2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。

そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。

しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。

そこで今回はこんな問題を解決します。

Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも両手がふさがるのは避けたい。いい方法はないかなぁ。

OKです。この問題を深堀しつつ解決していきましょう。

ちなみにDahon k3と同様のサイズであるサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169もコレを使えるはず。

Dahon k3はコンパクト。でも手に持って輪行はすこし邪魔

Dahon k3は折りたたむと、かなりコンパクトになる。寸法はなんとW65xH59xD28であり、他社の折りたたみミニベロに比べてもかなりコンパクト。

とはいえ、普通の荷物と考えるとそこそこデカいし、輪行時に持ち運ぶときは片手または両手がふさがります。

この「手がふさがる」というのは輪行時に結構鬱陶しかったりします。

 

例えば改札を通るときには、切符を通さないといけないし、スマホを見たい時にもDahon k3の持ち運びで手がふさがってたりします。

また他にも小さな問題があります。輪行時に抱えて歩くときも体が車体に当たったり、小さなストレスがじわじわ来るわけです。

取り回しに関する小さな不快が複数あるってかんじですね。

じゃあどうするかというと、コレです。

 

Dahon K3を背負うスタイルで輪行する

コレを使って背負って輪行するという方法があります。

 

手に持たず背負ってしまう。逆転の発想ですね。載るはずの自転車に載られるというわけです。

これで背負ってしまえば輪行で持ち運ぶ際も両手がふさがらないし、車体を無理な体勢で抱えて歩く必要がありません。

つまり普通に歩くことができるのです。

ちなみにこの輪行袋にはうち袋があります。

こんな感じで内袋を使えば、自転車むき出しとはなりません。絶妙に中身に対して、目隠しになるし結構ありだと思います。

でも背負うスタイルとなれば気になるのは、コレです。

背負うとかなりの負担なんじゃないか?

という事です。ではその点も見てみましょう。

 

Dahon K3は7.8kgで軽い⇒負担少ない

Dahon K3の軽さがここで活きてきます。Dahon K3は折りたたみミニベロ界でもかなりの軽さで7.8kgしかありません。

これのおかげで背負うリュックスタイルでも体への負担は少ないのです。

この軽さゆえに背負うリュックスタイルも現実的であるといえますね。

JR駅構内ではとりあえず背負って持ち運び、電車内ではこれを下ろして床に置くわけです。

常に背負っておく必要は無いですからね。

こうすれば一番大変なJR駅構内を颯爽と歩けるし、電車内では下におろして楽に過ごせます。

ちなみに14インチだけではなく、16インチのミニベロまで対応しています。

 

まとめ

リュックスタイルを導入することでDahon K3やサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169の輪行がさらに気軽になりますね。

両手がフリーな状態で輪行できるって予想以上に快適です。

もともとDahon K3専用ではないけど、流用できるのでお得に使っていきましょう!

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.