2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット

Ipad Mini用の BridgeキーボードがAndroidでもすごく使える

7〜8Incタブレットで効率的に作業したい。誰もが1度は思うことです。「PCよりも断然軽いし置き換えできるんじゃないか」って。でも多くの人がそれを諦めます。その理由の一つが適切な外付けキーボードを発見できないからです。
しかしその問題の最適解の一つが発見されました。

それがBridgeキーボードです。


これですね。

これがどれほど素晴らしいキーボードか説明していきましょう。

○大幅な角度調節ができる

Bridgeキーボードは爪の部分にタブレット本体を固定することで一体化します。


この構造では角度調節は大変重要な機能です。安価なIpad Mini用キーボードで類似の製品があります。あちらは130度しか開きません。

これも実際に使っていたのでわかるのですが、膝上でラップトップとして使用すると、開きが足りなく、ディスプレイが大変見づらいんです。
マックスまで開いてこれです。

一方でBridgeキーボードは180度まで開きます。どんな状態でも開く角度を変えれば常に見やすい角度にできます。

ここまで行ける!


この点が大変良いのです。
これのおかげで電車の中でもタイピングが大変快適になりました。

○適度な重量で倒れない(ラップトップできる)

先程の開く角度と話がつながっていますが、重量バランスが取れてないと大きく開いたときに倒れてしまいます。






その点Bridgeキーボードはある程度重量があります。そのおかげで開いても倒れることがありません。

類似品は軽く作られており、倒れます。それ故に開く角度を130度までに制限していると思われます

○質感が非常に良く高級感がある


これ購入するまで期待してませんでしたが、質感が非常に良いのです。プラスチック感は一切なく、金属感を纏っています。
例えるならIphone 5sの金属部分によく似ています。
あのレベルで高級感があるのです。写真でも見てもらいましょう。
塗装ではない金属の塊感。大変良い仕事しています。

○7〜8Incタブレットと相性が良く、機種変しても使い続けられる。


わたしがこれまでこのような合体キーボードを敬遠してた理由は『機種変したら使えなくなるだろうなぁ』と思っていたからです。
しかしBridgeキーボードは爪の部分の幅さえあれば今後どの機種でもBluetooth接続で使えるのです。
なので、機種変したら使えなくなるという心配がありません。

しかも爪の幅は広く作られています。今後タブレットの厚みは薄くなる方向のため、厚みが足りなければ滑り止めのゴムでも挟めばよいのです。


実際に私も滑り止めのゴムシールを貼って使ってますが全く問題ありません。
機種変更しても使っていけるというのは大変頼もしいですね。

○まとめ
ちょっとお値段が張りますが、購入を決意できたのはこのように今後も長く使っていけるからです。
といわけでIpad Miniの人もAndroidの人にも両方におすすめできるキーボードの紹介でした。


PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.