ファインダーを覗く悦び。RX100M3 ファインダーレビュー

ガジェット

はいどーも(0゚・∀・) + ワクワクテカテカヌマヌマしてますか?

最近までカメラ沼にハマっていました。
そんなわたしのカメラはRX100M3を使っています。思えばいろんなカメラ沼を旅してきました。はまっては抜け。そしてまたはまって。その繰り返しでしたが現在はRX100M3がバランス的にすごくいいなと改めて思います。

その理由はコンデジでありながら快適なファインダーがあるということです。

〇RX100M3のファインダーはポップアップ式

RX100M3は一見ファインダーを積んでないように見えます。しかし側面のスイッチを押すと「シャコッ」とファインダーが出現します。

私はこの儀式が好きです。SONY製のデジタル技術を駆使したカメラでありながら、このアナログ感。このバランスの良さよ。

 

〇ファインダーの解像度が高く快適

RX100M3のファインダーはこのサイズのコンデジでありながら見やすいのです。その理由は解像度の高さです。




0.39型ファインダーでありながら、144万ドットの高精細です。

このRX100M3サイズのコンデジでしたら、たいていファインダーはついてないのが現状です。Panasonicなど一部のコンデジにはついてますが、LUMIX TX1などは 0.2型 約116万ドット等で画像が荒かったり小さかったりで快適ではありません。

 

〇ファインダーには心地よい緊張感がある。

ファインダーを覗く行為には写真を撮る前の「ピリッ」とした緊張感があって好きです。スナイパー的な行為に近いものを感じます。「的を外せない」というゲーム性が高まったのを感じます。

やはりファインダーがあるカメラと無いカメラではゲーム性が格段に違います。

 

〇RX100M3は逸品。ファインダーを通して撮る喜びを増幅させる装置

これから冬に入ります。イルミネーションを撮影したり夜景を撮る機会が増えます。夜景に強いRX100M3と一緒にファインダー超しに撮影を楽しみたいと思います。

ちなみにケースはこちらを使っています。グリップ力も増すし本体も守ってくれるいいカバーです。

コメント