ヒートテックよりおたふく手袋の上下冬インナーがコスパ最強すぎた件

ガジェット

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

最近とても寒いですね。まさに冬本番という感じです。以前からヒートテックインナーなどの機能性インナーを使っていますが、最近もっといいインナーを発見してしまいました。それがおたふく手袋株式会社のボディタフネスシリーズです。

こいつがコスパ最強すぎて、インナーシャツを買った後に結局ロングタイツも買ってしまい、上下ともにインナーはおたふく手袋製品になった程です。

どれくらい良いか説明していきましょう。

遠赤外線加工+裏起毛が超あったかい

ボディタフネスシリーズは非常にあったかい仕様になっています。

触った瞬間から裏起毛加工でおっ!てなります。朝服を着る時にあのヒヤッとする感じが全然ないのが素晴らしい。

実際に写真を見てもらう方が分かりやすいと思います。下の写真はおたふく手袋のボディータフネスタイツの裏側生地を撮っています。

しっかりと裏起毛加工がされているのが分かるかと思います。これのおかげで非常にあったかいです。

また実際に外にいる時も肌に密着をしていることから、風を通しにくいのもすごくいいですね。

高機能インナーでありながら非常に安い

少し前までこういった高機能インナーというのは結構お値段が張っていました。例えばスポーツのミズノが開発している高機能インナーでは、1着大体5000円程度するわけです。




そちらが性能的に優れているのは分かるのですが、インナーが一着5000円するんだったら高機能で当然だろうと思うわけです。

一方おたふく手袋製品は1着900円から1500円程度です。めちゃめちゃ安い。比較するまでもないわよね。(おねえ風)
実際に私が使ってるシャツインナーはこれ。

この価格帯だと気になるのがユニクロのヒートテックインナーでしょうか。しかしながらヒートテックインナーよりも、生地が厚くあきらかにあったかいんです。ヒートテックインナーを選ぶんだったら、明らかにおたふく手袋のインナーを選ぶべきです。
新しく購入したタイツはこれです。

amazon でいつでも送料ゼロ円で買える入手性の良さ

ヒートテックインナーの場合入手するためにユニクロの店舗に行かなければいけません。近場にユニクロがなければ通販もできますが、5000円以上購入しないと送料が450円かかります。単価の安いインナーを買う時には非常に使いにくいわけです。

一方 Amazon ならばいつでも安くすぐに買えます。私の場合は田舎に住んでいるため非常に助かります。

スポーツ用途にも結構つかえる!弱点も考えてみた

このボディタフネスシリーズは吸汗速乾加工をしてあります。そのため汗を逃がしやすく、乾きやすくなっています。

ちなみに私は冬にロードバイクに乗る時にも使っています。走り始めて汗をかいてもベトつきにくいと感じています。

とはいえ、いい話ばかりではずるいですよね。なのでおたふく手袋ボディータフネスシリーズの弱点はなにかあるかなぁと考えてみます。




うーん特にないんじゃないかな。無理やりあげるとするならば、おたふく手袋というネーミングが、もったいないと感じるくらいです。

この名前だと女性層からの購入を敬遠されそうだなと思います。でも社名だし仕方ないような気もしますね。

 

まとめ

おたふく手袋のボディータフネスシリーズは非常にあったかくコスパも良い、最強レベルのインナーでした。

おたふく手袋製品つよい。

サイクリストに愛好される理由がよくわかります

もっとお金を出せば、当然あったかいインナーも他にあります。でもこの価格帯でここまであったかいのは他社に比べ頭二つぶんぐらい飛び抜けていると思います。というわけで非常におすすめでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました