2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【ブロンプトンライド時に❢】スマホのワイドコンバージョンレンズで撮る記事

スマホのワイドコンバージョンレンズを絶賛しています。これは軽量&取り回しが楽なため、いろんな場面で活躍するからです。

でもこういうワイドコンバージョンレンズは質が低いモノと高いものが乱立しています。そこで今回はこれを解決します。

スマホ用のワイドコンバージョンレンズの画質ってどうなんだろ?

実際どんなものか知りたい・・・

というわけで実際にワイドコンバージョンレンズをつけて撮影した画像をアップしていきます。今回使うのはGalaxy s7edgeとこのワイドコンバージョンレンズです。

このワイドコンバージョンレンズのすごいところは通常の広角を超えて、超広角という点です。なんと0.45倍までワイドにしてくれます。

 

それでは紹介していきます。順番は上が通常。下がワイドレンズの順番です。

屋外での撮影

通常↑

ワイドレンズ↓

下のワイドレンズ装着した画像がかなり広く撮れてます。フェンスの位置関係に着目するとわかりますね。

範囲を比較するとこれくらい差が出てます。

ワイドレンズすごい。0.45倍になるので大幅性能アップですね!

屋内での撮影

通常↑

ワイドレンズ↓

ちょっとブレましたが、やはりだいぶ広く撮れます。また意外なことにそこまで画像が暗くならないのもいいですね。

逆光時

逆光時はちょっと弱点でやはり少し暗くなります。

ちなみにこういう足場が狭くて、もう下がれない場所のときはかなり重宝しますね。

通常↑

ワイドレンズ↓

こういう雰囲気を伝えたい場所は少しでも広く写したくなるもの。こういうときは

ワイドレンズもってきてよかった!

としみじみ思います。ミラーレスなどのワイドレンズなら重くて絶対持ってきてない。スマホ用の超軽量のレンズだからもってきたのです。結局大事なのはどれくらいの頻度で持ち歩けるかだということです。つまり軽量=最強なのです。

ズーム

広角レンズを付けたままズームしてみます。上から通常。次がズームの順番です。

通常

ズーム↓

10倍ズームなので画像が荒くなっていますが、ワイドコンバージョンレンズを付けた状態でこの画質を保てるのはイイですね。

ワイドレンズの素晴らしさ。

ワイドレンズの良さって実際の視界の広さに近いところです。広大な景色に感動したら、その感動を自分が見たまま、切り取れるのがほんと素晴らしいなって思います。

田舎を走っているときにその解放感に感動することが多い。でもスマホで撮っても「なんか違うんだよなぁ」ってときも多いのです。その理由は実際の見た目との差があるからです。

人の視界は結構広く見えてます。それに近いのがこのワイドレンズ。

つまり体感した感動を伝えやすいのがワイドレンズなのです

まとめ

いやー、Goodですね。最近はスマホ自体にワイドレンズを備えてるものも出始めましたが、まだまだ少ないし高いです。

たった数千円でワイドレンズを備えてるし、どのスマホでも使えるのが良いですね。

ちなみにこのワイドレンズはなんとマクロレンズ機能も備えてるので、詳しくはこの記事をよんでみてください。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.