2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

ロードバイクに着脱可能なカゴをつけたいなら絶対これ

ロードバイクに乗っているときに楽に荷物を運びたい。。。日常にロードバイクを使っているひとなら誰しも思うことです。

言い換えるなら「カゴを付けたい」ということです。

 

でもカゴをつけると、問題が。それはダサくなるということです。

そのため常時かごを付けておくのではなく、不要なときは取り外したい。。。。

そんな都合の良いものがあるわけな、、、、あった!

ということでそんな都合の良い着脱可能なカゴを紹介したいと思います。

 

商品名<FUNSPORT 自転車カゴ 前 バスケット>

まずは商品のリンクを張っておきます。これですね。

この商品は前カゴとハンドルに固定する土台パーツに分かれています。

こちらが土台パーツ

こちらが前カゴパーツですね。

前カゴ固定方法

気になる前カゴ固定の方法ですが、土台パーツはネジで止める方式になっております。その土台にカゴを装着するという仕組みです。

ちなみに購入時に装着するときの注意点としては一見、土台パーツが小さくハンドルの口径と合わないように感じますが、ギュッと押し込むとぴったりハマります

最初は装着するとききっとこう頭をよぎる。

硬すぎてパーツが割れるんじゃないか?

と感じ怖いですが、かなり頑丈なのでギュッと押し込みましょう。

 

台座パーツにカゴを装着してみる

このカゴの素晴らしいところはロック機構となっており、ON OFFで着脱可能なところです。

スイッチを左にするとOFF(着脱可能)、右にするとON(着脱不可)となっています。わかりやすくするためにGIFで表示してみます。

 

スイッチはしっかりとした硬さがあり、走行中の振動でON,OFFがずれたりはしません。

これでカゴを使わないスポーツ利用時は外して使えます。一方で買物などでカゴを使いたいときには、カゴを装着して買ったものを入れられますね!

超便利です。

 

カゴ装着時も軽量さらに撥水加工あり

このカゴの素晴らしいところは、装着しているときも軽量のため、負担にならないところです。

ビニール製のため重さは200g程度です。

このカゴのそこには底板がありますが、これもプラスチックの板のため、軽いのが好感がもてますね。

さらに良い点として撥水性のある素材が使われています。巾着状になっているので口を閉じれば雨水が簡単には侵入しづらくなります。こういう点も非常に良いですね。

 

まとめ

ロードバイクに脱着式のカゴを装着すると大変便利です。

金額も安いのでチャレンジしてみる価値はあります。

軽いのもGoodなポイントですね!

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.