ロングライドするならブロンプトンにドロップハンドルは必須だと思う件

サイクリング

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

私はブロンプトンのライド記事が大好きで、色んな人のブログやTwitterをひたすら見てまわっています。好きすぎて変態化しそうなほどブロンプトン好きなので先日ライトペインティングをしたほどです。※コレ↓

さてそんなブロンプトン記事大好きマンな私は最近ある事に気が付きました。

それは「なぜかほとんどの人がドロップハンドルをつけてない」ということです。

それに気づいて思ったのは、

うそだろ・・・?あれ無しでどうやって、登坂したりロングライドしてるんだ?

ってことです。

 

というわけでこの問題を深堀しつつ、ブロンプトンにドロップハンドルをつけることの素晴らしさを説明していきましょう。ちなみに使ってるドロップハンドルはこれです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロングライドにはたいてい登坂が含まれる

ロングライドをするとき、ずーっと平坦な道ってのは稀です。たいていの場合は登り坂があって登坂するはめになりますね。

 

こういうときに通常のMハンドル等では思いっきりグリップができず、力が分散してしまいます。しかしドロップハンドルならば、縦に握ることでしっかりとグリップでき、力の分散を抑えることができます。

だからドロップハンドルが必要なのです。

 

行ってみたい道に制限がなくなる

ブロンプトンで知らない道を走っていると、「あの道の先はどうなってるんだろ?」という道があったりします。

それが登坂出会った場合、通常のハンドルでは登る気になれません。先述の通りMハンドルでは力が分散して疲れてしまうのです。

しかしドロップハンドルなら、

よし!この装備なら登れる。いってみよう

となるんです。

このマインドの変化がかなり大きい。一度ドロップハンドルを装着をしてみればその変化に驚くと思います。今までに見たことの無いブロンプトンの一面を見れるからです。

これまでブロンプトンでよく走ってきた方は特に驚かれるとおもいますね。

 

前傾姿勢になるため巡航速度があがる。

前傾姿勢になるというのは予想以上にペダリングへ好影響をもたらします。踏み込みやすくなるのです。踏み込みやすくなれば当然巡航速度があがります。

ドロップハンドル装着前はブロンプトンに乗ってるとよぎるのが

折りたたみだってわかってるけど、もっとスピード出ないの?

ってことでした。

しかしその問題もドロップハンドルの前傾姿勢化で解消されました。

前傾姿勢になれば踏み込みが強くなり、自然とスピードがでるのです。これにより巡航速度が上がりました。

また、ずっと前傾姿勢でいる必要はないと思います。風景が見たかったりのんびりしたいときは、通常のフラットバーの部分をつかめばイイのです

ロードバイクのときも疲れたらフラット部だったりドロップハンドルに持ち替えたりしますよね。それと同じです。

 

要は2通りの使い分けができるようになるのですね。

このように握り方を体の調子によって変えられるのが本当にいいです。

折りたたみへの影響無し。

ブロンプトンをカスタムするときに懸念されるのが、「折りたたみへの悪影響がないか」ということです。

でも安心してください。

影響なしです。写真をみてもらうのが早いですね。

ドロップハンドル部分はしっかりと空いてる空間へ収まっています。革の泥除けには少しあたりますが、革の泥除けは柔らかいので、全然収まります。

 

そして地面に対しても当たっていません。

つまり転がし輪行にも影響が無いのです。

完璧すぎる。これ本当は開発者の人がブロンプトンに装着するために開発したでしょ?って言いたくなりました。

まとめ

以上ドロップハンドルの素晴らしさを紹介しました。

 

これほどドロップハンドル化最高なので、純性オプションにしてよいレベルだと思うんですよね。

ラインナップとしてSハンドル、Mハンドル、PハンドルそしてDハンドル(ドロップハンドル)みたいな。

六角レンチ一つで誰でも取り付けられるし、安いので本当におススメ。装着の仕方は参照記事をご欄ください。

 

ブロンプトンの乗り味が変わるので、ぜひ試してみてほしい。

この他にも関連する記事はこちら

ブロンプトンに使えるドロップハンドルまとめ

【カスタマイズまとめ】やって良かったブロンプトンカスタムと、不要だったカスタム

コメント

タイトルとURLをコピーしました