2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。

そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。

しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。

そこで今回はこんな問題を解決します。

Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも両手がふさがるのは避けたい。いい方法はないかなぁ。

OKです。この問題を深堀しつつ解決していきましょう。

ちなみにDahon k3と同様のサイズであるサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169もコレを使えるはず。

Dahon k3はコンパクト。でも手に持って輪行はすこし邪魔

Dahon k3は折りたたむと、かなりコンパクトになる。寸法はなんとW65xH59xD28であり、他社の折りたたみミニベロに比べてもかなりコンパクト。

とはいえ、普通の荷物と考えるとそこそこデカいし、輪行時に持ち運ぶときは片手または両手がふさがります。

この「手がふさがる」というのは輪行時に結構鬱陶しかったりします。

 

例えば改札を通るときには、切符を通さないといけないし、スマホを見たい時にもDahon k3の持ち運びで手がふさがってたりします。

また他にも小さな問題があります。輪行時に抱えて歩くときも体が車体に当たったり、小さなストレスがじわじわ来るわけです。

取り回しに関する小さな不快が複数あるってかんじですね。

じゃあどうするかというと、コレです。

 

Dahon K3を背負うスタイルで輪行する

コレを使って背負って輪行するという方法があります。

 

手に持たず背負ってしまう。逆転の発想ですね。載るはずの自転車に載られるというわけです。

これで背負ってしまえば輪行で持ち運ぶ際も両手がふさがらないし、車体を無理な体勢で抱えて歩く必要がありません。

つまり普通に歩くことができるのです。

ちなみにこの輪行袋にはうち袋があります。

こんな感じで内袋を使えば、自転車むき出しとはなりません。絶妙に中身に対して、目隠しになるし結構ありだと思います。

でも背負うスタイルとなれば気になるのは、コレです。

背負うとかなりの負担なんじゃないか?

という事です。ではその点も見てみましょう。

 

Dahon K3は7.8kgで軽い⇒負担少ない

Dahon K3の軽さがここで活きてきます。Dahon K3は折りたたみミニベロ界でもかなりの軽さで7.8kgしかありません。

これのおかげで背負うリュックスタイルでも体への負担は少ないのです。

この軽さゆえに背負うリュックスタイルも現実的であるといえますね。

JR駅構内ではとりあえず背負って持ち運び、電車内ではこれを下ろして床に置くわけです。

常に背負っておく必要は無いですからね。

こうすれば一番大変なJR駅構内を颯爽と歩けるし、電車内では下におろして楽に過ごせます。

ちなみに14インチだけではなく、16インチのミニベロまで対応しています。

 

まとめ

リュックスタイルを導入することでDahon K3やサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169の輪行がさらに気軽になりますね。

両手がフリーな状態で輪行できるって予想以上に快適です。

もともとDahon K3専用ではないけど、流用できるのでお得に使っていきましょう!

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.