2020/2/23

【誰でもできる】Chat-Wifi 100ギガSIMのスマホ設定方法【APN設定】

以前ご紹介したChat wifi社 100ギガSIM。私も契約してメイン回線にしてるわけですが、非常にお得なので契約された方も多いようです。 Chat wifIのSIMとはこれ↓ですね。 さて契約後のスマホ設定はだれでもできるレベルでカンタンです。 でも「念のために記載しておいてほしい」というご意見を踏まえ、実際契約してるスマホを使って、紹介しておきたいと思います。 今回はこんな問題を解決します。 Chat wifi社 100ギガSIMのスマホ側の設定って難しいのかな?自分にもできるだろうか? OKです。 ...

続きを読む

2020/2/20

【買った時に悩んだ】ハイガーのスピンバイクはどこが一番安くてお得だったか。【HG-YX-5001】

以前からハイガーのスピンバイクを愛用しております。 デザインがカッコいいし、一度買えばジム代かからずジムレベルのスピンバイクをずっと使える。 家の中でかっこいいスピンバイクで有酸素運動とかブルジョワかよ。最高すぎる。。。 \どーん!こんな感じで最高のスピンバイクが届くわけです/   今でこそこう言えるわけですが、買う前は心底悩みました。その中でももっとも悩んだコレを解決します。 ハイガーのスピンバイクを買うならどこが一番安くてお得なんだろう? そうなんですよね。これは確かに悩む。タイミング、店な ...

続きを読む

2020/2/19

Dahon k3Plusが入手できないので、16インチ7速ギアのRenault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Dahon k3Plusの記事がよく読まれています(感謝)。 かなり良さそうなミニベロなんですが、国内未発売で手に入らない。。。 そうなるとメンテナンスの問題などもあって、手を出せない人も多いわけです。 そのため、こんな風に思う人が日に日に増えてくるはずです。 Dahon k3plusと同じようなスペックで、まともなメーカーから折りたたみミニベロ発売されてないかな? この気持ち非常にわかります。深堀しつつ紹介していきましょう。 Dahon k3plusってこんなミニベロ。 Dahon k3plusをおさら ...

続きを読む

2020/2/16

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。 そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。 しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。 そこで今回はこんな問題を解決します。 Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも ...

続きを読む

2020/2/15

Renault?いいえ実物のサヴァーン FDB169(SAVA/SAVANE)に乗ってみた感想

最近折りたたみミニベロ界で話題に上がり始めてる(?)サヴァーン FDB169 。 この折りたたみミニベロはスペックがすさまじく、夢のような降りたたみミニベロです。 しかしスペック上はすごくても、実物はどうなんだ?って思う人も多いわけです。そこで実際に試乗させてもらい、乗ってみた私がレビュー記事を載せておきます。(あまり写真ないんですが、撮影許可もらいました) この記事はこんな方向けの記事です。 サヴァーン FDB169 のスペックがすごくて気になる!でも実物は全然ないし、実際に乗ってみた人の意見を見たいな ...

続きを読む

ガジェット

【マグネット充電レビュー】IphoneやAndroidをマグネット充電化カスタムが最高におススメな件。

最近よく思うのですがスマホの充電ってめんどくさくないですか?
一台しか電子機器を持ち歩いてない人は、そんなに苦でもないかもしれませんが、最近では色々なガジェットを持ち歩く人も増え、どんどん充電する端末が増えてきます。

そうするとだんだんこう思うんですよ。

日々の充電が面倒なんだよなぁ

以前その解決策の一つとしてワイヤレス充電化を紹介しました。

しかしながら、これでも課題があって落下防止リング背面につけてると充電ができない点や、充電口の位置が左右に偏ってる場合、利用できないという問題がありました

そこで今回はこんな問題を解決します。

スマホの充電を楽にしたい。Qiワイヤレス化以外でも他に方法はないかなぁ。

OK!この問題を深掘りしつつ解説していきましょう

解決策:スマホをマグネット充電化しよう。

先に結論を言ってしまうと、スマホをマグネット充電可能なようにカスタマイズするという方法で解決したいと思います。

ん?マグネット充電ってなんだろう?

