2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット

ソニーストアでRX0Ⅱをレビューしつつ、社員の方に評判とかいろいろ聞いてきたよ

ついにきたRX0Ⅱ!!!!

RX0Ⅱが発売されましたね。
この RX0Ⅱは非常に小さい高級コンデジとして発売されました。このモデルは初代があったのですが、正直言ってあまり人気がなく期待をしておりませんでした。

初代Rx0↓

 

しかし今回の二代目は実際にソニーストアで触ってみてわかったのですか、非常に使い勝手が良くスペックアップしたなと感じます。

ということで実際に触ってみたレビューをお届けします。

 

最大の変更点 チルト画面に対応した。

今回の最大の変更点としてチルト画面に対応したということがあります。どういうことかは写真を見てもらうかと分かるかと思います。

背面のディスプレイが、

稼働するようになりました。手前側に引き寄せたり、

自撮りの際は180度画面を回転させることができます。

今回はこの画面が可変になったチルト化が一番すごいかなと思います。ソニーの RX 0Ⅱはアクションカメラと言うジャンルではないと謳っていますが、やはり対抗としてはアクションカメラだと思います。だって防水性もこれほどまでにすごいんですからね。


JIS保護等級IP68相当の防水・防塵性能
雨天、水中、ほこりが多い環境や、カメラが不意に衝撃を受ける場面での撮影を可能にする、10m防水・防塵、2.0m耐衝撃、200kgf耐荷重性能

これだけ頑丈ならアクションカメラジャンルだよなぁ。

 




そう考えると、RX0Ⅱが他のアクションカメラにはないチルト画面に対応したというのは、かなりのアドバンテージだと思います。

アクションカメラ代表格と比較してみよう。

例えばゴープロ。私はゴープロ愛用していますが撮影時には画面の位置を変更できないことからちょっと見づらいなと感じています。

しかしながら今回の RX0Ⅱであれば無理な体勢で撮影する時も、常に手元で画面を確認できます。要するにアングルなどをしっかり決めた上で撮影ができます。これは非常に良いスペックアップだなと思います。

 

Sonyのスタッフにいろいろ聞いてみた
今回のRX0Ⅱの評判はどうですか?
非常に評判良いです。初代RX0は正直見向きもされなかったので、今回の反響には驚いています。

初代カワイソス・・・

 

■在庫状況

ショーティンググリップと組み合わせると使い勝手がすごく良いですね。グリップは即納できますか?
取り寄せになります。シューティンググリップとRX0Ⅱを一緒に買われるお客さんが多くて、在庫が全国的に少ない状況です。

 

※しかーし!Amazonでは在庫を発見しました。(4月16日時点)

 

■防水について

防水ハウジングは初代のモデルをそのまま流用できる?
できません。今回のチルト画面の変更で厚みが増しました。そのためサイズが異なっており使えません

 




■ズームについて

今回のスペックアップでズームできるようになったの良いですね!
はい。使い勝手があがりましたね。JPEGモードでならズームできます。ただしROWモードだとズームできません。

 

 

別売りのシューティンググリップ(VCT-SGR1)も大変良い。

今回一緒に置いてあったのでシューティンググリップも試しました。これが非常に使い勝手がよく快適です。

私は従来この手のシューティンググリップに対してあまりいい印象を持っていませんでした。しかし今回のシューティンググリップは実用に耐える完成度です

ちょっと見づらいのですがシャッターやズームなどのボタンが手元にあります。

左側がシャッター、右側の赤いボタンが動画用の撮影ボタンです。
そして真ん中にあるのがズームのボタンです。

要するにほとんどの作業が手元のグリップで完結します。これが大変使い勝手が良いんです。

実用に耐えうる素晴らしい完成度。SONYさん、最近のプロダクトはちゃんと実際に使ってみて完成度高めて市場に出してますね。エライ!(注 筆者は「SONYってプロトタイプを市場に出しちゃう会社」のイメージを抱いているですが、今回は問題なしの完成度でした)

 

シューティンググリップ自体が非常に軽い。

あまりに素晴らしいのでもう少しシューティンググリップについて書きます。このシューティングリップは重量がたった93 gしかありません。

非常に軽いので「荷物減らしたいから、持って行くのやめよう」などとは一切思わないレベル。

こういうのは軽くないと絶対に持ち運ばなくなります。逆に言えば軽ければ、勝利したも同然です。買ってからも確実に使い続けられます。

 

 

シューティンググリップがRX 100シリーズにも対応している。

このシューティンググリップは、カメラに対して有線接続です。有線接続は好き嫌いあるかと思いますが、恩恵も多いです。

つまり RX 0だけの対応ではなく RX 100シリーズにも使えるのが素晴らしいです。

RX 0買うならばこのシューティンググリップも入手しておきたいところです。

 

1万円キャッシュバックを実施中

現在 RX 0シリーズを買うにはいいタイミングです。なかなか実施してないキャッシュバックを実施中なのです。RX0と RX 0Ⅱ両方ともキャッシュバックの対象です。

しかも結構太っ腹な購入した全員に1万円のキャッシュバックです。なかなかやりますねソニーさん。

応募方法はweb サイトへの登録をして、10桁の受付番号を取得する。
1保証書のコピー
2レシートまたは領収書のコピー
3製品のバーコード部分切り取り
4ソニーのサイトから専用応募封筒をダウンロードして発送。

というような手順で1万円のキャッシュバックが受けられます。19年5月6日当日消印有効です。

このチャンスを是非利用したいところですね。

PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.