2021/5/9

【ド級の高額】超高級キーボードHHKB(ハッピーハックキーボード)を実際に買ってみたレビュー

道具に対しては惜しみない投資をするようにしています。 特に以前から、キーボード関連ではかなりいろんなものを試しています。   そんななか、ず-っと気になっていたのがHHKB(ハッピーハックキーボード)です。 一件なんの変哲もなさそうなキーボード。 なのに超高額。   キーボードでこんな高額品を買うやつは頭がおかしい。。。。 そう思って避けてました。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 HHKB高すぎるんだよなぁ。実際に自腹購入した人の記事が読みたいなぁ?   ...

続きを読む

2021/5/8

【購入レビュー】TERN Link A7を買ってみて気に入っているポイント①

TERN Link a7を以前購入したという記事を書きました。 これしばらく使ってみて、めっちゃ気に入ってるポイントがあります。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN Link a7の購入で迷っている。本当に買って満足できるかなぁ?   OKです。 今回も自腹購入していますので、紹介していきます。   TERN LINK A7はこんな折りたたみ自転車 まず最初にどんな自転車かを紹介します。 購入したのはこれです。 リンク この折りたたみ自転車、一見ふつうです。 ...

続きを読む

2021/4/29

【ロマンで購入】スコーピオンBFSとアルデバランBFSを比較するなら断然こっちだろ・・・!

熱い三流なら上等よ・・・! このセリフは漫画「アカギ」での銘セリフ。   この言葉はシマノが誇るリール、スコーピオンBFSとアルデバランBFSでどっちを買うべきか迷う釣り人たちに光明を与える至言(しげん)です。   さてこの記事はこんな方向けの記事です。 スコーピオンBFSとアルデバランBFSのどっちを買えばいいんだろう。とても迷ってなかなか決められない!   うーん、よくわかります。 なんかこの2つのリールは、結構キャラ被ってるんです。   そこでこの問題を深堀し ...

続きを読む

2021/5/8

【どっちも自腹購入】TERN社のVERGEやLINKを買ったのに、ブロンプトンを買いたくなってるあなたへ捧げる

く、悔しい・・・・ ブロンプトンの値段の高さに圧倒され、TERNのミニベロを選んだあなた。   しかし時の経過とともにブロンプトンがもつ、転がし輪行の圧倒的メリットを知り、泣き崩れる。 大都会のビルの谷間。無情な雨粒があなたを打つ・・・ ・・・涙をお拭きなさい。解決策はあります。 差し出されるハンカチ。。。   ~プロローグ~ 初めて本格的な折りたたみ自転車を買うときにTERNを選ぶユーザーは多い。 それもそのはず。 お値段がお買い得なのです。   しかし転がし輪行の圧倒的な ...

続きを読む

2021/4/3

【ブロンプトンやその他ミニベロ】輪行をラクにするためのアイテムまとめ

輪行は超たのしい。それは間違いない。   でもちょっと大変でもあります。 実はこう思ってませんか?   もうちょっとラクに輪行したなぁ・・・   そこで今回はこんな方向けの記事です。 輪行をラクにするためのアイテムを知りたい!そしてラクしたいけど方法ないかなぁ?   OKです。 全輪行ユーザーの悲願である輪行をラクにする方法を紹介していきます。   キャリーカート まず圧倒的にキャリーカートが便利です。 リンク   というのも、転がし輪行が可能に ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。

K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。

 

ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそう。

でもこちらは国内未発売。

そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。

 

しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒なわけです。

 

ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。

とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。

そこで今回はこんな問題を解決します。

 

Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも両手がふさがるのは避けたい。いい方法はないかなぁ。

OKです。この問題を深堀しつつ解決していきましょう。

 

ちなみにDahon k3と同様のサイズであるサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169もコレを使えるはず。

 

Dahon k3はコンパクト。でも手に持って輪行はすこし邪魔

まずDAHON K3はコレです。

 

Dahon k3は折りたたむと、かなりコンパクトになるのが特徴。

寸法はなんとW65xH59xD28であり、他社の折りたたみミニベロに比べてもかなりコンパクト

とはいえ、普通の荷物と考えるとそこそこデカいし。

輪行時に持ち運ぶときは片手または両手がふさがりますね。

 

この「手がふさがる」というのは輪行時に結構鬱陶しかったりします。

 

例えば改札を通るときには、切符を通さないといけない。

さらにスマホを見たい時にもDahon k3の持ち運びで、手がふさがってたりします

手がふさがるのは結構しんどいですよね

 

また他にも小さな問題があります。

輪行時に抱えて歩くときも体が車体に当たったり、小さなストレスがじわじわ来るわけです。

取り回しに関する小さな不快が複数あるってかんじですね。

 

じゃあどうするかというと、コレです。

 

Dahon K3を背負うスタイルで輪行する

コレを使って背負って輪行するという方法があります。

手に持たず背負ってしまう。

逆転の発想というわけですね。

載るはずの自転車に載られるというわけです。

 

これで背負ってしまえば輪行で持ち運ぶ際も両手がふさがらない。

さらに車体を無理な体勢で抱えて歩く必要がありません

つまり普通に歩くことができるのです。

ちなみにこの輪行袋には内袋があります。

こんな感じで内袋を使えば、自転車むき出しとはなりません。

 

絶妙に中身に対して、目隠しになるし結構ありだと思います。

でも背負うスタイルとなれば気になるのは、コレです。

背負うとかなりの負担なんじゃないか?

という事です。ではその点も見てみましょう。

 

Dahon K3は7.8kgで軽い⇒負担少ない

Dahon K3の軽さがここで活きてきます。

Dahon K3は折りたたみミニベロ界でもかなりの軽さで7.8kgしかありません

これのおかげで背負うリュックスタイルでも体への負担は少ないのです。

 

この軽さゆえに背負うリュックスタイルも現実的であるといえますね。

JR駅構内ではとりあえず背負って持ち運び、電車内ではこれを下ろして床に置くわけです。

常に背負っておく必要は無いですからね。

 

こうすれば一番大変なJR駅構内を颯爽と歩けるし、電車内では下におろして楽に過ごせます。

ちなみに14インチだけではなく、16インチのミニベロまで対応しています。

 

まとめ

リュックスタイルを導入することでDahon K3やサヴァーン SAVARN(SAVA) FDB169の輪行がさらに気軽になりますね。

両手がフリーな状態で輪行できるって予想以上に快適です。

もともとDahon K3専用ではないけど、流用できるのでお得に使っていきましょう!

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.