2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

未分類

【水害・災害対策】防水モバイルバッテリーまとめ

最近台風などによる災害の影響が大きいです。特に洪水や浸水、冠水などの水害の影響が顕著。「災害対策」というと多くの人が地震に備えて対策をしてきたかと思いますが、でもここまで水害がひどいと万が一に備えて水害対策も必要になってきました。

実はわたしも川のすぐ近くに住んでおり今回の一件でかなりビビってしまった。

じゃあ何をすればいいかというと、まず大事なのが電源の確保なわけです。スマホなどを使うためには電池が必要ですが、すぐ電池が切れるためモバイルバッテリーは現代において必須。

でもモバイルバッテリーは水害などの水に弱い。そこで今回はこんな問題を解決します。

水に強い、防水のモバイルバッテリーってないのかな?

OKです。今回も探してありますので自分用にまとめて記載してあります。参考にされる方は電池の容量順に並べていきますので、閲覧下さい。

SENDOW ソーラーモバイルバッテリー 20000mAh 大容量 防水!

容量:20000mAh

こちらは20000mAhのモバイルバッテリーです。災害時にはすぐ電源が復旧するとは限りません。なので最低でも20000mAhは欲しいところです。これだけあればスマホを6回分は充電できます。

自分だけの充電ではなく、家族や友人にも分けられるのでやはりこれくらいの容量は必要かなと思います。

防水:雨に降られても大丈夫

こちらのモバイルバッテリーは雨に降られても大丈夫です。つまり多少水がかかっても問題ないので、避難する際の水濡れや万が一水に少し浸かっても利用できます。なかなか心強いですね。

 

FEELLE ソーラーチャージャー 20000mAh  IP65防水 

容量:20000mAh

こちらも容量は20000mAhで必要充分かと思います。これくらいの容量の必要性については先ほどと同じなので省略します。

防水:IP65相当(かなりしっかりした防水)

このIP65相当は日本工業規格(JIS)によるものです。このIP65が何を意味してるかというと、こうなります。

防塵6級:粉塵が中に入らない(耐塵形)
防水5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
(防噴流形)

防水面でかなりの期待ができるわけです

河川増水での浸水時でモバイルバッテリーが水に浸かってしまっても、使える可能性が充分にあります。

さらに日常においても粉塵も入りにくいので普段の利用時にも故障がしづらいというメリットもありますね。

4枚分の拡張ソーラーパネルが付いて発電OK

さらにこの商品の売りがソーラーパネルが付いてるという点です。万が一避難が長期化している際でも、ソーラーパネルでコンセント不要の充電ができます。これがあるだけで安心感がかなり違いますよね。

しかも4枚あれば通常の4倍のスピードで太陽光を吸収できるわけです。これくらいあれば実用的な発電ができるので、いいスペックですね。

 

【32個LEDライト付き モバイルバッテリー】 30000mAh大容量モバイルバッテリー 4つUSB出力ポート IPX6防水 

容量:30000mAh

かなりの大容量です。これくらい容量あればしばらくは電池切れのリスクを遠ざけられます。さらに4つの出力ポートがあるので家族や友人、避難所先で一緒に利用でき重宝がられるでしょう。

防水:IPX6(←!)

こちらもJIS規格の防水等級を取得されててGoodですね。しかも防水性能も高い!これを説明するとこうなります。

防塵X級:粉塵についての等級取得無し()
防水6級:6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

等級の数字が上がるほどより強固に守られます。こちらのモバイルバッテリーは先ほどの防水5級よりも1ランク上の防水性能があります。リスクを考えてこちらを1台持っておくのもアリだと思います。

32個のLEDライト

これ地味に良い機能だと思います。万が一被災場所から動けず助けを呼ぶ際、これくらいの輝度があれば見つかる可能性があがりますし、電気が使えない場合の夜間明るさを確保する際にも実用的です。

非常時にどういう状況に置かれてるかわからないので、手持ちの品で明るさを確保できるのが保証されてるのは助かりますね。

まとめ

防水性のあるモバイルバッテリーはまだまだ少ないですが、やはり一家で1台持っておくべきだなと考えてます。いずれも数千円で命を守れるならかなり安い投資な気がしますね。

水害以外の災害でももちろん使えるし、検討する価値は充分あるといえますね。

PR

-未分類

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.