2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【ブロンプトン輪行などにおススメ】IphoneやAndoroid用をデジカメ化するシャッターグリップまとめ

IphoneやAndroidスマホのカメラ機能の進化がすさまじいですね。かくいう私もブロンプトンなどで輪行する際、本気のときはカメラを持っていきますが、疲れてるときや気軽に撮りたいときは結構スマホで写真をとっています。

さてそんなカメラ機能の進化が素晴らしいスマホですが、どうしてもデジカメに勝てない致命的なポイントがあります。

ち、致命的なポイントとは・・・?(ごくり)

それは物理シャッターボタンがないことです。

これ、一見大したことないように見えますが物理ボタンの有無は使い勝手に大きく影響します。実際ブロンプトンで輪行してる際なども「物理シャッターボタンがあればもっと快適なのに・・・!」という気持ちになることが多いのです。

そこで今回は、こんな方向けの記事です。

IphoneやAndoroid用をデジカメ化する外付けのシャッターボタンってないのかな?

OKです。この問題を深堀しつつか解決していきましょう!

両手が空いてるときはスマホの撮影も問題ないが・・・

まずそもそも、カメラのシャッターってディスプレイ上のタッチパネルで撮れるじゃん。というう声が多いと思います。そう、普段はそれで充分なんですよ。でも旅行中に両手が荷物で塞がってたり、サイクリング中に片手だけで撮影がしたくなった時に問題が発生します。

それは、デイスプレイ上のボタンの位置が遠かったり、うまく片手で押せてなったりするわけです。そしてこれが何度も起きると相当イラつくわけです。

あー!せっかくのシャッターチャンスを逃した!

こういうことが意外と多いのです。

じゃあどうすればいいかというと、物理的にシャッターボタンがあれば解決です。

物理シャッターボタンがあるスマホは少ない。

やったね!解決!と思いきやいざ物理シャッターボタン付きのスマホを探すと超絶少ないことがわかります。具体的に言うと独立したシャッターボタンを持つのは現状SONYのXperiaだけです。

※意外にXperia10は2万円台で超安かった。。(これだけ安いならありかも)

しかしながらXperiaは値段が高いわりに、最大のウリであるカメラ機能が中華スマホにやや負けており残念な状態です。

Xperia大好きだったので悲しい。

じゃあ問題解決できなくて終了か、というとそうではありません。同じような問題意識を持つメーカーが解決策を出しています。それがコレです

解決策:スマホ用のシャッターグリップを利用する!

スマホ用のシャッターグリップって何?って方も多いと思いますので簡単に説明します。この製品はスマホとBluetooth接続をします。それによりカメラ起動時のシャッター機能をグリップについてる物理ボタンで代用してしまうという製品です。

つまり一言でいうと「物理シャッターボタンを後付けできるよ!」という製品です。私も自腹で購入して活用してるのですが、こんな感じですね。

これだ!これを求めていたんです!

ですよね。僕もこういう製品をずっと待っておりました。いくつかのメーカーから出ておりますのでまとめて紹介します。

bitplay SNAP! Grip

こちらはIphoneにもAndroidにも両方利用可能です。

特徴としてはシャッター部分も脱着でき、リモコンとして使える自由度の高さがあります。

これ三脚のときや自撮り棒で撮影するときなんかにかなり便利です。なかなかのアイデアですよね。

そしてなんといってもグリップ部分のオフセットデザインがかっこいいです。

シャッターボタンが斜めに装着されており、シャッターを切りやすくしてる点が良く考えられていて素晴らしいです。

実はこれまでbitplay SNAP!シリーズはIphone専用シャッターグリップと一体型のカバーを販売してました。コレですね。

当時はIphone5の頃からシャッターグリップを販売してきておりました。しかしずっとIphone専用しか販売されてこなかったためAndroid勢としては「早くAndroid版を製品化してくれ!」と思っておりました。

しかしついにこれまでのノウハウを活かして今回のIphone、Android共用のシャッターグリップを作ってきたようです。そのため、完成度がかなり高いと感じます

 

Adonit PhotoGrip  

こちらはIphoneにもAndroidにも両方利用可能です。ちなみに配色が工業用製品っぽくて結構すきです。イエローとブラックという他社にはない配色。適度にタフなイメージカラーなのがいいですね。ちなみに別のカラーラインナップではブラック(全面がブラック)もあります。

この製品もシャッター部分を脱着でき、リモコンとして使えるので便利です。

また三脚と内蔵できるスタイラスも同梱されてくるのがありがたいですね。

そしてさらにGoodな点としてかなり価格がお安いというのも見逃せません。このタイプのシャッターグリップはなかなか高額なものが多いです。しかしAdonitのシャッターグリップはかなりお安い価格なので試しやすくて好感が持てます。

よくこの価格で出せましたね!いろんなスマホに使いまわせるし、ありがたい!

PICTAR ONE PLUS MARK Ⅱ

こちらはIphone専用です。そのため汎用性がやや劣りますが、さすがは専用品。Iphoneで使うときの快適度がかなり高いです。

このシャッターグリップの特徴はシャッターボタンだけでなく、ズームや露出補正ダイアルまでもついていることです。

コレですね。

こういった専用のホイール(ダイアル)が付いてるのは本当に快適です。通常のIphoneやAndroidの弱点はシャッターボタンがないことに加え、露出補正がしづらい点も見過ごせません。

通常、スマホだと撮影するときにわざわざメニュー出して、露出補正するわけです。でもいつも思ってましたがこれは面倒すぎますよね。しかしこのPictor one plus markⅡならば、露出補正ホイール(ダイアル)が付いてますので、これを回すだけで調節が可能です。

おお!すごいこれは便利だ!

ちなみにPictor one plus markⅡのボタンやホイールに特化した専用カメラアプリもあるため快適度はこの中で一番高いといえます。

まとめ

シャッターグリップを使うことでスマホをまた一歩完全体に近づけてしまいました。汎用的に使えるシャッターグリップならスマホを機種変更してもずっと使えるし、輪行ライドで荷物を減らしたいけど快適に撮影もしたいって人におすすめです。

 

 

 

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.