2020/4/7

Tern verge(ヴァージュ) N8を買って後悔しただろうか?

Tern Verge N8の購入で迷ってる方が多いようです。 私はVerge N8を購入して約1年程度が経つため、しばらく乗ってみたリアルを改めて記載したいと思います。 この記事はこんな方向けの記事です。 Tern Verge N8の購入するか迷う・・・。買って後悔したくないしなぁ。。 たしかに安い買い物ではないため、この気持ちはよくわかります。   ここは自腹購入&使い倒している私がVerge N8のリアルを書かねばなりませんね! というわけで、深堀しつつ書いていきます。ちなみに購入しているの ...

続きを読む

2020/4/6

【レビュー】部屋のテーブルとイスをアウトドアキャンプ用に変えると、キャンプ感出ておススメ

新型肺炎などで最近外出がしづらい状況ですね。 しかしずーっと部屋にいると、気が滅入ってくるものです。 そこで部屋を快適にしつつ、部屋でアウトドア感を出すべく家具を変更したりしてます。   その第一弾として、アウトドア用のテーブルとイスを導入してみます。 この記事はこんな方向けの記事です 家にずーっといると気分転換が難しい。アウトドアを感じたいなぁ。家の中にいながらキャンプを味わえないかなぁ OKです。実際にいろいろ試してみましたので、紹介していきます。   キャンプ用テーブルを導入 ま ...

続きを読む

2020/4/5

サイクリングが社会人にとって一生の趣味になる可能性を秘めている件

社会人になると趣味を失う人が多い。 その理由は労働のしんどさに圧倒されてしまうから。一部の人はその逆で労働が、超楽しくて趣味を離れる。   いずれにしろ、いろんな理由で”趣味やってる場合じゃねえ!”となってしまうわけです しかし、社会人は仕事と苦楽を共にする超絶長いマラソンみたいなもの。 仕事に全振りしていると逃げ場がなくなってしまうのでやっぱり趣味は必要なんです。 そうなってくるとこう思うわけです。 どうせだから楽しい趣味がイイ。ためになったりする実用性もあるといいな・・・歳をとってもできる趣 ...

続きを読む

2020/4/5

【レビュー】エレコム Blue toothのCAPCLIP マウスは常用できるか?

エレコムのCAPCLIPマウスを愛用しています。 このマウスめちゃめちゃ便利で、Androidタブレットと併せて2年くらい使っています。 そこで今回はこんな方の向けの記事です。 エレコムのCAPCLIPマウスがとても気になるけど、使い後心地が知りたい。Androidスマホやタブレットとも快適に使えるかなぁ? OKです。自腹購入しているので、紹介していきます。   CAPCLIPは超コンパクト まず購入したのはコレです。 リンク このCAPCLIPで注目いただきたいのがこのサイズの小ささです。 ご ...

続きを読む

2020/3/31

2020年3-4月時点 普段持ち歩くカバンの中身<ガジェット編>

わたしはカバンの中身記事がすごく好きで、よくそういった記事を読んでます。 カバンの中身はその人の考え・生き方がよくあらわれると思ってます。 そこで今回はカバンに入れて持ち歩いていたモノ・ガジェットを紹介していきたいと思います。   Huawei Mate9、Mate20pro スマホはHuawei製を使っています。もはやオワコン化してしまったHuaweiですが使い勝手、性能は抜群です。 Mate9なんて3年前に買ったのにまだメイン端末で、サクサク動く。大好きなんですけど企業体質がちょっとね。。。 ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

ブロンプトンキャンプにオススメ!イナーシャオゾンをレビュー(KLYMIT クライミット) Inertia O Zone )

ブロンプトンは可搬性に優れてます。そのためキャンプの道具も非常に運びやすい。しかしキャンプの時は持ち運ぶ道具も増えます。そのため荷物は軽ければそれに越したことはないわけです。

以前ブロンプトンキャンプをした時、非常に良いエアマットがありました。

今回はそれを紹介しつつ、この記事はこんな問題を解決します。

キャンプ時の荷物を少しでも軽量にしたい。

どうにかならんかな。。

というわけでこの問題を深掘りしながら紹介していきます。

ブロンプトンでも荷物が重いと辛い

先ほど述べたようにブロンプトンは荷物を非常にたくさん運べます。しかしながらそんなブロンプトンでも荷物が多ければ、走行性能は下がります。特にヒルクライムなどではそれが顕著です。

