2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

wktkな考え方 ガジェット キャンプ サイクリング 生活改善

【9速!16Inc!】Dahon k3plusの情報まとめてみた【海外で発売中っぽい】

最近Dahon k3が気になっています。以前の記事でDahon k3を試乗したわけですが、非常に快適だった記憶があります。

このミニベロですね。

しかしこのとき試乗したのは平地だったわけで、実際の輪行ではヒルクライムすることが多い。そうなると3段ギアのDahon K3だともっとギア数が欲しくなるのです。

そこで、こんなことを考え始めました。

ギア数がもっと多いK3は無いかなぁ(魔改造したいなぁ)。あとホイールも16Incとかがいいなぁ。。。

という事で、いつもどおり魔改造を検討し始めたわけです。

しかし、そんな中ネット上を探していると海外サイトを巡回してるとき衝撃の情報を入手しました。(こういうとき語学趣味があると助かるね!

それはDahon k3Plusなるものが存在する!という情報でした。

な、なんだってー!?

日本では存在しないDahon K3Plus・・・という事で今回はこんな方向けの記事です。

Dahon k3Plusってどんなミニベロ?詳しい情報やスペックなどを知りたい!

OKです。日本語での情報が全然ないので、翻訳しつつ解説してきましょう!

Dahon k3Plusってどんなミニベロ?

Dahon k3Plusは名前の通り、Dahon k3のスペックアップ版のようです。まず写真を貼っておきたいと思います。

これですね。

見た目はDahon k3をベースにしてますが、異なる点もかなりあります。それを見ていきましょう。

ギア数:9速度(!)

まず素晴らしいのがギア数が9速ある点です。ヒルクライムなどを考えると7速以上あると快適です。

冒頭でも書きましたが9速あれば、かなり快適に走れるしヒルクライムにも充分対応できます。

この時点で購買意欲がわきまくりますね。

ちなみに今愛用しているTern Verge n8も7速あるので積極的にヒルクライムに活用しています。

ホイールサイズ:16Inc

イイ!あなたスゴクいいですね。

Dahon k3Plusはホイールサイズを16Incにしてきています。Dahon k3は14Incで最低限のホイールサイズでした。

レビュー記事でも書いてますが、段差に弱くちょっと気を使う必要がありました。しかし16Incあればかなり快適に走れます。

このスペックアップはありがたいですね。K3を16Inc化したいという方にもうってつけ!

 

ブレーキ:ディスクブレーキ

見た目上かなり影響がある箇所として、ディスクブレーキがあります。今回なんとDahon k3Plusにはディスクブレーキが採用されています。

雨の日などもディスクブレーキなら、しっかりと効くし個人的には好きです。見た目もかっこいいしね。

ディスクブレーキ情報としては「高性能キャリパーディスク」としか記載なくどこ製かは不明でした。まぁDahon監修なので心配いらないとは思いますが。

 

インナーケーブル式

折りたたみミニベロでは珍しいと思います。ワイヤーケーブルがインナー式です。

カンタンに言うとケーブルがボディの中を通っているんです。これは非常にいいですね。こんな感じであまり目立たなくなっている。

折りたたみミニベロは折りたたむという作業上、ケーブルが長めに作られています。そのためケーブルが悪目立ちしやすい。

わたしはいつもこう思ってました。

もっとボディに沿わせて目立たなくするか、内部を通して見えなくしてほしい。

その願いは今回かなったわけです。折りたたみも考慮する必要があるので、ワイヤーの導線管理が大変だったと思いますがGood Jobです!

重量:9.6kg

さて折りたたみミニベロで、非常に気になる重量の発表ですが9.6kgです!

Dahon k3は7.8kgでしたからちょっと重くなりましたね。

まぁディスクブレーキやギア数増加がダイレクトに響いてるんでしょうね。

私的には許容範囲ですが、もし購入したら軽量化でさらにイイミニベロになる気がしています。

ジオメトリ刷新で安定性30%向上

Dahon k3PlusはDahon k3のボディをそのまま使ってるわけではありません。新たに設計しているためジオメトリが違うわけです。

Dahonの表記によると「操控穏定性提升30%」とありますので「ハンドリング安定性は30%向上」という事です。

30%は向上はけっこう大きいと思います。

以前Dahon k3に乗った時にはこう思いました。

14Incにしては、ふらふら感が少ないなぁ

そのため、ここからさらに30%安定性が増したというのは期待できます。

値段:4180元⇒約65,620円(1元=15.7円換算)

うーん!安い!いいですね。

しかもこの価格はあくまで定価っぽいので、店によってはもう少し安くて3298元という店もあるようです。

3298元といばおよそ52000円ですからね。

安すぎィ!!

これは売れるわ。。。。日本での販売でもこの現地価格で買いたい。

まとめ

Dahon k3Plusはかなり期待できるミニベロだとわかりました。まだ日本未発売ですが、続報を待ちつつ日本で購入できるのを待ちましょう。

早く発売してくれないと、個人輸入をしそうです。。。

こういう情報を入手できるし、苦手意識を取っ払えるので、語学趣味もおススメしておきます。

PR

-wktkな考え方, ガジェット, キャンプ, サイクリング, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.