2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

Dahon k3Plusが入手できないので、16インチ7速ギアのRenault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Dahon k3Plusの記事がよく読まれています(感謝)。

かなり良さそうなミニベロなんですが、国内未発売で手に入らない。。。

そうなるとメンテナンスの問題などもあって、手を出せない人も多いわけです。

そのため、こんな風に思う人が日に日に増えてくるはずです。

Dahon k3plusと同じようなスペックで、まともなメーカーから折りたたみミニベロ発売されてないかな?

この気持ち非常にわかります。深堀しつつ紹介していきましょう。

Dahon k3plusってこんなミニベロ。

Dahon k3plusをおさらいしておきましょう。こんなミニベロですね。


特筆すべきは【16インチ】【ギア9速】【9.6kg】という点でしょうか。

さてこのDahon k3plusは既存のDahon k3に対し、「もう少し走りのスペック欲しいなぁ」と感じてる方に対して非常にグッとくるわけです。

Dahon k3自体も14インチとは思えない走り&価格面からも素晴らしいわけです。

しかしそれは14インチとしての話。もっと気にせず走りたい方や峠をガンガン下りたい方もいるわけです。

だから16インチのDahon k3plusが欲しくなってくるわけですね。

困った男性
しかし!国内未発売のため手に入らない!

じゃあどうするか。代案はコレです。

Renault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Renault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】がかなり、Dahon k3plusに近いスペックです。これですね。

Renault(ルノー)社とDahon社は折りたたみミニベロ界において、かなり似た消費者層を対象にしているようです。

そのため、同じようなスペックのミニベロを発売して毎回バトルしているのです。

困った男性
うーん、激しい戦いですね。

そしてこのDahon k3plusの属する【16インチ、多段ギア】でも当然開戦してます。

K3plusが入手できないならそのライバルを探した結果、みつかったのがRenault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】でした。

ではそのスペックを見ていきましょう。

Renault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】のスペックも充分!

このRenault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】のスペックはこのようになってます。

ブレーキ Vブレーキ
ホイールサイズ 16インチ
ギア数 7速 (11-28T)
折りたたみ寸法
W70×H56×D38
フレーム素材 アルミ
重量 8.8kg
おいおいおいおい!これは中々優れたスペックですね。

では個別にちょっと見ていきましょう。

7速ギア搭載!

まずは7速のギアについてですが、これくらいあればヒルクライムもできるので非常にありがたいですね。

よくあるミニベロ装備を述べると、正直3速だと適正なギアを選べず、足をギアに合わせることになります。

しかし7速もあればかなり適正に近いギアをチョイスできます。これは非常にうれしい装備です。

以前、これより重い7速の魔改造ブロンプトンに乗っていました。コレ↓ですね。

ブロンプトンは車体が重いにも関わらず、7速あればかなり坂を登れます。また平地でも快適なスピードを維持できて走り自体を楽しめます。

そのためこの7速というのは非常にGoodです。

ホイールサイズ16インチ!

Renault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】はDahon k3plusと同じ16インチです。

16インチあれば、路面を神経質に見なくても快適に走れます。

私の場合は14インチだとかなり路面に警戒する必要があると感じています。その警戒感で長距離ライドがしんどくなっちゃうわけです。

14インチだと、ちょっとした路面の砂や段差で転びやすいと感じます。(体験談)

こういう↑ガタガタの道は警戒を怠れません。

この警戒感を維持するのは結構大変なので、ホイールが16インチであるというのは個人的に重要。

実際、14インチタイヤのDahon k3を買った方からは「16インチ化したいなぁ。。。」という声がよく聞こえます。

しかしながら互換性や追加金額を考えて、悶々とする日々を送るわけです。

色んな検証が必要なので、16インチにスペックアップのための改造って結構むずかしい。

その点、Renault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】は16インチなので、改造の懸念は一切不要です。

これはうれしい!

軽量な8.8kg!

これは軽くていいですね!

Dahon k3plusの重量は9,8kgです。

一方Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】は8.8kgです。

Dahon k3plusよりも1kg軽いんですよ!これは驚異的ですね。

Dahon k3plusに比べて1kg軽いのはすごい!

1kgの軽量化って割と大変なので、自身で軽量化せずとも「最初から1kg軽量化してもらってる」というありがたさです。

これはヒルクライムのときによくわかるし、持ち運びのときにもはっきりわかる違い。

ちなみに16インチなので、サイズ的にリュックスタイルの輪行も可能です。

ここで軽量が超活きてきますね!

【超朗報】値段が明らかに安い

Renault 社の特記ポイントとして、まともなミニベロを作ってるのに、ちょっとおかしいレベルで値段が安いというのがあります。

まぁみてほしいんですが、この価格です。

まぁ「本当に輪行するための折りたたみミニベロ」ってマニアックだから安いのかなぁ

折りたたみルック車でもなく、ガチのロードバイクでもない。そういうマニアックな層なので市場のパイが少ない。
そのため今は安く売って市場規模を取りにいってる戦略なんだろうなと思います。

我々としてはPlatinum Light8【ルノープラチナムライト8】が安く買えるのは、ありがたすぎるので活用させていただきましょう。

楽天とかで売ってるのもうれしいポイントです。ポイント5倍の日とかよくありますからね。

まとめ

Dahon k3plusが入手できないので、Renault Platinum Light8【ルノープラチナムライト8】を代案にするという記事でした。

かなり良案だと思うので、検討の余地ありです。

ちなみにもう少し、金額が出せる方はさらにスペック高めな、サヴァーンのミニベロもおすすめです。

実際に乗ってみて確かめた記事です。

金額捻出がキツイ!って人はコレで捻出しましょう。2年に1度ブロンプトンが買えるくらいになります。(怪しくない)

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.