2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

2021/2/14

【新色レビュー】ABU ランガンメッセンジャーバッグ2は街なかOK&釣りOKでオシャレ

最近、釣りが再流行していますね。 というのもコロナ影響で、屋外で楽しめて近場でもOKだから。   私も再度釣りを始めた側ですが、改めて思ったのがこれ。 困った男性釣り用のバッグってダサいのが多い。。。   そうなんです。 釣り用のバッグは機能性重視で、見た目は二の次のモノが多い。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 釣り用のバッグがほしいんだけど、街なかでも恥ずかしくないオシャレさもほしい。そんなバッグないかなぁ?   OKです。 今回も自腹購入していますので ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

<買ってよかった>Tern Verge N8(ターン ヴァージュ n8)を輪行用に購入してみたのでレビュー

※7月26日追記。いまのVerge N8が割安だと思う根拠Rapid transit rack購入レビューを追加しました。

 

Tern Verge N8に縁があり、格安で入手する機会がありました。

以前にも乗ったことはあるのですが当時と今では住環境が異なるため、Verge N8で自宅の周りで走行することがとても新鮮です。

 

とはいえ、一番最初に購入するときは『すでにロードバイクも、ミニベロもあるし追加する必要はあるのか?』と悩みましたね。

 

そしてネット上でレビュー記事を読み漁さろうとしました。

しかし。。。。!

困った男性
Tern Verge N8を実際に輪行に使ってる人のレビュー記事が意外と少ない!

そうなんです。

Tern Verge N8のレビュー記事ってあんまりたくさんないんです。

 

有名どころの方の記事はあるんですが、私の場合は複数のレビュー記事を見て、総合的に判断したいのです。

そこで今回はこんな問題を解決します。

Tern Verge N8を輪行用に使いたいんだけど、実際のところどうなんだろう?

oK 深堀しつつ掘り下げていきましょう

※Verge N8が明らかに割安な理由の記事を書きましたのでこちらもどうぞ。

 

※ちなみにVerge N8を買ったら後悔しないかなぁ。。。と悩んでる方にはこの記事も。

用途を掘り下げてみましたので、読んでみてください。

 

Tern Verge N8はこんなミニベロ

まずはTern verge N8を知らない方のために公式サイトから、主要スペックを紹介します。

ホイールサイズ:20インチ
ギア:8速
折りたたみ寸法:D38 x W79 x H72 cm
折りたたみ所要時間:10秒
ギアインチ:30.7" – 89.3"インチ (2.45 – 7.13mm)
サイズ目安(SEATPOST TO HANDLEBAR):Min: 580 mm Max: 640 mm
サイズ目安(SADDLE TO PEDAL):Min: 690 mm Max: 950 mm
適正身長:142 - 190 cm

 

折りたたみミニベロにしてはなかなかしっかりしたスペックです。

公式サイトに『折りたたみ時間10秒』と書いてあるのかなりの強気な表示だとは思いますけどね。

 

ちなみにVerge N8とLINK A7で迷う人も多いかもです。その方のために考えるべきポイントはコレです。

 

走ってみて:ミニベロ感はあるがかなり快適<疾走感あり>

走りの切れ味が良いです。

走ってみるとわかるのですが疾走感があるのです。

 

このスピード感を旅先で味わえるというのは結構すごいこと。

これなら持ち運んで旅先で走りたいと思えるなぁ!

そうなんですよね。

この疾走感がない自転車だと『重い思いまでして輪行せずにレンタサイクルで良いのでは?』と頭をよぎります。

 

しかしVerge N8はその思いが一切よぎりません。

若干気になる点もあり。

一方でそこまで気を抜いては走れないという感じもします。

というのもミニベロ特有の直進性のクセがほんのわずかにあります

 

そのため両手を放した走行などは厳しいです(ブロンプトンはできる)。

まぁ致命的なほどではありません

見た目のカッコよさは特筆モノ

以前Twitterでもつぶやきましたが、かなりのカッコよさです。

特にかっこいいポイントはまずフレーム形状。

このフレームの精悍さよ。(うっとり(*´∀`*))

