香り過ぎず、心地よいプラウドメン。男性向け初めての香水としてもおススメ。

未分類

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

香りを気にしている男性はどのくらいの比率でいるのでしょうか。特に夏。その人の香りに対する価値感が問われる季節。

汗ばむ季節ですからね。例えばサイクリングで輪行したりすると電車乗車時、ケアしてない人の周りからは人が離れます。悲惨ですね。

そういう事態を防ぎつついい香りを身にまといたい。一方で同じくらい抱いているのが、強すぎる香りは嫌だ。という思いです。

その両立を実現してるのがこのプラウドメン グルーミングバーム(練り香水)です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

練り香水ならば分量がわかりやすい。

通常の香水が難しい理由は液体だからです。液体の場合、少量つけたいと思っても意外と多めに出てしまったり、分量の微調整がしづらいのです。

その結果「捨てるのももったいないし、ちょっと多いけどつけるか・・」となり香水がきつすぎるという事態になってしまうのです。

練り香水であるグルーミングバームならば、分量を間違える心配がありません。自分で必要な分だけ、ちょっとすくえば良いのです。

そしてわずかにつけましょう。

耳の後ろにごくわずかを推奨。

プラウドメンはこの位置を最も推奨しています。ここにごく少量つけることで香りがきつすぎること無く、それでありながらわずかに香るという上品な利用ができるのです。

香料強めのヘアワックスとの併用は✕

香りが混ざってしまいます。身体につけるもので香料強めのものがある場合は、併用をさけましょう。というかヘアワックスって香料強めのものが多すぎると思うんですよね。香料のあるヘアワックスはそもそも使わない方がイイでしょう。

気分をかえたいときに

気持をすっきりさせたいときに、アロマ的に利用するのも良いでしょう。ご存じの通り人は香りで気分がかわるものです。これを活かして活動的に取り組みたい時にプラウドメングルーミングバームを取り出してごく少量をつける。

こういうスイッチのON、OFFに利用するのもいい使い方かなと思います。

最後に

ほとんどの男性は香りに無頓着です。こういう本当にちょっとしたことで抜きん出る事ができるジャンルを活かすべきです。

「あ、なんかステキな香りがする」これだけで好印象を抱かれることができるそれが練り香水であり、このグルーミングバームなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました