2020/5/26

【普段使いにもOKレビュー】おたふく手袋のボディータフネスが消臭&冷感でサイクリングにおススメできる!

最近サイクリングをしていると、日差しが強すぎますね。 以前は「日焼けはガンガンしていこうぜ派」だったんですが、さすがにここ数年の日差しの強さにヤバさを感じてます。 というのも日を浴びすぎるとシミができて、後が厄介だから。   そこで今回はこんな方のための記事です。 日焼け対策をしつつ、涼しいサイクリングウェアとかないかなぁ。もちろん安いのが希望って無理かなぁ いえ、この問題は例の企業が解決してくれます。 深堀しつつ、この問題を解決していきましょう。   例の企業=サイクリスト御用達 例 ...

続きを読む

2020/5/24

【コロナ時代のサイクリング】UVフェイスマスクが日焼け防止&配慮してます感でおススメ

最近仕事が忙しすぎてヤバい私こと、wktkです。 仕事において通常の運営計画に加え、「コロナで在宅自粛パターンと、自粛しつつ経済も動くパターンも作れ」と言われて業務量がヤバいのです。   そんな私のストレス解消に超貢献しているのが、サイクリング。 でも気になるのが屋外での日焼け&マスクの着用必須の雰囲気。   そこで今回はこんな記事です。 日焼け防止しつつ、世間のマスク着用必須の雰囲気にも対応できる、そんなアイテムないかなぁ? OKです。この問題を深堀しつつ解決しましょう! &nbsp ...

続きを読む

2020/5/21

【高スペック&安い】Huaweiからの乗り換え難民向け Xiaomi Mi9T(K20)がお得すぎる件

以前Xiaomi Mi9T(K20)を買いました。 で、これをしばらく使ってみてわかったのですが、かなりいいんですよ。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 そこそこスペックが良くて、安いスマホって無いかなぁ?ちなみにHuawei以外で。 これ結構困ってる人いると思うですよね。 Huaweiがコスパ抜群で使ってたけど、メーカーとして終了してしまったので次のスマホ困ってるって人。 この問題を深堀しつつ解決していきます。   結論:Xiaomiのミドルクラスがコスパ抜群! はい、最初に ...

続きを読む

2020/5/16

【3台ワイヤレス充電】3台同時充電できるQiワイヤレス充電器がすご過ぎレビュー(変態端末含む)

ガジェット大好きな皆さんへ超朗報。 ガジェット好きはたいてい、スマホ好き。スマホ好きはたいてい複数台所有しています。 そうなると困るのが充電。   特に問題となるのが、Qiワイヤレス充電のスマホ。 Qiワイヤレス充電は超便利なんですが、その分だけワイヤレス充電台も必要なわけです。 そこで今回はこんな方向けの記事。 複数台スマホがあって、Qiワイヤレス充電も複数買うのは面倒。。。同時充電できないかなぁ? OKです。この問題を力業で解決する商品を発見したので、紹介します。 今回も(いつも)自腹レビュ ...

続きを読む

2020/5/10

【自宅でスピンバイク2年利用】スピンバイク4万円以下で選ぶならどれがおすすめか

最近スピンバイクが大人気です。 というのも外出自粛により、なかなか屋外で運動ができません。 そのため室内で有酸素運動をする必要が出てきたからです。 そこで今回はこんな方向けの記事です スピンバイクスピンバイクを導入してみたいけど、あまりお金をかけたくない。 4万円以下でまともなスピンバイクはないかな? oK です。 実際にスピンバイクを所有してる私から見た、おすすめ4万円以下をスピンバイクを紹介していきます。 ハイガー産業 HG-YX-5001(型番変更によりHG-YX-5007) まずはおなじみのハイガ ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

ブロンプトンに使えるドロップハンドルまとめ

以前の記事でブロンプトンのドロップハンドル化について書きました。皆さんブロンプトンのドロップハンドル化に興味があったようで、よく読んでいただいてます。

皆さんドロップハンドル化が気になるんですね。

(めちゃめちゃその気持ちわかります)

そこでドロップハンドルをもう一段階進化させるべく、日夜検討しているわけです。

そして検討していくなかで、じつは他にもドロップハンドル化できるアイテムの存在を確認できたので、ここにまとめておきたいと思います。

ちなみにブロンプトンのドロップハンドル化はこの記事でも紹介している通り、走行性能向上にかなり貢献しており、やらない理由が見当たらないレベルでおすすめです。

参考記事

<誰でもできる>ブロンプトンにドロップハンドルをつける方法とレビュー

さてではそろそろドロップハンドル化のアイテム紹介したいと思います。

①ちょっと短めのドロップハンドル



これは私が過去記事でもレビューしており、いまでも常用しているドロップハンドルですね。

ちょっと小ぶりのため、必要最低限のドロップハンドルという感じですね。このドロップハンドルは矢印の部分が短いのが特徴です。

 

使って見るとわかるのはドロップハンドルがあるだけで、劇的に走りやすくなるということです。前傾姿勢になるし、ヒルクライム時もガッチリハンドルを握れます

恩恵がありすぎてやばい

 

②やや長めのドロップハンドル



こちらはドロップの部分が深いのが特徴です。ここですね。

そのためより奥までしっかり握ることで、より前傾姿勢になるし、ハンドルまでのクリアランスを確保する事ができます。

身長が高めの人や、ブロンプトンに窮屈さを感じる方におすすめの
ドロップハンドルです。これがあればステムを装着してハンドルをを前に出すという手間も省け一石二鳥です。

③変形型ドロップハンドル



こちらは創意が凝らされたドロップハンドルです。通常のドロップハンドルとデザインが異なります。

ちょっとウネッているのです。
ここの部分ですね。

デザインで好き嫌いが分かれるかもしれませんが、このウネッた部分がかなり実用的です。

この部分があるおかげで手のひらにフィットするのです。

通常のドロップハンドルの場合は、親指の付け根と人指し指の付け根の部分でドロップ部分を握ることになります。

そのときに手のひらの腹の部分には当たらず、少し隙間が発生します。この隙間がムダを生じ、力のロス(分散)が発生します。

しかしこの変形型ドロップハンドルであれば、手のひらの腹の部分にしっかりフィットします。そのため浮きが発生せず、完全にグリップできます。

つまり力のロスを激減できます。

変形型ドロップハンドル

やるやん!

だけでどその分お値段が他のドロップハンドルに比べちょっとお高めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブロンプトンに装着可能なドロップハンドルには結構種類があることに気がついたかと思います。

ブロンプトンに使えるドロップハンドルってこんなにあるとは!

しかもそれぞれ特徴があります。自分にあったドロップハンドルでブロンプトンの走行性能を爆あげしましょう。

ブロンプトンにドロップハンドルは相性抜群ですね!しかもかっこいいし!

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.