2020/3/31

2020年3-4月時点 普段持ち歩くカバンの中身<ガジェット編>

わたしはカバンの中身記事がすごく好きで、よくそういった記事を読んでます。 カバンの中身はその人の考え・生き方がよくあらわれると思ってます。 そこで今回はカバンに入れて持ち歩いていたモノ・ガジェットを紹介していきたいと思います。   Huawei Mate9、Mate20pro スマホはHuawei製を使っています。もはやオワコン化してしまったHuaweiですが使い勝手、性能は抜群です。 Mate9なんて3年前に買ったのにまだメイン端末で、サクサク動く。大好きなんですけど企業体質がちょっとね。。。 ...

続きを読む

2020/3/24

日本のサラリーマン生活とブロンプトンの相性が良すぎる件

春も近くなると、社内が浮足立ってきます。 そう、人事異動です。人事異動には転勤がつきもの。かくいう弊社内も全国転勤があり、かなりの人数が全国へ散らばります。 さてそうなると大変なのが引っ越し。この時あらためて気づいたのがコレ。 ブロンプトンと日本のサラリーマンって相性よすぎじゃないか? ってことです。この事柄を詳しく掘り下げていきます。   日本のサラリーマンは全国転勤が避けられない いうまでもないのですが、地域限定採用の社員以外は転勤があります。 そうなると辞令一つで、異動をすることになります ...

続きを読む

2020/3/25

【購入済み】楽天モバイル UN-LIMIT 先行キャンペーン中はお得でしかない格安SIM

スマホ回線の料金戦争に殴り込みを入れてきた楽天。 今回は楽天UN-LIMITという新プランを出してきました   この楽天UN-LIMITは正直かなりお得で、先行キャンペーンがあるうちはお得しかしないプランなので、紹介していきます。 今回も自腹で(0円なんだけどね)、早速購入してみたので、紹介していきたい。 この記事はこんな方向けの記事です。 楽天UN-LIMITちょっと気になるんだけど、契約すべきなんだろうか? OK!解説していきましょう!ちなみに契約したのはコレです   楽天UN-L ...

続きを読む

2020/3/24

【ブロンプトンで解決!】ソロキャンプ時の汗でリュック‐背中間 びちょびちょ問題 

ソロキャンプ時には荷物をどれだけ減らしても、リュックで背負うスタイルを避けられない。 私は一時期超軽量なウルトラライトスタイルをやっていて、重量的には快適でした。でも結局、荷物はあるので、背負うリュックスタイルに行きつくわけです。 そのため暑い時期は、リュックの部分で背中が汗でびちゃびちゃ・・・圧倒的不快です。 しかし最近思うのが、ブロンプトンで解決できるんじゃないか?という事です。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 ソロキャンプ(またはキャンプ時)の背中びちゃびちゃ問題を解決したいなぁ。 OKです。 ...

続きを読む

2020/3/23

【サラリーマンによく効く】ブロンプトンでソロキャンプが楽しすぎるのでおススメ

ブロンプトンでソロキャンプ。以前テントキャンプをブロンプトンでして以来、キャンプの魅力にどっぷりハマっています。 その後はブロンプトンでソロキャンプとかを何度もしているわけです。何度もブロンプトンでソロキャンプしているうちに「なぜ楽しいのか」だんだんとわかってきたので、紹介していきたいと思います。 この記事はこんな方向けの記事です。 会社の休日にブロンプトンでソロキャンプしてみたいけど、ホントに楽しいのかな? OKです。解説していきます!   自力で自分の好きな場所へ行く達成感 ブロンプトンでソ ...

続きを読む

ガジェット

<自腹>コンセント一体型モバイルバッテリーはAnker power coreよりサンワ製の理由

先日モバイルバッテリーを新調しました。今まではアンカー社製のモバイルバッテリーを使っていましたが、先日外出する時にちょっとした問題があり、モバイルバッテリーについて再考し変更することにしました。

その理由を書いていきます

外出時にモバイルバッテリーの充電ができてないことが多かった。

先日、折りたたみのブロンプトンで輪行をするために外出しました。スマホを多用することが想定されましたので、モバイルバッテリーを持って行こうとしました。

しかしいざモバイルバッテリーを見ると、なんと充電されてない。

ぜんぜん電池残量が無い・・・!

