2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

Verge N8(ヴァージュ n8)の登坂性能に改めて驚いた件

以前から愛用してるTern Verge N8。先日は輪行して琵琶湖にも行ってきました。

さてそのTern Verge N8に毎日乗ってるわけですが、所有して半年くらいが立つ先日改めて登坂性能に驚かされたので、紹介したいと思います。

この記事はこんな方向けの記事です。

Tern Verge N8の登坂性能ってそんなにすごいの?どれくらいの斜度を登れるんだろう?

OKです。実際に上って確かめてみたので紹介していきます。

近所にある恐怖を感じるほどの下り坂

私の通勤経路の近くには20m程度の区間ですが、非常に傾斜の厳しい近道があります。

どれくらい傾斜が厳しいかというと、自転車に乗ったまま下ろうとするとひっくり返るのでは?と恐怖を感じるほどの傾斜。(↓これはまた別の激坂)

通常は徐々にブレーキをかけてるから大丈夫だけど、急にブレーキを掛けたら確実に前にひっくり返ると断言できます。

まあ下りだからたまに恐る恐る降りたりしますが、登りは無理すぎて迂回してました。

 

傾斜を測ったら 27%〜30%だった!

さて先日その坂の傾斜を測ってみることにしました。

最近だとアプリで測れるので、測った結果は。。。

27%!!

困った男性
あ、どうりできついはずだわ

ちなみに坂も場所によってはかなりきつい区間があったので、そこも測ると、、、

30%!!!!

これはキツイ!やはり数値で測ると明確になっていいですね。

 

絶対無理だと思った坂に登れてしまった

こんな傾斜なわけですから、登れるわけがないのです。8年ほど前にロードバイクを買ったときに謎の万能感もあってチャレンジしました。

 

しかし登りきることはできず全体の5分の2くらいで敗退しました。もちろん一番軽いギアで、ですよ?

だからこう思うわけです。

困った男性
この坂は自転車で登る坂ではないんだなぁ。

しかし、しかしですよ!

先日Tern Verge N8でチャレンジしたことがないのを思い出し、登坂にチャレンジしたわけです。

あまりにも激坂なので、一番軽いギアでチャレンジした結果!

うぐぐぐぐっ!苦しい!(ギリギリだけどクランク回せてる!)

という事でじわじわ進めたわけです。

ちなみに道幅は70cmくらいしかないので、蛇行はできません。しかもちょっとS字カーブしてるのでハンドリングも求められますw

そしてどうにか、立ちこぎも交えてクランクを回してましたが、バランスを崩し2回ほど、前輪タイヤが浮き上がりました。

ひえええ

登りだと傾斜がきつすぎて、後ろにひっくり返る恐怖を味わいました。しかしどうにか登れてしまったわけです。

その時感じたのが率直にこれでした。

Verge N8の登坂性能すごい!

Verge N8はヒルクライム向けの軽めのギアが豊富で、特に今回は一番軽い32Tギアに助けられました。

前々からVerge N8でヒルクライムに行くのってかなりアリだと思ってましたが、今回の一件で確信しました。

まぁただし今回、辛くもの激坂を登りきれたのは簡易ドロップハンドル化も貢献していると思います。

いつもの奴ですが、こいつ本当に良く働いてくれるので大好きです。利便性は増したいが、面倒なカスタムが嫌いな私にとって相棒的存在です。

このドロップハンドルはVerge N8だろうが、ブロンプトンだろうがどんな車種にも装着できるのでホント最高だと思ってます。

 

「登れないだろうなぁ」から「えっ!登れた!」になるとテンション爆上げ

激坂って見た瞬間なんとなく登坂の可否を予測しちゃいます。

それで「登れないだろうなぁ」とか予想を立てるわけです。

実際に過去ロードバイクでチャレンジしたときに登れてませんから、その予測は正しかったわけです。

しかし、今回Verge N8で登れてしまい「え!登れた!」となった瞬間、テンションの上がり具合がヤバかったです。

ついにやってやったぞ!という謎の達成感がわきました。

日常の生活圏でこういう喜びを味わえるのでやはりサイクリングと激坂チャレンジはやめられません。

その相棒としてVerge N8はうってつけだし、ガンガン使っていきたいですね。

まとめ

普通に走ってもかなり爽快感があるし、ヒルクライムにも強い。さらにドロップ化するとより最強になるのでホントおススメです。

またVerge N8は転がし輪行可能にする方法もあって以下の記事でレビューしています。

ちなみにVerge N8は、この性能で今の価格はかなり安いと思ってます。その理由はこちらの記事をどうぞ。

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.