<実使用レビュー>Tern Verge N8を輪行用に購入してみた

ガジェット

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

Tern Verge N8と縁があり、格安で入手する機会がありました。以前にも乗ったことはあるのですが当時と今では住環境が異なるため、Verge N8で自宅の周りで走行することがとても新鮮です。

とはいえ、一番最初に購入するときは『すでにロードバイクも、ミニベロもあるし追加する必要はあるのか?』悩み、ネット上でレビュー記事を読み漁さろうとしました。しかし。。。。!

Tern Verge N8を実際に輪行に使ってる人のレビュー記事が意外と少ない!

そうなんです。Tern Verge N8のレビュー記事ってあんまりたくさんないんです。有名どころの方の記事はあるんですが、私の場合は複数のレビュー記事を見て、総合的に判断したいのです。

そこで今回はこんな問題を解決します。

Tern Verge N8を輪行用に使いたいんだけど、実際のところどうなんだろう?

oK 深堀しつつ掘り下げていきましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tern Verge N8はこんなミニベロ

まずはTern verge N8を知らない方のために公式サイトから、主要スペックを紹介します。

ホイールサイズ:20インチ
ギア:8速
折りたたみ寸法:D38 x W79 x H72 cm
折りたたみ所要時間:10秒
ギアインチ:30.7″ – 89.3″インチ (2.45 – 7.13mm)
サイズ目安(SEATPOST TO HANDLEBAR):Min: 580 mm Max: 640 mm
サイズ目安(SADDLE TO PEDAL):Min: 690 mm Max: 950 mm
適正身長:142 – 190 cm

折りたたみミニベロにしてはなかなかしっかりしたスペックです。

公式サイトに『折りたたみ時間10秒』と書いてあるのかなりの強気表示だとは思いまけどね。

走ってみて:ミニベロ感はあるがかなり快適<疾走感あり>

走りの切れ味が良いです。走ってみるとわかるのですが疾走感があります。このスピード感を旅先で味わえるというのは結構すごいことです。

これなら持ち運んで旅先で走りたいと思えるなぁ!

そうなんですよね。この疾走感がない自転車だと『重い思いまでして輪行せずにレンタサイクルで良いのでは?』と頭をよぎります。しかしVerge N8はその思いが一切よぎりません。

若干気になる点もあり。

一方でそこまで気を抜いては走れないという感じもします。ミニベロ特有の直進性のクセがほんのわずかにあります。そのため両手を放した走行などは厳しいです(ブロンプトンはできる)。

まぁ致命的なほどではありません

見た目のカッコよさは特筆モノ

以前Twitterでもつぶやきましたが、かなりのカッコよさです。特にかっこいいポイントはまずフレーム形状。

このフレームの精悍さよ。(うっとり(*´∀`*))

引き締まった筋肉的なカッコよさを感じます。

そして、ホイールまわり。

このブラックのホイールがかなりかっこいい。ディープリム的な本来カスタムしないと手に入れられないカッコよさ。

それが購入時点でそのまま手に入るのですよ?

まじで素晴らしい。

エンブレムのデザインが手が込んでる。

Ternのエンブレムがかっこいいんですが、コレがただのエンブレムではなく曲線のストライプがかかっています。

ちょいちょい触ってニヤニヤしちゃいます。

折りたたみがカンタンな点もGood

Verge N8はよくある外折方式の折りたたみです。はじめての方も折りたたみでそこまで迷わないかと思います。

正直に申し上げてガジェット的な面白みはありません。でも初心者でも誰でもカンタンにできる折りたたみ構造というのはありがたいですね。

輪行関連のオプションが優秀。

Tern社は輪行関連のオプションが優秀です。例えばRapid TRANSIT Rackです。これは以前の記事でも紹介しましたが、輪行を非常に楽にするオプションです。
これですね。

これをつければ、ブロンプトンのようにキャスター付きの転がし輪行が可能になるわけです。

当然Verge N8にも装着可能です。

こういう実際の輪行を想定した、実用的なオプションが用意されてるのが大変素晴らしいです。

ただし純正オプションは若干値段高い。

ちなみにRapid TRANSIT Rackはお値段が張ります。ブロンプトン純正品達に比べればそれとも安いんですけどね。。。

対策としては以前紹介したキャリーカートがVerge N8でも使えます。

そのためこのキャリーカートをRapid TRANSIT Rack の代わりに利用するといいでしょう。

お値段1/5で圧倒的に安い!

※追記
4輪キャリーカートをVerge N8で実際利用するとどうなのか、記事を書きました。

ヒルクライム性能はかなり高い。

Verge N8はミニベロの中ではかなりのヒルクライム向きだと言えます。↑こういう坂を駆け上がるのに向いてます。

というのもギアは8段ありますが、軽めのギアが豊富なのです。個人的には5〜6段目ぐらいのギアでも相当軽く感じます。

 

そのためヒルクライム時にギアの枚数を減らしていくと、途中からかなり急な斜面でも立ち漕ぎ不要になってきます。それほど軽いギアがあります。

つまりVerge N8は軽めのギアが豊富で、適正なギアを見つけやすいです。そのためヒルクライムと相性の良いモデルと言えそうです。

まとめ

Verge N8が実際にどんなモデルかを認識いただけたでしょうか。お値段も安く、デザインもかっこいいので、万人に十分おすすめできるミニベロです。

これまでは輪行のめんどくささという問題がありました。しかし現在は純正の Rapid TRANSIT Rackやキャリーカートを使えば解消ができますので、輪行専用として買うのも十分ありかなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました