2020/3/31

2020年3-4月時点 普段持ち歩くカバンの中身<ガジェット編>

わたしはカバンの中身記事がすごく好きで、よくそういった記事を読んでます。 カバンの中身はその人の考え・生き方がよくあらわれると思ってます。 そこで今回はカバンに入れて持ち歩いていたモノ・ガジェットを紹介していきたいと思います。   Huawei Mate9、Mate20pro スマホはHuawei製を使っています。もはやオワコン化してしまったHuaweiですが使い勝手、性能は抜群です。 Mate9なんて3年前に買ったのにまだメイン端末で、サクサク動く。大好きなんですけど企業体質がちょっとね。。。 ...

続きを読む

2020/3/24

日本のサラリーマン生活とブロンプトンの相性が良すぎる件

春も近くなると、社内が浮足立ってきます。 そう、人事異動です。人事異動には転勤がつきもの。かくいう弊社内も全国転勤があり、かなりの人数が全国へ散らばります。 さてそうなると大変なのが引っ越し。この時あらためて気づいたのがコレ。 ブロンプトンと日本のサラリーマンって相性よすぎじゃないか? ってことです。この事柄を詳しく掘り下げていきます。   日本のサラリーマンは全国転勤が避けられない いうまでもないのですが、地域限定採用の社員以外は転勤があります。 そうなると辞令一つで、異動をすることになります ...

続きを読む

2020/3/25

【購入済み】楽天モバイル UN-LIMIT 先行キャンペーン中はお得でしかない格安SIM

スマホ回線の料金戦争に殴り込みを入れてきた楽天。 今回は楽天UN-LIMITという新プランを出してきました   この楽天UN-LIMITは正直かなりお得で、先行キャンペーンがあるうちはお得しかしないプランなので、紹介していきます。 今回も自腹で(0円なんだけどね)、早速購入してみたので、紹介していきたい。 この記事はこんな方向けの記事です。 楽天UN-LIMITちょっと気になるんだけど、契約すべきなんだろうか? OK!解説していきましょう!ちなみに契約したのはコレです   楽天UN-L ...

続きを読む

2020/3/24

【ブロンプトンで解決!】ソロキャンプ時の汗でリュック‐背中間 びちょびちょ問題 

ソロキャンプ時には荷物をどれだけ減らしても、リュックで背負うスタイルを避けられない。 私は一時期超軽量なウルトラライトスタイルをやっていて、重量的には快適でした。でも結局、荷物はあるので、背負うリュックスタイルに行きつくわけです。 そのため暑い時期は、リュックの部分で背中が汗でびちゃびちゃ・・・圧倒的不快です。 しかし最近思うのが、ブロンプトンで解決できるんじゃないか?という事です。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 ソロキャンプ(またはキャンプ時)の背中びちゃびちゃ問題を解決したいなぁ。 OKです。 ...

続きを読む

2020/3/23

【サラリーマンによく効く】ブロンプトンでソロキャンプが楽しすぎるのでおススメ

ブロンプトンでソロキャンプ。以前テントキャンプをブロンプトンでして以来、キャンプの魅力にどっぷりハマっています。 その後はブロンプトンでソロキャンプとかを何度もしているわけです。何度もブロンプトンでソロキャンプしているうちに「なぜ楽しいのか」だんだんとわかってきたので、紹介していきたいと思います。 この記事はこんな方向けの記事です。 会社の休日にブロンプトンでソロキャンプしてみたいけど、ホントに楽しいのかな? OKです。解説していきます!   自力で自分の好きな場所へ行く達成感 ブロンプトンでソ ...

続きを読む

サイクリング ブロンプトン

ブロンプトンのリアキャリアの面積を2倍に広くする方法。さらに可搬性は超向上!

ブロンプトンで大きな特徴の一つといえば、リアキャリアです。
これがあるおかげでちょっとした移動なら転がせるし、荷物も積めるわけです。普段のサイクリングならこれで充分です。

しかし荷物が多くなると状況は変わります。荷台が小さいなと感じるんですね。
例えばブロンプトンを使ったキャンプなどでは、荷物が非常に増えます。

こういう時に思うのは、

もう少しリアキャリアの荷台の面積が広ければいいなぁ

ということです。

そこで今回はこのリアキャリアの面積を拡大させるという課題を解決したいと思います。

 

荷台を拡大するために板を載せる

まず最初に考えるのが、荷台面積を広げるために板を載せて面積を広げるということです。まぁ誰でも考えることかなと思います。

たしかにこれで荷物の置ける面積は広がりますが、持ち運びが不便すぎる。。
輪行時にこの板どうすんねんという話ですからね。取り回しに難ありということですね。

こういう問題の重要な点は「走行時に邪魔にならないということ」と、「輪行時にも邪魔にならないこと」という難題を抱えています。
今回は輪行時に邪魔にならないことが難敵ですね。

 

キャリーカート自体を荷台拡張に使うという発想

ここで気が付いたのはキャリーカートの存在です。私はブロンプトンを快適に運ぶためにはキャリーカートを使うべきだと常日頃おススメしております。


そして走行時にはこのキャリーカートを荷台に載せるべきだとも主張しています。
そこでいざ荷台に4輪キャリーカートを載せてみると、イイ感じに荷台よりも横幅があります。

比較してみるとこのようになります。ピンクの囲み部分がリアキャリアのサイズです。

これと比較してみると、ブロンプトンのキャリア面積が2倍くらいになるわけです。今まではキャリアは縦長でしたが、キャリーカートのおかげで横にも面積が広がります。かなり荷物を積めるようになりました。

 

フルフラットになるキャリーカートを選ぼう

この時キャリーカートを荷台として使うためにおさえなければいけないポイントがあります。それはキャリーカートを折りたたんだ時に「フルフラットになる」という点です。
ほとんどのキャリーカートはこの条件が合致しません。

しかし今回のキャリーカートは折りたたみの持ち手部分が仕舞えるように溝が彫られています。

これによってフルフラットを実現しており、荷物を載せやすくなります。

奇跡的なほどブロンプトンの荷台面積を広げるための好条件がそろっています

す、すごい!何者なんやこのキャリーカート!

 

輪行時はキャリーカートとして転がして快適利用

さてこのキャリーカートは荷台の面積を広げるための好条件がそろっていることがわかりました。




正直、これだけでも充分なんですがブロンプトン輪行時にもその価値を存分に発揮します

今度はキャリーカートにブロンプトンを積んで、超快適に転がし輪行ができるのです。


このキャリーカートは裏面の車輪が4輪であり、そのタイヤすべてが360度回転可能なフリーホイールです。

 


つまり縦横無尽に転がせます。はっきりいってブロンプトンのイージーホイールでさえも比較にならないくらいスムーズに安定的に転がすことができます。

実際輪行時に転がしてみるととかなり楽だと感じます。しかもJRの輪行規定もクリアしています。ブロンプトン純正じゃなくて他社品なのに汎用性すごすぎ。

 

■まとめ

ブロンプトンリアキャリアの面積を拡大しつつ、輪行自体を楽にするキャリーカート機能。この2つの機能が優秀すぎます。

完全にブロンプトンのために生み出されたのでは?といえるほどの完成度。

これ純正品扱いにしてもいいレベルだなぁ。

だけど純正にとりこまれたら、この激安さは変更されちゃうと思うので日本のブロンプトン界隈でひっそりと使っていきましょw

PR

-サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.