【ランニング続かない人はこれができてない】ウェーブライダーのカラフルモデルから考える対策はコレ

ガジェット

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

「ランニングが続かない」という声をよく聞きます。学生やサラリーマン、主婦などみなさん毎日が忙しいですからね。
それゆえに疲れてると「今日はやらなくてもいいか・・」となってそのままランニングをしなくなるパターンが多いのです。
この状況を打破するにはどうしたらいいのか。今回はこんな問題を解決します。

ランニングが全然つづかない。。どうしたらいいんだろう。。

というわけでこの問題を深堀しつつ解決していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランニングが続かない理由は”つまらないから”

結論を最初に言ってしまうと、「ランニングがつまらないから続かない」のです。

そりゃ、そうなんだけどさ・・・!

こんな、みなさんの心の声が聞こえます。

でも問題の根っこはこれなんですよ。だって考えてみて欲しいのですが楽しいことならば、疲れててもしますよね?つまり楽しくないから「疲れ」の解消を優先してしまうわけです。

じゃあどうすればいいのかというと、ランニングに「楽しい」要素を追加すればイイのです。

ランニングに楽しい要素を作る努力をすべき。

ランニングを継続するための努力というと、「根性で続ける」みたいな根性論になりがちですが、これはダメです。努力すべきは「楽しい要素をどう作りだそうか?」という工夫のほうです。その工夫うに努力すべきです。

ここで私が実践しているが、オシャレでテンションが上がるランニングシューズを履くということです。

私はミズノのウェーブライダーシリーズのカラフルモデルを愛用しています。

ウェーブライダーシリーズのカラフルモデルはかなりカッコイイ。実際に買ったのはこれですね。

よく眺めてニマニマしているのですが、かなりデザインがイイのです。特に実物は惚れ惚れするカッコよさ。


みてくださいよ。ブラックを基調としたカラフルさなので、遊び心ももたせつつキリっとしたカッコよさなのです。


しかも実は左右でカラーの配色が少し違う。でも全体で見るとやりすぎではない。このバランス感の良さよ!ミズノのプロダクトデザイナーが優秀なのがわかります。

横からのアングルも超イイ。

ウェーブシリーズはクッション性と軽量性を両立したモデルです。特徴的なこの、波型のクッション部分もデザインがすごくいい。

もうこのデザイン性の高さだけで、テンションが爆上がりなのです。そしてこれはランニングの時だけ履くという特別感。

たまらん!!!

話を戻すとランニングにはこういう楽しさを作るべきなのです。

クッション性の高さ=高級絨毯のようなフワフワ具合

このウェーブシリーズはマラソン用にも使えるくらい、クッション性が良い。以前は「ランニングシューズなんて消耗品だし、安いほど良い」と思っていました。でもこれを履いてからは安いランニングシューズは買うべきではないと、考えがかわりましたね。

というのも、クッション性の高さが段違いすぎるんです。

高いミズノのウェーブシリーズは高級絨毯のフワフワさをランニング中に味わえるのです。

 

このふわっと感がやみつきに!

一方安いランニングスシューズはかかとが痛い。クッションがあるはずなのに着地の度にガツンと振動が来る。ファッション用のスニーカーに近いクッション性ですね。

つまりこういう事です。

・高いミズノのランニングシューズ=高級絨毯
・安いランニングシューズ=フローリング床

こういうフワフワ感が新鮮で走るたびに「お!ナニコレ。変な感じw」ってなってスゴク楽しいのです。この感覚を味わいたくてまた走ります。

習慣化には努力よりも楽しさ。

習慣化していくなら断然、楽しさを構築していきましょう。楽しくないと続かない。なにより楽しくない時間なんて味わう必要はないのです。

ランニングでの楽しさという点ではスマートウォッチもかなり、貢献してくれます。心拍数や走ったルートなども自動で取得してくれますからね。

↑ランニングのフォームを監視するスマートウォッチ。すごい時代だ。。。
こういう小道具もぜひうまく活用して、ランニングの習慣化に活用していきましょう。

まとめ

習慣化をする初期のころはいかに「楽しいと思えるポイントを構築できるか」で継続可能性が、全然違う。根性面での努力は続かないし疲れるので、そういう役割は紹介したような小道具たちに任せましょう。

※毎年ウェーブライダーのカラフルモデルは配色がかっこいい。かなり物欲をそそられてしまう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました