ブロンプトンに使えるドロップハンドルまとめ

ガジェット
本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

以前の記事でブロンプトンのドロップハンドル化について書きました。皆さんブロンプトンのドロップハンドル化に興味があったようで、よく読んでいただいてます。

皆さんドロップハンドル化が気になるんですね。

(めちゃめちゃその気持ちわかります)

そこでドロップハンドルをもう一段階進化させるべく、日夜検討しているわけです。

そして検討していくなかで、じつは他にもドロップハンドル化できるアイテムの存在を確認できたので、ここにまとめておきたいと思います。

ちなみにブロンプトンのドロップハンドル化はこの記事でも紹介している通り、走行性能向上にかなり貢献しており、やらない理由が見当たらないレベルでおすすめです。

参考記事

<誰でもできる>ブロンプトンにドロップハンドルをつける方法とレビュー

さてではそろそろドロップハンドル化のアイテム紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①ちょっと短めのドロップハンドル



これは私が過去記事でもレビューしており、いまでも常用しているドロップハンドルですね。

ちょっと小ぶりのため、必要最低限のドロップハンドルという感じですね。このドロップハンドルは矢印の部分が短いのが特徴です。

 

使って見るとわかるのはドロップハンドルがあるだけで、劇的に走りやすくなるということです。前傾姿勢になるし、ヒルクライム時もガッチリハンドルを握れます

恩恵がありすぎてやばい

 

②やや長めのドロップハンドル



こちらはドロップの部分が深いのが特徴です。ここですね。

そのためより奥までしっかり握ることで、より前傾姿勢になるし、ハンドルまでのクリアランスを確保する事ができます。

身長が高めの人や、ブロンプトンに窮屈さを感じる方におすすめの
ドロップハンドルです。これがあればステムを装着してハンドルをを前に出すという手間も省け一石二鳥です。

③変形型ドロップハンドル



こちらは創意が凝らされたドロップハンドルです。通常のドロップハンドルとデザインが異なります。

ちょっとウネッているのです。
ここの部分ですね。

デザインで好き嫌いが分かれるかもしれませんが、このウネッた部分がかなり実用的です。

この部分があるおかげで手のひらにフィットするのです。

通常のドロップハンドルの場合は、親指の付け根と人指し指の付け根の部分でドロップ部分を握ることになります。

そのときに手のひらの腹の部分には当たらず、少し隙間が発生します。この隙間がムダを生じ、力のロス(分散)が発生します。

しかしこの変形型ドロップハンドルであれば、手のひらの腹の部分にしっかりフィットします。そのため浮きが発生せず、完全にグリップできます。

つまり力のロスを激減できます。

変形型ドロップハンドル

やるやん!

だけでどその分お値段が他のドロップハンドルに比べちょっとお高めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブロンプトンに装着可能なドロップハンドルには結構種類があることに気がついたかと思います。

ブロンプトンに使えるドロップハンドルってこんなにあるとは!

しかもそれぞれ特徴があります。自分にあったドロップハンドルでブロンプトンの走行性能を爆あげしましょう。

ブロンプトンにドロップハンドルは相性抜群ですね!しかもかっこいいし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました