2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【圧倒的に安い】Grafitで安価で快適に輪行する方法。純正キャリーケースは使いません。

Grafitという折りたたみ電動バイクをご存知でしょうか。この電動バイクは見た目が折りたたみのミニベロ風ですが、エンジンを積んでおり原付きとして利用ができます。

モードによっては電動アシスト自転車として利用も可能ですが、まぁ大抵は電動バイクとして使うかと思います。

さてこのGrafitですが問題があります。それは折りたたみできるが18kgと重くて輪行が大変ということです。

ということで今回はこの問題を解決します。

Grafitで快適に輪行したい。できれば安く!そんな方法はないかなぁ?

OK!深堀りしつつ解決していきましょう。

Grafitは輪行できるが担ぐのは現実的じゃない。

電動バイク(原付き)を輪行できるのは夢が広がりますよね。だってラクにどこにでも行けるようになるわけです。電車輪行と組み合わせたら最高でしょう。

でも圧倒的にヤバイ問題があります。それはGrafitの重量です。輪行するには重すぎるのです。18kgありますからね。

これを担ぐのはつらすぎます。個人的にはGrafitより軽いブロンプトンを輪行で担ぐのすらきついと思ってます。

以下が現実ですね。

ロードバイク:10kg→重いけどなんとか持ち運べる
ブロンプトン:12kg→担ぐとツラすぎ。
Grafit   :18kg→不可。担ぐぐらなら持っていかない。

このようになり、本末転倒なことにGrafitは持ち運ばない電動折りたたみバイクになります。そしてこう思うわけです。

これなら普通の原付きを買ったほうが良いよね。

となってジ・エンドです。

さて、こうならないための解決策をメーカー側も用意しています。
それがこれです。

Grafit輪行ケースがあるが、、高い!

さすがにメーカー側もこの問題に対しては『ヤバイ!』と感じてるようで、解決策を提示しています。それがこの専用キャリーケースです。

さすが純正!なかなかのクオリティです。
ほうほう。。。重さ5kgですか。。かなり重いですね。
ま、まぁいいでしょう電動バイクですから多少重くてもどうにかなるでしょうし。ただ問題は値段。
36,000円

た、高い!!!

このお値段はいくらなんでも高すぎませんかね。

これを買わないと事実上、輪行できないくせにまだ36000円も払わせる気ですか。鬼!鬼畜!上司!。。。おっと取り乱しました。すいません。

さて、ではどうするか。もっと安くて同じ快適性のアイテムを考えてあります。
そう!アレですね。

4輪キャリーカートとモンベル輪行袋で安く快適にGrafitを運ぼう

さて担ぐのは無理なので、やはりここはキャリーカートを使うべきです。このブログを以前から読んでる読者の方は知っていると思いますが、私は電車輪行のためにキャリーカートを買いまくり、自腹で試しまくってます。(メーカーさん商品提供して。。。)

その結果、現状で輪行する際はこのキャリカートがベストアンサーだと判明しています。

詳しくはレビューしている参照記事があるので読んでください。

さてこのキャリーカートの素晴らしさは3行で説明するとこうなります。

①4輪で快適に転がせる
②折りたたみが可能なこと
③非常に安い

先程のGrafit用のキャリーカートは36000円でしたがこれは比較にならないほど安いのです。これに加えて輪行袋でGrafitを包めば超安価にGrafitの輪行セットが実現できます。

ちなみにこういう輪行袋はわりとなんにでも使えるので1個持っておくと重宝します。安価な上にガシガシ使ってますが全然破けません。

この2つを使うとこのような状況になります。

少し大きめの手荷物という見た目になりますね。

このセットで電車で持ち運びしても注意されたりしない?→大丈夫です

Grafitで初めて輪行する初心者の方はこう思ってるのではないでしょうか。

 

専用のハードキャリーケースを使わないと駅員さんに怒られるのでは。。。

このような心配される方もいるかと思うので、一応書いておきます。

私の提唱している4輪キャリーカートとモンベルの輪行袋のセットで注意されることはありません。なぜならJRの規定をクリアしているからです。

実際にこのセットを使ってブロンプトンで何度も輪行しています。でも注意されたことはありません。

↓これ回ったときにキャリカートと輪行袋のセットでJR使って輪行しています。

まとめ

Grafit用の輪行セットが超安価に実現できましたね!このセットで快適に激安に運びましょう。純正品が正直言って高すぎるのですよ。。。

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.