2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

ブロンプトンのハンドルに装着可能なブルホーンバーまとめ

ブロンプトンはハンドル周りを強化すると非常に走行性能があがります

その強化方法の一つにハンドルをブルホーンバーに変更するという方法があります。

ブロンプトンのここ↑の黒いグリップを引っこ抜いて、バーエンドをネジで装着するだけです。

 

以前記事でドロップハンドル化の記事を書きました。しかし人によってはブルホーン化のほうが好みの方もいるかと思います。

とはいえ、ブルホーンハンドルにしたくてもハンドルごと交換するのは楽ではありません。というか初心者にその作業はなかなかキツイ。

 

たしかにハンドル交換って結構やっかいなんだよね…

そこでもっと簡単にブルホーン化するためにバーエンドをつけるという方法を提案したいと思います。

 

バーエンドでブルホーン化とは?

ハンドルの端にバーエンドをつけて、事実上ブルホーンハンドルと同じ前傾姿勢とグリップ力を実現するというカスタムですね。

今回はこの『ブロンプトンに装着できるブルホーンバー(バーエンド)まとめ』を書いていきたいと思います。

■BBBバーエンド


このハンドルはちょっとシャクれています。このシャクレが結構大事です。ハンドルを握っているときって意外と、地面からの段差の衝撃で手のグリップがずれます。

このときにシャクレがあれば簡単に手が弾かれて外れることも軽減されます。

デザインで好みがあるかもですが、一番オススメできるバーエンドです。

 

■FOGLIA(フォグリア) バーエンドバー

 

ちょっと小ぶりなバーエンドです。ブロンプトンの軽量化と走行性能の向上を両立したい方に向いてます。ちなみにグリップ部分に凹凸があり滑り止めになります。何度も言いますが滑り止めは結構重要です。


ブロンプトンを始めとしてミニベロはタイヤの径の小ささと、フレーム構造上のもんだいで、地面からの衝撃を吸収しきれません。つまりハンドル握ってても衝撃で手が弾かれることがあります。これを軽減できるのがハンドルの滑り止め部分。活用していきましょう。

 

■uxcell プラスチック製ハンドルバー


こちらも小ぶりなバーエンドです。こちらは先ほどよりももっと軽量です。なんといってもプラスチック製ですからね。なかなか衝撃的な製品です。
軽量化に命をかけてるが、激坂(ヒルクライム)の喜びに目覚めてしまった人が買いましょう。バーエンドがあるとヒルクライムにもこうかがありますからね。

 

■Lixadaバーエンド


バーエンドが手の形に添って、絶妙なカーブが設計されてますね。エルゴノミックデザインってやつです。これによって手のひらにしっかり当たり、グリップが向上しますね。

またデザインの良さもさることながら、なんとこのバーエンドカーボン製です。軽さにこだわる人にはかなり良いでしょうね。

カーボン製とはバーエンドにかけるこだわりがすごい!(いい意味でやりすぎです)

 

■まとめ

今回紹介したバーエンドはカンタンなカスタムによってブルホーンバーと同じような前傾姿勢が取れ、走行性能が向上するので非常に良いですね。

しかもネジで取り付けるだけなので、楽ちん。

このようにブロンプトンをカスタマイズをすることで、本来ブロンプトンが得意ではない激坂ヒルクライムなどもこなせるようになるわけです。

 

ちなみにブルホーンハンドルより、ドロップハンドルが好きな方はこちらにBROMPTONのドロップハンドル化方法を記載しています。

ぜひ併せて読んでみてください。

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.