2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

ブロンプトンのハンドルに装着可能なブルホーンバーまとめ

ブロンプトンはハンドル周りを強化すると非常に走行性能があがります

その強化方法の一つにハンドルをブルホーンバーに変更するという方法があります。

ブロンプトンのここ↑の黒いグリップを引っこ抜いて、バーエンドをネジで装着するだけです。

 

以前記事でドロップハンドル化の記事を書きました。しかし人によってはブルホーン化のほうが好みの方もいるかと思います。

とはいえ、ブルホーンハンドルにしたくてもハンドルごと交換するのは楽ではありません。というか初心者にその作業はなかなかキツイ。

 

たしかにハンドル交換って結構やっかいなんだよね…

そこでもっと簡単にブルホーン化するためにバーエンドをつけるという方法を提案したいと思います。

 

バーエンドでブルホーン化とは?

ハンドルの端にバーエンドをつけて、事実上ブルホーンハンドルと同じ前傾姿勢とグリップ力を実現するというカスタムですね。

今回はこの『ブロンプトンに装着できるブルホーンバー(バーエンド)まとめ』を書いていきたいと思います。

■BBBバーエンド


このハンドルはちょっとシャクれています。このシャクレが結構大事です。ハンドルを握っているときって意外と、地面からの段差の衝撃で手のグリップがずれます。

このときにシャクレがあれば簡単に手が弾かれて外れることも軽減されます。

デザインで好みがあるかもですが、一番オススメできるバーエンドです。

 

■FOGLIA(フォグリア) バーエンドバー

 

ちょっと小ぶりなバーエンドです。ブロンプトンの軽量化と走行性能の向上を両立したい方に向いてます。ちなみにグリップ部分に凹凸があり滑り止めになります。何度も言いますが滑り止めは結構重要です。


ブロンプトンを始めとしてミニベロはタイヤの径の小ささと、フレーム構造上のもんだいで、地面からの衝撃を吸収しきれません。つまりハンドル握ってても衝撃で手が弾かれることがあります。これを軽減できるのがハンドルの滑り止め部分。活用していきましょう。

 

■uxcell プラスチック製ハンドルバー


こちらも小ぶりなバーエンドです。こちらは先ほどよりももっと軽量です。なんといってもプラスチック製ですからね。なかなか衝撃的な製品です。
軽量化に命をかけてるが、激坂(ヒルクライム)の喜びに目覚めてしまった人が買いましょう。バーエンドがあるとヒルクライムにもこうかがありますからね。

 

■Lixadaバーエンド


バーエンドが手の形に添って、絶妙なカーブが設計されてますね。エルゴノミックデザインってやつです。これによって手のひらにしっかり当たり、グリップが向上しますね。

またデザインの良さもさることながら、なんとこのバーエンドカーボン製です。軽さにこだわる人にはかなり良いでしょうね。

カーボン製とはバーエンドにかけるこだわりがすごい!(いい意味でやりすぎです)

 

■まとめ

今回紹介したバーエンドはカンタンなカスタムによってブルホーンバーと同じような前傾姿勢が取れ、走行性能が向上するので非常に良いですね。

しかもネジで取り付けるだけなので、楽ちん。

このようにブロンプトンをカスタマイズをすることで、本来ブロンプトンが得意ではない激坂ヒルクライムなどもこなせるようになるわけです。

 

ちなみにブルホーンハンドルより、ドロップハンドルが好きな方はこちらにBROMPTONのドロップハンドル化方法を記載しています。

ぜひ併せて読んでみてください。

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.