2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット 生活改善

【リアル欠点と解消方法】Airpods含む完全ワイヤレスイヤホンはココがダメ

最近完全ワイヤレスイヤホン使ってる人多くなってきました。

かくいう私も完全ワイヤレスイヤホンを愛用してます。

こういう各種メーカーのイヤホンやAirpodsなんかも試しています。

 

しかしだんだんと使っていくなかで、リアルな欠点が見えてきました

そこで今回はこんな問題を解決します。

困った男性
完全ワイヤレスイヤホンって意外と欠点あるよなぁ。その解消法もあれば教えてほしい

OKです。問題を深堀しつつ解消していきましょう。

 

完全ワイヤレスイヤホンは欠点あり

完璧なアイテムなんてこの世に存在しません。それは仕方ない。

完全ワイヤレスイヤホンにも結構欠点があります

私が使っている中で特に欠点と感じる部分は下記です。

 

①イヤホンが分離しているため、落としたり無くしやすい

②ちょっとイヤホンを外したい時に困る(毎度ケースにしまうのが面倒)

③ほとんどがカナル型(耳栓型)なので装着安定性に欠ける

まぁこの3つでしょうね。ちょっとした欠点なんですが、これが日々使うイヤホンだと結構ストレスです

じゃあどうするかというと、解消方法を用意していあります。

 

落下防止アクセサリーを使う

幸いにもこの問題は多くの人が認識してるっぽいです。

そのため、メーカー側も対応策をだしてきました。

それがコレ。

 

※Airpod Proの場合はコレ↓

 

なんと落下防止の策として、3つのスタイルを提案しています。

①イヤーピース型

②イヤーフック型

③ネックストラップ型

この3つです。

 

ただ、個人的にはまともに使えるのは②と③だと感じてます。

こういうイヤーピース型(①)は耳の形に個人差があって、自分には落下防止対策になりません。

さてコレを踏まえて先に挙げた問題を解消できるか、考えてみます。

 

 

完全ワイヤレスイヤホン(Airpods)の問題は解消可能

先に挙げた3つの問題を再度記載します。

①イヤホンが分離しているため、落としたり無くしやすい

②ちょっとイヤホンを外したい時に困る(毎度ケースにしまうのが面倒)

③ほとんどがカナル型(耳栓型)なので装着安定性に欠ける

この3つが解消できるかを考えてみます。

 

問題①と②はネックストラップ型で解消OK!

問題①についてまず状況を説明しましょう。

 

完全ワイヤレスイヤホンは左右のイヤホンが分離しています。

そのため、ケースから取り出す時に落下させることが多発します。(経験談)

 

またイヤホンを取り出す時って、外出中だったり歩いてるとき等。

つまり何かをしながら片手間で取り出すことが多い

そうなると、手が滑ってイヤホン落下⇒道端の排水溝へIN。ジ・エンド。

これが黄金パターンです(経験済み・憤怒)

 

そして問題②。

これは人と会話するときやレジ等で対面するときの問題です。

こういうときAirpodsを含め多くのワイヤレスイヤホンは、外部音取り込みモードなど相手の声が聞こえる状態にできます。

 

しかしやはりマナー上、人と話す時はイヤホンを外すべきと感じる場面は多い

こういうときに、完全ワイヤレスイヤホンは結構困ります。

 

会話のたびにイヤホンを外す⇒ケースに入れるのも面倒です。

しかし無造作にポケットに突っ込めば、何かの拍子で落下⇒紛失or排水溝でジ・エンドコースです。

また排水溝キサマかーーー(個人的うらみ)

 

この①と②の問題を避けることができるのが、コレのネックストラップです。

こんな形で左右をつなぐだけで、不意の落下も防げるし、ちょっと外す際も首にかけるだけでOKです。

原始的な方法ですが、首かけできるのは超ラクです

 

じゃあ、イヤーフック型はどういうときに使うかと言うと、以下③のような時。これも説明します。

 

③の問題はイヤーフック型で解決

③の問題はこうです。

困った男性
カナル式の完全ワイヤレスイヤホンは装着安定性に欠ける

これはどういうことかと言うと、ランニングなどをする時にこまります。

普段はカナル型(耳栓型)でも困らないんですが、ランニングをすると振動でイヤホンがずれてきます

そんな状態でも走り続けてると、汗で湿ったイヤホンは外れて落下をするわけです。

 

これを防ぐために頻繁にイヤホンつけ具合を微調整すればいいんですが、それは超面倒です。

困った男性
集中できずランニングする気が失せる・・・

 

これを防げるのがイヤーフックです。

これさえあれば、落下に対し最悪でもフック部分でとまります。

またフック部のおかげで、力が分散されイヤホン自体もずれにくくなります。

一石二鳥!

なかなかよく考えられてますね。

 

まとめ

Airpodsを含め完全ワイヤレスイヤホンの問題点はコレで解消されました。

特にAirpodsは値段も3万円と高いので、片方紛失するだけでも1.5万円を落とすのと同じダメージです

 

Airpod proの場合はコレ

それを事前に防げるアイテムとして格安すぎるので、マジでおススメです。

装着ずれに対しての、ストレスも減るのでおすすめ

他にも完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてます。

格安にもかかわらず置くだけ充電(Qi充電)に対応した、完全ワイヤレスイヤホンもまとめてます。

PR

-ガジェット, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.