2021/5/9

【ド級の高額】超高級キーボードHHKB(ハッピーハックキーボード)を実際に買ってみたレビュー

道具に対しては惜しみない投資をするようにしています。 特に以前から、キーボード関連ではかなりいろんなものを試しています。   そんななか、ず-っと気になっていたのがHHKB(ハッピーハックキーボード)です。 一件なんの変哲もなさそうなキーボード。 なのに超高額。   キーボードでこんな高額品を買うやつは頭がおかしい。。。。 そう思って避けてました。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 HHKB高すぎるんだよなぁ。実際に自腹購入した人の記事が読みたいなぁ?   ...

続きを読む

2021/5/8

【購入レビュー】TERN Link A7を買ってみて気に入っているポイント①

TERN Link a7を以前購入したという記事を書きました。 これしばらく使ってみて、めっちゃ気に入ってるポイントがあります。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN Link a7の購入で迷っている。本当に買って満足できるかなぁ?   OKです。 今回も自腹購入していますので、紹介していきます。   TERN LINK A7はこんな折りたたみ自転車 まず最初にどんな自転車かを紹介します。 購入したのはこれです。 リンク この折りたたみ自転車、一見ふつうです。 ...

続きを読む

2021/4/29

【ロマンで購入】スコーピオンBFSとアルデバランBFSを比較するなら断然こっちだろ・・・!

熱い三流なら上等よ・・・! このセリフは漫画「アカギ」での銘セリフ。   この言葉はシマノが誇るリール、スコーピオンBFSとアルデバランBFSでどっちを買うべきか迷う釣り人たちに光明を与える至言(しげん)です。   さてこの記事はこんな方向けの記事です。 スコーピオンBFSとアルデバランBFSのどっちを買えばいいんだろう。とても迷ってなかなか決められない!   うーん、よくわかります。 なんかこの2つのリールは、結構キャラ被ってるんです。   そこでこの問題を深堀し ...

続きを読む

2021/5/8

【どっちも自腹購入】TERN社のVERGEやLINKを買ったのに、ブロンプトンを買いたくなってるあなたへ捧げる

く、悔しい・・・・ ブロンプトンの値段の高さに圧倒され、TERNのミニベロを選んだあなた。   しかし時の経過とともにブロンプトンがもつ、転がし輪行の圧倒的メリットを知り、泣き崩れる。 大都会のビルの谷間。無情な雨粒があなたを打つ・・・ ・・・涙をお拭きなさい。解決策はあります。 差し出されるハンカチ。。。   ~プロローグ~ 初めて本格的な折りたたみ自転車を買うときにTERNを選ぶユーザーは多い。 それもそのはず。 お値段がお買い得なのです。   しかし転がし輪行の圧倒的な ...

続きを読む

2021/4/3

【ブロンプトンやその他ミニベロ】輪行をラクにするためのアイテムまとめ

輪行は超たのしい。それは間違いない。   でもちょっと大変でもあります。 実はこう思ってませんか?   もうちょっとラクに輪行したなぁ・・・   そこで今回はこんな方向けの記事です。 輪行をラクにするためのアイテムを知りたい!そしてラクしたいけど方法ないかなぁ?   OKです。 全輪行ユーザーの悲願である輪行をラクにする方法を紹介していきます。   キャリーカート まず圧倒的にキャリーカートが便利です。 リンク   というのも、転がし輪行が可能に ...

続きを読む

お得 ガジェット 生活改善

【購入レビュー】Xiaomi mi note10は安い高機能カメラスマホだが弱点あり

先日Xiaomi mi note10を購入してみました。

結構話題になってて、噂通りのおすすめスマホなのかをレビューしてみる。

この記事はこんな方向けの記事。

 

Xiaomi mi note10が気になるんだけど、実際に使ってる人のレビューが知りたいなぁ。

OKです。自腹購入してますので深堀しつつお答えしていきます。

 

Mi note10はカメラに注力したコスパスマホ

まず最初にXiaomi minote10はコレです。

 

このスマホ、ひとことで言うと「カメラの良さとコスパを両立したスマホ」です。

どういうこと説明していきましょう。

まずこのMi note10の最大のウリはカメラの良さですので、そこから説明しましょう。

Mi note10のカメラは5つ搭載!

まずヤバいのが、Mi note10の搭載カメラ数。

5眼レンズであり、5つカメラが搭載されています。

これらのカメラは、それぞれ役割が異なります。搭載されてるカメラはコレです

  • 200万画素マクロ
  • 2000万画素超広角
  • 1億800万画素広角(メインカメラ)
  • 1200万画素望遠
  • 500万画素5倍望遠

このようにそれぞれ役割があるわけです。

これは結構理にかなっていて、すべてのシーンを網羅する最適なレンズは難しい。

 

それなら特異シーンに特化したレンズを複数積めばOK!