引き締まった筋肉的なカッコよさを感じます。

そして、ホイールまわり。

このブラックのホイールがかなりかっこいい。

ディープリム的な本来カスタムしないと手に入れられないカッコよさ。

それが購入時点でそのまま手に入るのですよ?まじで素晴らしい。

 

エンブレムのデザインが手が込んでる。

Ternのエンブレムがかっこいいんですよ。

よく見るとコレがただのエンブレムではない。

 

なんと曲線のストライプがかかっています。

ちょいちょい触ってニヤニヤしちゃいます。

折りたたみがカンタンな点もGood

Verge N8はよくある外折方式の折りたたみです。

はじめての方も折りたたみでそこまで迷わないかと思います。

 

正直に申し上げてガジェット的な面白みはありません。

初心者でも誰でもカンタンにできる折りたたみ構造というのはありがたいですね。

 

輪行関連のオプションが優秀。

Tern社は輪行関連のオプションが優秀です。

例えばRapid TRANSIT Rackです。

 

これは以前の記事でも紹介しましたが、輪行を非常に楽にするオプションです。
これですね。

 

在庫ない場合はこちら↓から。

これをつければ、ブロンプトンのようにキャスター付きの転がし輪行が可能になるわけです。

当然Verge N8にも装着可能です。

こういう実際の輪行を想定した、実用的なオプションが用意されてるのが大変素晴らしいです。

※後日購入したのでレビュー書いてます。

 

ちなみにVerge N8を輪行可能にするまでの流れはココに書きました。

ただし純正オプションは若干値段高い。

ちなみにRapid TRANSIT Rackはお値段が張ります。ブロンプトン純正品達に比べればそれとも安いんですけどね。。。

 

対策としては以前紹介したキャリーカートがVerge N8でも使えます。

そのためこのキャリーカートをRapid TRANSIT Rack の代わりに利用するといいでしょう。

お値段1/5で圧倒的に安い!

※追記
4輪キャリーカートをVerge N8で実際利用するとどうなのか、記事を書きました。

ヒルクライム性能はかなり高い。

Verge N8はミニベロの中ではかなりのヒルクライム向きだと言えます。↑こういう坂を駆け上がるのに向いてます。

というのもギアは8段ありますが、軽めのギアが豊富なのです。

個人的には5〜6段目ぐらいのギアでも相当軽く感じます。

 

そのためヒルクライム時にギアの枚数を減らしていくと、途中からかなり急な斜面でも立ち漕ぎ不要になってきます。それほど軽いギアがあります。

つまりVerge N8は軽めのギアが豊富で、適正なギアを見つけやすいです。

そのためヒルクライムと相性の良いモデルと言えそうです。

 

Verge N8でヒルクライムしつつデイキャンプとか行くと、お金かからないのに楽しくてわりと幸せです。

 

よりヒルクライム向きにするためドロップハンドル化しました。

誰でもカンタンに挫折せず10分あればドロップハンドル化させる記事です。↓

 

ちなみにVerge N8を買ったら後悔しないかなぁ。。。とまだ悩んでる方にはこの記事。

もっと用途を掘り下げてみましたので、読んでみてください。

 

輪行するなら360度カメラがあると愛車と風景まるごと記録できて最高です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

詳しく見る

まとめ

Verge N8が実際にどんなモデルかを認識いただけたでしょうか。

 

お値段も安く、デザインもかっこいいので、万人に十分おすすめできるミニベロです。

これまでは輪行の面倒さという問題がありました。

 

しかし現在は純正の Rapid TRANSIT Rackやキャリーカートを使えば解消ができます。

なので輪行専用として買うのも十分ありかなと思います。

在庫ない場合はこちら↓から。

 

ちなみにVerge N8を輪行可能にするまでの流れはココに書きました。

 

※おまけ Verge N8とLINK A7で迷う人向けに

Verge N8とLINK A7で迷う人も多いかもです。その方のために考えるべきポイントはコレです。

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.