折りたたみ自転車用の4輪キャリーカートをレビュー ブロンプトンやKHSもOK!

ガジェット

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

以前の記事で折りたたみ自転車用のキャリーカートの最適解を紹介しました。実際に購入して手元に届いたので、レビューしたいと思います。

実際に購入したのはこれですね。

これを購入したわけですが実際に使ってみて感じたことは以下になります

・4輪はすごくいい。

・持ち手は伸縮自在でかっちりしている

・荷台部分がわりと広い

・キャリーカートの持ち運びはブロンプトンなら激カンタン

それでは上記を深堀していきます。

 

4輪はすごくいいぞ

市場にあふれているキャリーカートといえばほとんどが2輪です。そのほうがコストも安く重量も軽くなるので、たしかにメリットがあります。こんな感じで実際に使っていました。

しかしいざ道路で使ってみると現実はそう甘くはありません。どういうことかというと路面の段差や傾斜に対し2輪ではスペック不足ということです。

私も長く2輪のキャリーカートを使っていたのですが、キャリーカート引きながら歩いていると、歩道と車道のちょっとした段差の繰り返しで、バランスを崩すことが多かったのです。そのため地味こういうのがじわじわと効いていきだんだんとこんな思いが。

2輪のキャスターでは結構しんどいなぁ。。。

 

そこで4輪のキャスターに乗り換えることにしたわけです。

4輪ならばこれらを面でとらえつつキャリーカートを転がせるのです。すなわちバランスを崩すことも激減しました。4輪すげぇや。。

というわけでこの4輪キャリーカートがどんな感じか見てみましょう。これが折りたたみをすべて解除した状態です。取っ手の部分は伸縮します。

比較のためにブロンプトンと並べてみます。

結構な大きさになり頼もしい限りですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホイールは4輪とも360度回転型のフリーホイール!

これは超重要です。輪行では駅の改札とか新幹線車両内での通路移動とか狭い場所を通り抜けなければいけないタイミングがあります。

こういうときに向きが固定されてるホイールだと、台車の横幅でつっかえたりします。そのため持ち上げたり無理して通ることになります。実際やってみるとこれが結構大変です。

しかし360度回転型のフリーホイールなら「サッ」と向きを変えて改札を転がしながら通れば終了です。

 

これだ!これを求めていたんです!

 

 

 

売り切れのタイミング増えています。その場合こちらから。

この「4輪」「360度回転のフリーホイール」はほぼ無いのでこれを発見したときは嬉しすぎました。

持ち手は伸縮自在でかっちりしている

持ち手はかなり重要パーツです。というのもここがぐらつくとキャリーカートを引いているときにねじれてバランスを崩します。結果的に荷台に乗せている折りたたみ自転車がバランスを崩し、自転車がアスファルトにこすれる惨事になるわけです。

持ち手の品質がショボいと悲惨・・・

今回の4輪のキャリーカートは持ち手が強固です。そのためねじれを感じにくい作りになってます。

強度をもたせつつもこのように3段階で伸縮します。各段階でかっちりと固定されるので予期せぬ伸縮はありません。いい仕上げですね。

常に力が加わる場所だけにこの堅牢さはありがたいですね。

 

荷台部分が結構広い

私がこの4輪キャリーカートを推す理由のひとつに荷台部分が広いことがあります。ここが広いほど載せてる荷物が地面にこすれる可能性が下がります。

たとえばこれで使う予定のブロンプトンは十数万円という高価なアイテムです。バランスを崩して簡単にアスファルトにがりがり削られては目も当てられません。そのため充分に広いこいつのおかげで安定して引っ張ることができます。

 

実際にブロンプトンを乗せてみる

結構おさまりが良いことがわかりますね。特にフロントキャリアを外せばかなり良いサイズ感におさまります。横幅にも余裕がありかなりの安定感があります。

これは相性がイイ!

もう少しサイズ感を知るために横に立ってみます。

 

ちなみにブロンプトンのみならず、KHSのF20シリーズもギリギリ載せられます。

キャリーカート部分が非常にスムーズ

この4輪キャリーカートの素晴らしいところは非常にスムーズに走れること。これはもう動画を見てもらったほうが早い。無駄にくるくる回せるレベルで超スムーズすごい

キャリーカートの持ち運びはブロンプトンなら激カンタン!

さて素晴らしいキャリーカートなのはわかりました。問題はこのキャリーカートをどうやって運ぶかです。

以前の記事でも書いてますが、普通の折りたたみ自転車ならこの方法が最適な解決策です。

一方でブロンプトンならばもっと簡単な解決策があります。

ブロンプトンのリアキャリアに乗せちゃえばいいんですね。超簡単に解決。

荷台に注目です。一体感がありすぎて違和感がありませんw

しかも副産物としてキャリーカートの荷台部分のおかげで荷物を載せられる面積が増大、つまりより多くの荷物が載せやすくなりました。この一石二鳥感。すげぇや。。

 

■まとめ

4輪キャリーカートは予想以上に良いアイテムですね。しかも極めつけはこれが結構安い点ですね。

これだけメリットあってしかも

安いってヤバい

これでブロンプトンを含む折りたたみ自転車の可搬性が上がり、持ち運びが超快適になる。また折りたたみ自転車が最強に一歩近付いてしまったようですね。

売り切れの場合はこちらどうぞ

 

コメント

  1. sio より:

    ブロンプトンの荷台にキャリーカートの紐をどのように括り付けいるか写真ではよく分からないので、教えて欲しいです。

    • wktk より:

      >sioさん
      キャリーカートの紐のくくりつけ方ですが、ブロンプトンの荷台側の紐を使って荷物と一緒に固定して使っています。

タイトルとURLをコピーしました