault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Dahon k3Plusの記事がよく読まれています(感謝)。 かなり良さそうなミニベロなんですが、国内未発売で手に入らない。。。 そうなるとメンテナンスの問題などもあって、手を出せない人も多いわけです。 そのため、こんな風に思う人が日に日に増えてくるはずです。 Dahon k3plusと同じようなスペックで、まともなメーカーから折りたたみミニベロ発売されてないかな? この気持ち非常にわかります。深堀しつつ紹介していきましょう。 Dahon k3plusってこんなミニベロ。 Dahon k3plusをおさら ...

続きを読む

2020/2/16

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。 そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。 しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。 そこで今回はこんな問題を解決します。 Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも ...

続きを読む

2020/2/15

Renault?いいえ実物のサヴァーン FDB169(SAVA/SAVANE)に乗ってみた感想

最近折りたたみミニベロ界で話題に上がり始めてる(?)サヴァーン FDB169 。 この折りたたみミニベロはスペックがすさまじく、夢のような降りたたみミニベロです。 しかしスペック上はすごくても、実物はどうなんだ?って思う人も多いわけです。そこで実際に試乗させてもらい、乗ってみた私がレビュー記事を載せておきます。(あまり写真ないんですが、撮影許可もらいました) この記事はこんな方向けの記事です。 サヴァーン FDB169 のスペックがすごくて気になる!でも実物は全然ないし、実際に乗ってみた人の意見を見たいな ...

続きを読む

wktkな考え方 ガジェット サイクリング ブロンプトン

【超かんたん】Tern Verge(ヴァージュ)N 8のドロップハンドル化で登坂性能は上がったのか?

最近愛用する折りたたみミニベロの一つにTern ヴァージュ N 8があります。このミニベロは何がいいかと言うと走行性能が非常に高い点です。

走っていて爽快感があるんです。爽快感がある折りたたみミニベロというのは結構少ない。そんな中でTern ヴァージュ N 8における走行時の爽快感は、折りたたみミニベロ界隈としては特筆ものです。

しかしながらちょっとした弱点がありました。
それは性能は高いながらも登坂は大変ということです。どういうことかというとTern ヴァージュ N 8はストレートハンドルなのです。

登坂する際にストレートハンドルだと、力が逃げやすくて登りづらい。

じゃあどうしたらいいかと言うと、ドロップハンドルに交換すればいいわけです。
この記事はこんな方向けの記事です。

Tern ヴァージュ N 8をドロップハンドル化すると、本当に登坂が楽になるのかな?

oK です。自腹で購入してありますので紹介していきます。

Tern ヴァージュ N 8のドロップハンドル化はコレを使用。

最初にどうやってドロップハンドル化したかも書いておきます。私はハンドルまるごと交換するのは、手間で面倒くさい。と思ってます

そのため一番ドロップハンドル化が簡単なコレを使用しています。

これがめちゃくちゃ簡単で、六角レンチ一本で簡単に装着できます。装着の仕方は参照記事をご覧ください。

すごい!これなら5分もあれば装着可能ですね。

 

ちなみにこのタイプのドロップハンドルは複数種類があり、まとめてあります。

さてこれを装着して、ドロップハンドル化したわけですが、『果たして登坂性能は向上するのか』を書いていきたいと思います。

結論:登坂性能はかなり向上する。

先に見出しで結論を書いちゃいましたが、登坂性能はかなり向上すると言えます。
その理由は、思いっきりハンドルを握りこめるからです。まあこれは、ロードバイクのドロップハンドルと同じ原理ですね。

ハンドルを縦で握った方(左の写真)が、横で握る(右の写真)よりも力を入れやすいからです。


この握り方ができるのが、ドロップハンドル化の最大のメリットだと思います。そしてこれはドロップエンドを使った簡易的なものでも同様です。

これで登坂性能はかなり上がるわけですが、性能アップ以外にも恩恵がありました。
それは、、、

輪行先でも積極的に『登坂したい』と思うようになった。

これはかなり大きいメリットと感じてます。

というのも、通常のロードバイクであれば普通に登坂できます。

しかしながら、折りたたみのミニベロの場合ほとんどの車体はストレートハンドルです。そうなると登坂性能が低く、坂を登るのが割と苦痛なわけです。

そのため、こんなことがよく発生していました。

お!すごい坂だ。。。。この坂の先にどんな風景があるんだろう?

こういうちょっと気になる道って輪行先ではよくありますよね。でも

折りたたみミニベロだし、登坂性能低いから行くのやめとこう。。。。

という風なことが発生しておりました。

しかしながらドロップエンドを装着してからは、思考が変わりました。

よし!ドロップエンドあるから、激坂でも下ハンドル握れば登り切れるだろう!行ってみるか!

こんな感じで、折りたたみのミニベロであるにもかかわらず、積極的に登坂するようになりました。

獣道でも進む気になったり、輪行ライフの面白さが向上したと感じてます

また、以前ツイートしましたが、標高が高めのところにもチャレンジしてます。

こういう激坂の果てには、いい景色が待ってることが多いのも嬉しい

絶景遭遇率も上がりましたね!

こういうおまけの効果があるのも嬉しいですね。その結果別の趣味(写真)にもいい効果があったりと、いいことづくめでした。

まとめ

Ternヴァージュ N 8をドロップハンドル化したことで、登坂性能が向上したことはもちろん副次効果も素晴らしい。

六角レンチ一本ですぐドロップハンドル化できるし、気が変わったら外すこともすぐできます。

めちゃめちゃ便利でおすすめです

ちなみにVerge N8の持ち運びを楽にしたい方は、転がし輪行もおススメです。こちらも併せてどうぞ。
キャリーカートを使って運ぶ方法も紹介しています。(費用面で圧倒的に安いのでこちらも検討の価値ありです。)

PR

-wktkな考え方, ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.