2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット 生活改善

【右耳のみ、左耳のみ 片耳利用OK】TRUE ENGINE SE 独立型ワイヤレスイヤホンレビュー

最近完全ワイヤレスイヤホンがだんだんと主流になってきました。
というのも以前は高かった完全ワイヤレスイヤホンも、値段がかなり下がってきたからです。

それだけではなく、競合をさけるために機能特化型のワイヤレスイヤホンもでてきました。いろんな人の要望に応えられる程レパートリーがでてきたわけです。これとか置くだけで充電できるワイヤレス充電イヤホンです。

そのなかで音質の良さを売りにするようなタイプも出てきて、大変興味がわいたわけです。

 

そこで今回はこんな方向けの記事です。

音質がいいという噂のTRUE ENGINE SEって本当に、すごいのかな?

実際に自腹購入してみたので使い勝手等も含めて紹介していきたいと思います。先に結論から言うと『音質⇒GOOD!、それ以外にも利便性の高さが際立つイヤホン』という評価です。

 

音質は噂に違わず良い(低音がしっかり響く、音声がクリア)

購入したのはこれです。

まず音質の良さから説明していきましょう。現状1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンは、そんなに音質が良くないものがほとんどです。

かといって聞いていて苦痛なほどでもない程度、というものが多いです。

しかしながらTRUE ENGINE SEは例外でした。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず、ハっとする音質の良さだったんです

しっかりと低音が響く。一方で低音重視しすぎて他の音域がこもってるわけでもありません。
明らかに、安物の完全ワイヤレスイヤホンとは頭一つとび抜けている音の良さ。

正直言ってあまり期待してなかったので、これはすごく意外でした。

で、当初はこの音質の良さに的をしぼってレビューするつもりでした。でも使っていくうちに利便性の高さが際立っていることに気が付きましたので、書いていきたいと思います。

 

片耳だけの利用 OK!(右耳のみ、左耳のみも可能!)

完全ワイヤレスイヤホンにおいて『真の意味で片耳で使えるイヤホン』は少ない。
どういう事かと言うと、大抵の完全ワイヤレスイヤホンは『右のみ片方で使える』というものが多いのです。

右のみで使う場合は問題ありません。しかし他のイヤホンは左のみで使いたいという場合にできないモノがほとんどです

◆他のモデル↓

つまりこういう運用時に困ります。

右のみで音楽を聴いており、電池がなくなったら今度は左のみで音楽を聞く。その間に右はケースに戻して充電しておく。
こういう使い方は『真の意味で片耳で使えるイヤホン』じゃないと出来ないのです。

TRUE ENGINE SEは右耳でも左耳でも、どちらも単独で使えるのです。そのため上記の運用が可能です。充電中だから音楽が聴けない!という状況がなくなります。

これは超絶素晴らしい!

 

ちなみに左イヤホンはIphoneとペアリング、右イヤホンはAndroidスマホとペアリングということもできます。

つまり1台で2台とペアリングできるわけです。

具体的には

「左イヤホンをIphoneのKindle読み上げをさせ、右イヤホンはAndroidで音楽を聴く」と使い分けもありだと思います。

 

【切り替えが超早い】片耳利用から両耳利用への切り替え

先ほど述べたように、私はよく片耳ずつイヤホンを利用してます。その時に切り替えが遅いと地味にストレスがあります。

しかしながらTRUE ENGINE SEならば1~2秒程度で切り替えが可能です。
これはかなり素早くて切り替えによるストレスはほぼありません。他社と比べてもかなり速いです。

これは『QCC3020』という優秀なチップを積んでるおかげ。明らかに他社よりも動作が早いことを実感できます

チップがマジでいい仕事している!

デザインが非常に良い。

1万円以下のワイヤレスイヤホンは、デザインが似通ったものが多い。
しかしTRUE ENGINE SEは一部クリアな素材を使い、あえて中身を見せています。それによってデザイン上のメリハリがあって物欲を刺激してきます。

個人的にはこのクリア部分すごく好きです。ドライバーの箇所が見えててGood

まあこのようにTRUE ENGINE SEは素晴らしいポイントが多い。
しかしマイナスなポイントもあるのでそれも正直に書いていきます。

フィット感で若干難あり。(耳の穴が小さい人は非推奨)

TRUE ENGINE SEは2基のドライバーを搭載しています。そのおかげで音質がいいわけですが、イヤホン自体のサイズがちょっと大きい。

他社製と比較をすると、これくらいサイズ差があります

そのためフィット感にわずかに影響が出ています。
簡単に言うと耳の穴が小さい人はズレやすいと言えます。かといってポロっと落ちてしまう程ではありません。『なんかちょっとずれてるなぁ』ぐらいのものです。

指でおし戻せば解決です。気になる方もいるかと思うので記載しておきました。

まとめ

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては、かなり完成度の高いイヤホンです。

もともとのウリである音質の良さだけでも十分ですが、使い勝手面の良さが光るイヤホンです

 

ちなみに充電すらもワイヤレスにしたい方はこちらもどうぞ。超完全ワイヤレスイヤホンです。

PR

-ガジェット, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.