よくよく見ると充電のための USBケーブルがうまくはまっていませんでした。前回使った後にしっかりとケーブルを差し込めてなかったのが原因でした。

この時に思ったのが、「外出先でモバイルバッテリーが使えないのは致命的」であるし、
モバイルバッテリーへの充電のミスが起きない仕組みを作らなければいけない
ということでした。

 

あらゆることをスマホで検索をする時代、スマホが使えないことは機会損失であり、ライフラインの喪失です。

ということで充電ミスが起きない仕組みとして探したのがコンセント一体型のモバイルバッテリーでした。

 

コンセント一体型のモバイルバッテリーはまだ少ない

コンセント一体型のモバイルバッテリーを色々探しました。しかしながら通常のモバイルバッテリー比べて、まだまだバリエーションが少ないのが現状です。
有名なところで言うとアンカー社製のコンセント一体型モバイルバッテリーが有名です。

その他ではパナソニックのコンセント一体型バッテリーも有名です。

 

 

しかし私が選んで購入したのはサンワダイレクトのコンセント一体型バッテリーでした

この製品のことです。

その理由を書いてきます。

 

サンワダイレクトは大容量10000mAである

私がモバイルバッテリーを選ぶ時に重要視しているのは、大容量であるということです。コンセント一体型のモバイルバッテリーは現状ほとんど容量が少ないです。アンカー社もパナソニック社も大体5000 mA 程度です

はっきり言ってこの程度ではモバイルバッテリーとして、力不足です。私は外出先で絶対に電池切れをしたくないからです。そのため最低でも10000mA 程度は欲しいと思うわけです。

 

同時に2台充電ができる

サンワダイレクトのコンセント一体型モバイルバッテリーは、USB ポートが二つあります。そのため同時に2台の端末を充電できます。


これは使ってみるとわかりますが非常に使い勝手が良いです。wi-fi 端末やデジタルカメラ、スマホなど USB で充電できる端末が最近増えています。

しかしながら 充電の規格は統一されておらず、USB Type C、USB Type B、独自規格の充電ケーブル、などUSB ポートが一つであれば、毎回充電ケーブルを差し替える必要があります。しかしながらポートが二つあればわざわざケーブルを差し替える手間が減ります。

 

常にフル充電状態で外出先に持っていける

コンセント一体型は、常にコンセントに差し込んで置いて大丈夫です。そのため平日はコンセントに差し込みながら普通の充電器として使い、休日や急な外出の時にコンセントから抜いてフル充電の状態で利用することができます。

そのため、仕組み上絶対にモバイルバッテリーの充電を忘れた!ということが起きなくなります。大変素晴らしいプロダクトだと思います。

 

日本の会社が保証していること

モバイルバッテリーはamazon などでいろんな製品が販売されています。しかし多くが外国製です。バッテリーというのは精密機械であり、安全性の担保されている必要があります。

無名の海外メーカーなどのモバイルバッテリーは安いのですが、本当にちゃんと安全基準を満たしてるのか気になります。本音では海外製はやはり若干怖いなと思います。

 

samusungのスマホ爆発もあるし、

海外メーカーはちょっとな。。。

サンワダイレクトのコンセント一体型モバイルバッテリーも製造国は中国です。
しかしながら販売してる会社は日本のサンワダイレクトです。間に日本のメーカーが入っているため、日本の安全基準に満たすようにチェックがされているはずです。そういった安心感があるのが非常に良いです。

 

まとめ

コンセント一体型モバイルバッテリーは持ち運ぶ時に、絶対にフル充電状態を保てるのが素晴らしいです。次にモバイルバッテリーを買う時もコンセント一体型にしたいと思います。

モバイルバッテリーの充電わすれは解消です!

 

PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.