2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

【ブロンプトンで解決!】ソロキャンプ時の汗でリュック‐背中間 びちょびちょ問題 

ソロキャンプ時には荷物をどれだけ減らしても、リュックで背負うスタイルを避けられない。

私は一時期超軽量なウルトラライトスタイルをやっていて、重量的には快適でした。でも結局、荷物はあるので、背負うリュックスタイルに行きつくわけです。

そのため暑い時期は、リュックの部分で背中が汗でびちゃびちゃ・・・圧倒的不快です

しかし最近思うのが、ブロンプトンで解決できるんじゃないか?という事です。

そこで今回はこんな方向けの記事です。

ソロキャンプ(またはキャンプ時)の背中びちゃびちゃ問題を解決したいなぁ。

OKです。深堀しつつ解決していきましょう。

荷物減らしても、リュックがある限り背中はびちゃびちゃ。

最初にこのびちゃびちゃ問題を解決するために、キャンプギアをウルトラライト(超軽量)スタイルに移行しました。

例えばテント代わりにヘネシーハンモックを使っていました。コレです。

これのウルトラライトバックパッカーというモデルでソロキャンプしていたわけです。重量的には860gしかありません。テント界では破格の軽さです。

これに加えて、マットをイナーシャオゾンのクライミットという超軽量モデルを使ってました。

コレです。

レビューも書いてるので、詳細はそちらをご覧ください。

このようにウルトラライト界隈では上位の装備を使っていました。でも、リュックで背負う限り背中は汗でびちょびちょ。

軽さで背中びちょびちょ問題は解決しないのです。

困った男性
うーん、解決ならず。

そこで次のアプローチです。

 

背中がメッシュスタイルのリュックを導入。

この「背中汗でびちょびちょ問題」は皆、不快なようです。なので解決のためのアイテムが存在します。

それがこの背中側がメッシュになっているリュックです。

赤い囲みの箇所がメッシュになっており、背中とリュックの間に隙間を作る構造になってるんです!

これによって背中を側の通気性が向上して、汗でびちょびちょになるのを防ぐことができます。これで解決!

・・と思いきや。。。

確かに通気性はイイんです。直にリュックを背負うよりもだいぶマシ。

でもメッシュ部分と背中が触れるため、やはり汗でびちゃびちゃになります

困った男性
もうこの問題は解決不可能だ。。。

と当時はあきらめたわけです。

 

そして月日は経ちました。。

その間に「ブロンプトンでソロキャンプ」という趣味に目覚めたわけです。

そしてそのとき気づいてしまった。この解決策に。

 

ブロンプトンに荷物持たせれば解決じゃん!

そう。背中で持つから汗でびちょびちょになるのです。

もう自分で得背負うことはあきらめて、汗をかかないブロンプトンに持たせればいいんです

たしかに!これだ!

ブロンプトンは荷物の可搬性がかなり高く、キャンプとも親和性があります。

以前30リットルクラスのリュックを括り付けて、走行しました。これですね

この時、走行による風で背中の汗は冷却され、蒸れとは無縁でした。

つまりテントや寝袋、調理器具を持ち運びつつ「背中の汗でびちょびちょ問題」を回避できるわけです

もうあきらめてびちょびちょを受け入れてたから、夢のような案です。

ソロキャンプ勢にはブロンプトンで運ばせる案がマジでおススメです。

 

まとめ

ブロンプトンをキャンプギアとして買うという逆転の発想でした。

なかなかキャンプ用品店にはブロンプトンは置いてません。そのためほとんどの方はこの発想に到達することはなさそう。

でもマジでキャンプが捗るようになるのでおススメです❢

ちなみにブロンプトン高すぎ!って方はこちらがおススメ。

新品は買えないから中古のブロンプトンを買う!って方はこちらを読みましょう。中古でチェックすべきポイントと地雷ポイントが書いてあります(経験談)

 

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.