そうですよね。知らない方もいるかと思いますので簡単にご説明しましょう。

マグネット充電は古くは Sony の xperia がやっていた充電方法です。xperia の充電口に磁力でくっつく端子を装着することで、充電が開始されるという仕組みです。

非常に手軽で良かったのですが、すでにXperiaはこの充電方法を廃止してしまっています。コストの面で削減されたのかと思います。

 

個人的にはすごく好きだったので残念です。

さてこの方法を、実は他社のAndroid や iPhone でも実現することが可能になりました。
その方法がこれです。

マグネット充電ケーブルとマグネットアダプタを使用する。

最近ではこういう商品が出ており、これを使えばマグネット充電が可能になります。

 

マグネットアダプタをスマホ側に差し込んでおきます。充電の際はマグネット充電ケーブルを近づけると『カチッ』と装着され、充電が開始されるという仕組みです。

実際にマグネットアダプタとマグネット充電ケーブルを自腹で購入してありますので、装着の様子を見てみたいと思います。
撮影しながらだったので、ちょっと一度ケーブルの位置をミスってますが、それでもスマホを近づけるだけで、後は磁力で吸い寄せられ勝手にケーブルが繋がります。

これがめちゃくちゃ便利です!

わざわざ、グッと差し込む必要もなく片手だけで充電ケーブルが装着可能になるわけです。しかも適当に近づけるだけで後は磁力で、自動的にくっつく

充電がラクになるというのは一見メリットは小さく見えます。でもいざマグネット充電化してみると毎日の充電が楽になるのは本当に快適です。

スマホの充電端子の故障を回避できる。【費用対効果抜群】

またもう一つメリットがあります。マグネットアダプタならば、スマホ本体の充電端子故障が回避できることです

この部分が壊れやすいのです。

これは思い当たる方も多いのではないでしょうか。毎日充電ケーブルを抜き差ししていると、だんだんとスマホ側の端子の接続が悪くなってきたりします。

あれ?充電ケーブルさしてもなんかうまく充電できない・・・・

こうなるとかなり致命的で、自分で直すことはできずメーカー持ち込みになります。そうなると一週間から2週間程度スマホは帰ってこないし、お金だって1万円程度かかります

しかしこのマグネットアダプターを充電端子に一度刺しておけば、充電端子とケーブルが直接接触することはないためスマホ本体側の充電端子は壊れません。


万が一マグネットアダプターが故障しても、数百円程度のマグネットアダプターを交換すればいいだけです。

つまりたった数百円で、①1~2週間の修理期間、②1万円の修理代を回避できるのです。 

費用対効果抜群ですね!

最近のマグネットケーブルは吸着力が強い

先程、以前の Xperiaで マグネットケーブルが使われていたと書きました。以前のマグネットケーブルには弱点がありました。それは以前のマグネットケーブルは吸着力が弱かったことです。

昔は磁力が弱かったので、ちょっと向きを変えるだけで、マグネットケーブルが外れたりしていましたね。

しかしながら最近のマグネットケーブルはその点もクリアしています。マグネットケーブルの吸着力が強くなっているということです。
どれぐらい強いかこれをご覧ください。

ケーブルを持った状態で上からスマホをぶら下げても大丈夫!

ご覧のように充電端子の部分は磁力だけで保持されています。上からぶら下げても大丈夫なほど磁力が強いのです。

そのため以前のような簡単にアダプタが外れてしまうストレスから解放されます。

すごい!以前の問題をクリアしている!

よく考えられていますよね。

あらゆるガジェットに使える。Iphone、Android、カメラ、タブレット全部OK!

このマグネット充電の素晴らしさは、かなり幅広い範囲に使えるという点もあげておきたいと思います。

マグネット充電端子は「lightning」,「MicroUSB Type−B」,「microUSB Type−C」など最近の充電企画にしっかり対応しています。

そのためほとんどの充電が必要なガジェットをマグネット充電化することが可能です。

またいろんなガジェットをマグネット充電化することにはメリットがあります。
それは。。。。

 

お手持ちのあらゆるガジェットを一本のマグネット充電ケーブルで、充電管理ができるようになるということです。

マグネット充電アダプタ側は「lightning」,「MicroUSB Type−B」,「microUSB Type−C」で、それぞれ形状が異なります

しかしマグネット充電ケーブルとの接合部分の規格は統一されており、一本のマグネット充電ケーブルで「lightning」,「MicroUSB Type−B」,「microUSB Type−C」などのマグネット充電端子と接続が可能になります。

そのため、お手持ちのガジェットを全てマグネット充電化すれば、IphoneもAndroidも同じ充電ケーブルで充電できるので、管理がしやすくなり劇的に充電が楽になります。

すごい!これでいろんな機種の充電ケーブルを持ち歩かなくてすみますね!

まとめ

一度味わってしまうとマグネット充電の楽さはやみつきです。特に充電とスマホ利用を頻繁に繰り返す人は充電のストレスがかなり減少して、快適度が増します。

最近はマグネットケーブルも端子もかなり安くなったので、一度試してみることをお勧めします。

モバイルバッテリーの充電自体が面倒な方向けの超楽なモバイルバッテリーも紹介しています。

 

 

PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.