2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング

スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>

スピンバイクといえばハイガー産業。

スピンバイクを調べるほどにこの結論になってしまうくらい強いメーカー。。。

 

おっと、失礼しました。いきなりスピンバイクの話になってしまいましたね。知らない人は、

スピンバイク自体なんなの?

って方もいるかもしれません。なのでちょっと説明しましょう。

 

スピンバイクとは室内トレーニング用のサイクルマシンです。

 

たいていの場合安価なマグネットで負荷を掛ける家庭用タイプと、物理的に負荷をかける業務用のスピンバイクがあります

 

名前の通り前者は家にあることが多いタイプ。後者はジムとかによくあるタイプすね。

さて今回はこの業務用スピンバイクについてのレビューです。

 

このハイガー産業は業務用のスピンバイクを家庭用に販売してくれています。

今回はそれを購入しました。型名HG-YX-5001

これのことですね。


 

 

今回の記事はこんな疑問を解決します

ハイガー産業のスピンバイク気になるけど、レビュー記事がなくてこわい。実際どうなんだろう・・・?

それでは紹介していきます。

 

ちなみに買う前の葛藤と、買うまでに至った理由を書いた記事もはっておきます。

組み立ては自分でやる。男性は1人で可能。女性なら2人いればOK

\実際には大きめの段ボールで届く/

ハイガー産業に限らずスピンバイクは自分で組み立てるパターンがほとんどです。

組み立て作業自体は単純です。

工具はすべて同梱されており、難解な作業はありませんがなかなか重いのです。


男性なら1人で組み立てできますが、女性の場合は2人程度は必要だと思います。

友人や家族に手伝ってもらいましょう。

 

各パーツに分かれている。とはいえそこまで複雑じゃなくて意外と簡単に組み立ては可能です。

サドルも肉厚でふかふか。意外といいサドルが付いている。

HG-YX-5001の完成形デザインが超かっこいい

バァーーーンンン!!!/

 

したからのアングルだけではわからないので、正面からも表示しておきます。

デザインはかなりかっこいいです。部屋に置いときたいデザインですね。できれば広い部屋においてあればちょっと裕福な家庭感でます。

見せるインテリアアイテムとしても結構いいなと思いますね。

 

静音性はバツグン!

こういうトレーニング系アイテムで重要なのが、静音性です。つまり騒音がでないかってことです。一軒家でもマンションでもたいていは近くに隣人がいるのです。

音を気にしていたらトレーニングも集中してできませんよね。

その点ハイガー産業のスピンバイクはまったく問題ありませんでした。

 

以前記事で固定ローラーの静音性を計測しました。そのときのデシベル数はかなり低く、問題なしでしたね。

ハイガー産業のスピンバイクで漕いでみると、その音よりも断然静か。

隣人への騒音リスクは全く問題なしでした。



物理負荷>マグネット負荷

ハイガー産業はあて布で物理的に負荷をかける方式です。

 

安価なマグネット方式よりも断然物理負荷方式をおすすめします。

その理由は「連続使用時間」にあります。

 

ほとんどのマグネット方式のスピンバイクは連続使用時間は30分という制限があります

これはマグネットが使用で熱くなり破損することを抑えるためです。

でも30分ってわりとすぐで、「やっとちょっと汗でてきたなぁ!」というのが30分です。

え!本番はいまからでしょ!

ってタイミングで機器を休めなければいけなくなるのです。マグネット負荷タイプはこれがかなり不快。

だから物理方式のハイガー産業のスピンバイクを推しています。

最安価モデルより1つ上のHG-YX-5001がおすすめ。

最も安価なモデルも充分スピンバイクとして機能します。

でも僕はその1つ上のランクHG-YX-5001をおすすめしたいです。(実際に僕が買ったやつですね)

なぜかというと計測ディスプレイが圧倒的に見やすくなるからです。
比較してみましょう。

■再安価ランクのディスプレイ

■今回の紹介モデルHG-YX-5001のディスプレイ


比べるまでもなHG-YX-5001のディスプレイが閲覧性が高くて、みやすいですよね。

最安価モデルだと時間と走行距離、心拍数などを見たいときに画面切り替えが必要です。

 

そのため毎回ボタンを押す羽目になりイライラです。

毎日使うものだから、快適な表示のHG-YX-5001がイイよね。

 

トレーニング中に画面切り替えのために、ちまちまボタンを押すとかやってられません

目を向けただけで必要な情報はすべて見たいのです。

それが一番安価に実現できるのがHG-YX-5001なんです

お金が余ってる人はもっと上のランクを買ってもいいですが、ほとんどの人はこのランクで快適かつ十分です。

■まとめ

かなり満足度の高いスピンバイクです。しかもスピンバイクは全然壊れないし、万が一壊れても部品はロードバイク用の品で代用できます

ロードバイクの部品で自分で修理できるのはいいですね!(専用部品よりぜったい安いし!)

 

スピンバイクは超頑丈。

そのため10年くらいは使えるし、部品交換すればもっといけるんじゃないでしょうか。

しかもハイガー産業なら送料無料という神がかった販売をしているので超おすすめです。

ちなみにスピンバイクが続かないかも…と心配な方はこれで解決!

ちなみにハイガーのスピンバイクを買うなら一番安いのはどこか?も解明しました。

PR

-ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.