以前ブロンプトンで行った那須塩原ヒルクライムでは荷物が多すぎて大変でした。また静岡にいったときもイチゴを摘んだりと過積載気味。。。

こんなに積める時点で相当すごいんですが、コレだと坂道は相当にしんどい。。。

 

ブロンプトンキャンプは少しでも荷物軽くすべき

キャンプの鉄則はブロンプトンでのキャンプの時も通用します。

それは極力荷物を軽く小さくすべきということです。軽くするべき対象は色々ありますが今回はエアマットを軽くします。その頂点と言えるのがクライミットのイナーシャオゾンです。これですね。

特徴的な穴あきデザイン

先ほどのリンクの画像を見てください。クライミットイナーシャオゾンは非常に特徴的。たくさん穴が開いているデザインです。

このデザインを見ると気になるのがエアマットとしての性能です。エアマットは地面からの熱を遮断するためのものです。冬はもちろん夏でも夜間の地面は体から熱を奪います。そうなると快適に寝れなくなるのです。

ゆえに懸念するのはこれでしょう。

穴があると地面からの冷気が伝わり、寒いのでは?

そう。普通マットは地面からの冷気を遮るために、穴などは空いていません。
しかしこのクライミットイナーシャオゾンは、軽量化のための穴を活用しています。

どういうことかというと、寝袋の下に引くのではなく寝袋の中に入れてしまうことによってこの穴を活用します。

まず寝袋の中に入れることで、マットからのずり落ちを防ぎます。さらに穴の部分は本来潰れてしまう寝袋の背中側を潰さないことに役立ちます。つまり背中側も寝袋本来の機能である、空気の層を保つことができます。つまり地面からの熱をより効率的に遮断できるのです。

想像以上にハイテク・・・・!

そのため非常に快適に寝ることができるわけです。よく考えられてます。

それでは実際にレビューしていきたいと思います

重さたったの349 グラム&超コンパクト

これはマットとして非常に軽い部類です。安いやつだと700 g程度あります。しかしクライミットイナーシャオゾンは約349 g しかありません。350 ml缶ジュースと同じぐらい。非常に軽いです。

そしてサイズも非常に小さい。これほど小さければ取り回しも楽ですね。

広げるとペラペラ

まず最初に広げた段階では非常にペラペラです。まるで紙のようです。

しかしながら触ってみるとわかりますが、簡単に穴が開くような素材ではなく耐久性があります。

空気入れはバルブで簡単。5分程度で完了。

このバルブから空気を吹き込みます。大体成人男性で6、7回息を吹き込めば十分に膨らみます。ちなみに枕も同じような仕組みです。こちらは2回吹き込めば、完了します。

出来上がったのはこちらです。改めて完成形を見ると、なかなかインパクトがある見た目ですね。

 

実際に寝てみた。寝心地は十分。

実際に横になっています。私の身長は大体170 CM なんですが、それでも十分に長さが余ります。185 CM ぐらいの身長までに対応してるかと思われます。

足元が十分に余っていますね。

そして寝てみるとわかりますが、かなり快適です。懸念していた穴飽きの部分に体が落ちることはなく、地面に体が触れませんでした。これならうたい文句である「背中側の寝袋空気層をつぶさない」は実現できるといえます。すごい。

枕が非常に快適。

このクライミット社のエアマットは枕に評判があります。実際に出てみると分かりますが、頭が枕からずり落ちない構造になっています。

どういうことかというと、枕は四つのパートに分かれておりちょうど真ん中に力がかかるようになっています。これによって頭が枕中心部に安定しやすくなってます。

安いエアマットは、こういう工夫がないけど、

イナーシャオゾンはちゃんとしてますね!

こういう些細な工夫ですが、利用者のことをよく考えられてます。好感が持てますね。こういう一工夫で安眠できるかに差が出るので、本当に重要です。

 

まとめ

こういうコロンブスの卵的逆転の発想がある製品は、ガジェットとしてすごく面白いですね

エアマットとしては少しお高いですが、非常に軽いし面白いのでおすすめです。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.