という発想です。

なかなか理にかなっていますよね。

さて次は実際に撮影した画像を載せてみます。

Mi note10カメラレビュー

以下の順番で、撮影画像を載せていきます。

  • 1億800万画素広角(メインカメラ)
  • 1200万画素望遠
  • 500万画素5倍望遠
  • 200万画素マクロ
  • 2000万画素超広角

まずはメインカメラからの紹介。

なんとこいつは1億画素越え(108M)のレンズです。1億画素モードで撮るかもっと少ない2700万画素で撮るかは選択可能。

ちなみに画質に大した差がないので、2700万画素で撮るのがおススメ。

 

で、これが2700万画素ですが、なかなかよく撮れますね。

背景ボケがトロトロなのが、良いですね。日本人好みに調整してるのかってくらい背景が良くぼけます。

ただ、個人的にはもう少しシャープネスがあってもイイかなと感じます。

このボケ具合はホント魅力

 

1200万画素望遠(2倍望遠カメラ)

これもなかなか良く撮れますね。2倍望遠は日常生活において結構便利。

例えばテーブルの食事を撮影したいとき。

わざわざ、席を立ったりせずに「2倍ボタン」を押すだけでグッと近づける。

これはかなり便利です!

 

500万画素(5倍望遠カメラ)

最初は「スマホに5倍望遠なんて必要か?」って思ってたんですが、あると超便利です。

というのも、撮影をするときって常に被写体に近づけるとは限らない。

例えば、猫。

 

こいつは近付くと逃げられるし、望遠しかないわけです。

2倍望遠程度じゃ足りず、逃げられる。そういうときに5倍ズームがイイですね。

 

またスナップフォトとかをする際も便利。

5倍ズームして街を撮るとスマホで撮ったとは思えない画が出るのも楽しいです。

 

200万画素マクロ

マクロレンズもよく写ります。

マクロレンズが別途設けられてるのが良いですよね。

例えば、カメラが超強いHuawei mate20proでも、マクロレンズは独立しておりません。

Mate20proはAiが判断したときにマクロレンズモードに切り替えられます。

その一方で、いまいちマクロモードを検出しないときがあって面倒。

 

一方Mi note10ならマクロレンズが独立している。

そのため自分で選択すればOKで超楽です。

 

2000万画素超広角

これは超使える&写りとしても優秀なカメラです。

先ほどの写真と同じ位置から撮影してます。

でもかなり広い範囲を撮影できてますね!

 

超広角で撮影しても画質の低下が少ないので、お気に入りです。

かつて撮影している、こういう写真も超広角撮影です。ダイナミックに表現できてホントイイ。

 

5眼レンズをチョイスするのが楽しい

やってみるとわかりますが、いろんなシーンを撮影するときに「どのレンズで撮るのが良いだろうか・・・」と考えるのはかなり楽しいです。

ふつう、スマホの撮影は手軽で快適なんですが、簡単すぎて面白みが少ない。

そう感じる人も多いのでは。

 

しかしMi note10なら5つのレンズから、画角を選ぶというレンズ交換的な楽しさを味わえます。

コレがかなり楽しいです。

 

また、プロモードという色調を調整できるモードがあります。

コレがかなり使い勝手がイイです

というのも露出の設定を維持してくれるからです。

 

ほとんどのスマホのカメラは、設定を保持しません

困った男性
他のメーカーはカメラを再起動しても、リセットされてしまいます。

 

しかしながらMi note10は露出やISOなど、自分の好きな設定に追い込んだ状況を保持してくれます

これが超絶便利です!

 

カメラ好きにはたまらんです。

こういうマニュアル設定をさせてくれる所が、Xiaomiのカメラに対する本気度を感じますね。

しかし、ダメな点もあります。それがコレ↓

 

夜間撮影はダメ。 Gcamで解消すべし

Mi note10は全体的に素晴らしいんですが、夜間撮影は全然ダメです。

撮ってみるとわかりますが、Mi note10は暗所の撮影が苦手。

まぁ撮影条件が過酷すぎるだけな気もしますが、いまいち写りが悪い。

ハードウェアはイイのですが、ソフトウェアが微妙。

バージョンアップでの改善に期待ですね。

 

ちなみにGcam(Google Camera)のAPKファイルをインストールすれば一気に改善されます。

これがGcamをインストールした状態です↓

Gcamは夜景にかなり強いので、コレで弱点を補完できます。

やっぱソフトウェアの問題だから、解消の期待できそうな気がする

 

Mi note10のCPUはミドルクラスだけど充分

Mi note10のCPUはSnapdragon 730G、メモリ(RAM)は6GB / 8GBです。

最新のハイエンドに比べれば、劣りますが非力さは感じません。

というか、重いハイスペックゲームなどをしなければ普通に充分なスペックです

とはいえ、こういうところでコストを削減してるわけですね。

 

カメラは注力しているが、CPUのスペックはミドルクラス。

実際使ってて、不便さは無いのでこういうコスト調整は大歓迎です!

 

 

まとめ

Androidスマホでにおいて、そこそこ高性能でカメラが素晴らしい。

こんなスマホを求めてました。

何と言っても値段が超安いのが魅力です。

利益でてるのか、不思議だがこれは超ありがたいので活用させてもらいましょう。

PR

-お得, ガジェット, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.