2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

【ブロンプトンで解決!】ソロキャンプ時の汗でリュック‐背中間 びちょびちょ問題 

ソロキャンプ時には荷物をどれだけ減らしても、リュックで背負うスタイルを避けられない。

私は一時期超軽量なウルトラライトスタイルをやっていて、重量的には快適でした。でも結局、荷物はあるので、背負うリュックスタイルに行きつくわけです。

そのため暑い時期は、リュックの部分で背中が汗でびちゃびちゃ・・・圧倒的不快です

しかし最近思うのが、ブロンプトンで解決できるんじゃないか?という事です。

そこで今回はこんな方向けの記事です。

ソロキャンプ(またはキャンプ時)の背中びちゃびちゃ問題を解決したいなぁ。

OKです。深堀しつつ解決していきましょう。

荷物減らしても、リュックがある限り背中はびちゃびちゃ。

最初にこのびちゃびちゃ問題を解決するために、キャンプギアをウルトラライト(超軽量)スタイルに移行しました。

例えばテント代わりにヘネシーハンモックを使っていました。コレです。

これのウルトラライトバックパッカーというモデルでソロキャンプしていたわけです。重量的には860gしかありません。テント界では破格の軽さです。

これに加えて、マットをイナーシャオゾンのクライミットという超軽量モデルを使ってました。

コレです。

レビューも書いてるので、詳細はそちらをご覧ください。

このようにウルトラライト界隈では上位の装備を使っていました。でも、リュックで背負う限り背中は汗でびちょびちょ。

軽さで背中びちょびちょ問題は解決しないのです。

困った男性
うーん、解決ならず。

そこで次のアプローチです。

 

背中がメッシュスタイルのリュックを導入。

この「背中汗でびちょびちょ問題」は皆、不快なようです。なので解決のためのアイテムが存在します。

それがこの背中側がメッシュになっているリュックです。

赤い囲みの箇所がメッシュになっており、背中とリュックの間に隙間を作る構造になってるんです!

これによって背中を側の通気性が向上して、汗でびちょびちょになるのを防ぐことができます。これで解決!

・・と思いきや。。。

確かに通気性はイイんです。直にリュックを背負うよりもだいぶマシ。

でもメッシュ部分と背中が触れるため、やはり汗でびちゃびちゃになります

困った男性
もうこの問題は解決不可能だ。。。

と当時はあきらめたわけです。

 

そして月日は経ちました。。

その間に「ブロンプトンでソロキャンプ」という趣味に目覚めたわけです。

そしてそのとき気づいてしまった。この解決策に。

 

ブロンプトンに荷物持たせれば解決じゃん!

そう。背中で持つから汗でびちょびちょになるのです。

もう自分で得背負うことはあきらめて、汗をかかないブロンプトンに持たせればいいんです

たしかに!これだ!

ブロンプトンは荷物の可搬性がかなり高く、キャンプとも親和性があります。

以前30リットルクラスのリュックを括り付けて、走行しました。これですね

この時、走行による風で背中の汗は冷却され、蒸れとは無縁でした。

つまりテントや寝袋、調理器具を持ち運びつつ「背中の汗でびちょびちょ問題」を回避できるわけです

もうあきらめてびちょびちょを受け入れてたから、夢のような案です。

ソロキャンプ勢にはブロンプトンで運ばせる案がマジでおススメです。

 

まとめ

ブロンプトンをキャンプギアとして買うという逆転の発想でした。

なかなかキャンプ用品店にはブロンプトンは置いてません。そのためほとんどの方はこの発想に到達することはなさそう。

でもマジでキャンプが捗るようになるのでおススメです❢

ちなみにブロンプトン高すぎ!って方はこちらがおススメ。

新品は買えないから中古のブロンプトンを買う!って方はこちらを読みましょう。中古でチェックすべきポイントと地雷ポイントが書いてあります(経験談)

 

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.