2020/2/27

【輪行】Tern Verge N8(ヴァージュn8)とブロンプトンの使い分けについて【比較】

以前からVerge N8記事やブロンプトンの記事をかなりたくさん書いてます。というのも、どちらもかなり完成度が高くてお気に入りだからです。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 ブログ見てTern Verge N8とブロンプトンで悩んでる。どちらを買ったらよいんだろうか。 上記2台は性能の方向性が結構違います。だけど私がどっちも絶賛してるので迷う方もいるかもです。 そのため実際にどうやって使い分けするのが良いのか、記載していきましょう。 どちらも折りたたみ自転車なので、輪行先でどう使うべきかという前提での ...

続きを読む

2020/2/27

apple Watch ではなく fitbit versaを選んで半年が経つので長期レビュー【比較】

皆さんスマートウォッチは使いこなせてるでしょうか? スマートウォッチのメジャーどころといえば、apple Watch です。 しかし私はあえてアップルウォッチではなく、fitbit versa を選びました。 その理由は以前記事にしておりますので、読んでみてください。 さて今回は、購入してから半年経つのでその半年の間にどう変化があったのか、について書いていきたいと思います。 この記事はこんな方向けの記事。 fitbit versaが評判良いので気になるけど、長期使用してみた人の意見が見たいなぁ。 oK で ...

続きを読む

2020/2/23

【誰でもできる】Chat-Wifi 100ギガSIMのスマホ設定方法【APN設定】

以前ご紹介したChat wifi社 100ギガSIM。私も契約してメイン回線にしてるわけですが、非常にお得なので契約された方も多いようです。 Chat wifIのSIMとはこれ↓ですね。 さて契約後のスマホ設定はだれでもできるレベルでカンタンです。 でも「念のために記載しておいてほしい」というご意見を踏まえ、実際契約してるスマホを使って、紹介しておきたいと思います。 今回はこんな問題を解決します。 Chat wifi社 100ギガSIMのスマホ側の設定って難しいのかな?自分にもできるだろうか? OKです。 ...

続きを読む

2020/2/19

Dahon k3Plusが入手できないので、16インチ7速ギアのRenault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Dahon k3Plusの記事がよく読まれています(感謝)。 かなり良さそうなミニベロなんですが、国内未発売で手に入らない。。。 そうなるとメンテナンスの問題などもあって、手を出せない人も多いわけです。 そのため、こんな風に思う人が日に日に増えてくるはずです。 Dahon k3plusと同じようなスペックで、まともなメーカーから折りたたみミニベロ発売されてないかな? この気持ち非常にわかります。深堀しつつ紹介していきましょう。 Dahon k3plusってこんなミニベロ。 Dahon k3plusをおさら ...

続きを読む

2020/2/16

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。 そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。 しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。 そこで今回はこんな問題を解決します。 Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

コンデジのレンズを最強に!Lumix TX1とRX100を広角やマクロ撮影を可能にする方法

2019/12/追記:Magfilter装着レビュー追加しました。

先日Lumix TX1を入手しました。これブロンプトンライド用途にすごくいいという記事ですね。しかしこれをさらに最強にさせる方法があるわけです。

それが、クローズアップフィルターとワイドコンバーションレンズです。
こういうやつ外付けのやつですね。

上記の写真はワイドコンバージョンレンズですが、それぞれ用途は下記のようになります。

クローズアップフィルターは小さいものを精密に写すとき(マクロ撮影)に使います。

一方でワイドコンバーションレンズは広角で撮影をしたいときにつけます。


はい解決ですね!おしまい!

と言いたいところですが問題が。

 

RX100やTX1はそもそも外付け用レンズ取り付けのネジが無い

RX100やTX1にこれらのフィルターやレンズをを装着するためには、フィルター用の取り付けネジが必要なのです。ここの矢印の部分ですね。


しかしLumix Tx1やRx100 には取り付けネジがないのです。そのため、通常ではこのクローズアップフィルタや、ワイドコンバーションレンズが装着できません!

ダメじゃん!

まぁまぁ。安心してください。この対策を考えてあります。



それはフィルターアタッチメントを装着すれば解決します。これです。



これはMag Filterといいまして、名前の通りマグネットによってこれらのフィルターやレンズを装着可能にするアイテムなんです。
便利なものがありますね。実際に装着したレビューもありますので詳しくは参照記事を読んでください。

Mag Filterの詳しい仕組み

レンズの前面にMag Filterを装着します。この赤い所がマグネットになっており、こいつがTX1やRX100のレンズの淵にくっつきます。

 

 

そうすると反対にはフィルターの溝が彫られているため先ほど「Lumix Tx1やRx100には無い」と言っていた取り付けネジが装着されるわけです。

これによって、クローズアップフィルタや、ワイドコンバーションレンズが装着可能になります。

実際に装着してみてる記事を書きましたので参照下さい。

Mag filterのサイズは52㎜を選ぼう

Mag filterには複数のサイズがあります。RX100やTX1に装着するには52㎜のサイズを選びましょう。なぜならこのサイズがRX100M3とTX1に合致している適正サイズだからです。また52㎜のフィルターやワイドコンバーションレンズがメジャーで安いのもGoodなところです。

 

LUMIX TX1にMag filter装着=使い勝手最強

LUMIX TX1を愛用しているわけですが、このカメラは望遠に強く光学10倍ズームです。そこからデジタルで2倍になり事実上20倍ズームです。
つまり望遠性能がかなり高い。これが最大のウリです。

でも言い換えるとそれ以外が弱いのです。

つまりマクロと広角が弱い。これを今回のカスタムでクローズアップレンズやワイドコンバーションレンズを用いて補うことができちゃうのです。




つまり、TX1が望遠、マクロ、ワイドに強くなるのです。

おや?最強に近くないか?

 

そう。これらのカスタムによってかなり使い勝手が良くなっちゃうんですね。TX1ちゃんが最強になってしまう。

もう一度組み合わせのおさらいです。

■小さいものなど非常に近接細かいものを撮影(マクロ撮影)したいならこの組み合わせです。
・Mag filter

・クローズアップレンズ

■ワイドに広く撮影したいならこの組み合わせです。
・Mag filter

・ワイドコンバージョンレンズ

※2019年12月追記

すいません、上記のレンズは人気過ぎて完売したっぽいです。今現在かわりのワイドコンバージョンレンズならコレ↓一択かと思います。

ちなみに付け替えも簡単なので、クローズアップレンズとワイドコンバージョンレンズを両方買って、気分や状況で付け替えるのもアリです

コンデジなのに一眼レフみたいなレンズ交換ぽくて楽しい!

 

まとめ

高級コンデジはレンズ交換ができないのが弱点とされてきました。しかしMag filterを装着することによって事実上レンズの交換レベルの画角の変更が可能になります

これによって高級コンデジの使い勝手が飛躍的にアップするので、超おすすめです。

しかも軽くて安いし!最高ですね。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.