2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【APPLE WATCHの5分の1の価格で常時表示OK】Amazfit Bipの常時表示の見え方のリアルをレビュー

最近Amazfit BipやAPPLE WATCHなどスマートウォッチ界隈で常時表示が搭載されてきておりますね。この常時表示のおかげでやっと普通に時計としても、ストレスなく使えるようになったと感じて日常においても多用してます。

さて今回は先日からツイートしてつぶやいているAmazfit Bipについて常時表示の実態を紹介したいと思います。先に結論からいうとこうです。

APPLE WATCH Sereis5の5分の1くらいの価格で電池もち25日以上だしAmazifit bipの満足度が超絶高いよ!

こういう結論です。

さてこの記事はこんな方向けの記事です

Amazfit Bipの常時表示機能はすごそう。でも実際どんなふうに見えるんだろう?

確かにこれ気になりますよね。そこで今回は常時表示機能について深掘りして紹介していきます。

常時表示機能とは?

常時表示というのは文字通りスマートウォッチ上に常に画面を表示しておくという機能です。腕時計としては当たり前の機能かと思います。しかしスマートウォッチになると話は変わってきます。
スマートウォッチでは常時表示機能がある機種は大変少ないのです。

なぜかと言うと、常時表示機能は電池を非常に消耗するからです。通常、ディスプレイというものは表示しておくだけでも、ハイスピードで明滅を繰り返しており実は電池を非常に消耗しています。

そのため必要な時だけ表示をするというスマートウォッチがほとんどです。

しかしながらAmazfit Bipはこの問題をクリアして、常時表示機能を搭載してきました。
そこで次はこの常時表示機能の実態に迫りたいと思います。

常時表示はどんなふうに見える?

まぁこれは語るより画像で見てもらうのがよいかと思います。実際にどう見えるか3パターンを紹介します。

①屋内の場合

②屋外の場合

③暗闇の場合

上記の順番にご紹介していきたいと思います。それぞれの状況でバックライトありとバックライト無し(常時表示)の順番でディスプレイの見え方をご紹介していきます。

 

屋内の場合

・バックライトがついてる状態⇒超絶はっきり見える

 

・常時表示状態(バックライトなし)⇒充分見える。

屋内でも結構文字盤がよく見えますよね。これくらい見えてれば十分だし、会議中の時計のチラ見ができる程度の視認性の良さがあります。

屋外の場合

・バックライトがついてる状態。⇒超絶はっきり見える

・常時表示状態(バックライトなし)⇒超絶はっきり見える

正直いってほとんど差がありません。

常時表示状態でもかなりよくみえます。さすが反射型ディスプレイを使ってるだけありますね。極めて優秀です。他社スマートウォッチの場合も輝度を最大にして屋外でもみえる状態になります。しかしその場合、屋内では明るすぎることと、電池の消耗が激しいという問題があります。

常時表示の状態でココまで見えるのはかなり嬉しいですね。

暗い場所

・バックライトがついてる状態。⇒超絶はっきり見える

・常時表示状態(バックライトなし)⇒全く見えない

暗いところだと常時表示は全く見えません。まぁこういう状況では素直にバックライトをつければいいかなと思いますね。

暗くて見えないのはいたって普通ですね。

常時表示すると電池がどれぐらいもつのか。

さて次に気になるのがコレ。常時表示して電池がもたなければ意味がありません。しかしこの点も安心です。

Amazfit bipの電池持ちの公称値は45日。さすがに実用では公称値ほどは持ちませんが、体感で25日〜30日持ちます。
しかも電池の節約とか意識せずにこのロングバッテリーです。

電池が優秀すぎてやばくないですかね。しかもブロンプトンライドとかの輪行のときに走行を計測させてもそんなに消耗しない。

 

 

もちろんこの間、常時表示もさせてますしスマホともBluetoothで連動させたままです。

意味がわからんくらい電池が持ちます。

まとめ

Amazfit bipの常時表示の現状がおわかりいただけたかと思います。電池もちと常時表示のおかげでついに、スマートウオッチという名前に恥じないアイテムになったかと思いますね。
普通に時計として使ってもストレスない完成度ですので、オススメです。

※Amazonだと期間限定2000円OFFしてるようです。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.