2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

ガジェット 生活改善

【レビュー】Xiaomi Mi9T (K20)購入してみたら、安いのにプレミアムで幸せ

先日遅まきながらXiaomi Mi9T (K20)を入手しました。

以前から欲しかったのですが、ついに今回入手するチャンスに恵まれましたので、紹介していきます。

この記事はこんな方向けの記事です。

 

Xiaomi Mi9T (K20)が気になるんだけど、実際どうなんだろう?

OKです。実際に使ってる人のレビューとして、自腹購入してあるので紹介していきます。

 

購入したのはコレです

 

Xiaomi Mi9T (K20)は安いのにプレミアム過ぎ

まず最初に結論を言ってしまうと、Xiaomi頭おかしいんじゃないか!?(誉めてる)というのが正直な感想。

というのもXiaomi Mi9T (K20)は本来高級機クラス専用品だったプレミアムな機能を、低価格機に搭載しちゃってるから。

 

こんなことやるとXiaomi自信が苦しくなるのに、平気で低価格機に載せちゃう

それが今回のXiaomi Mi9T (K20)なんだ。

 

ではそのプレミアム低価格(矛盾)で最高にお得なXiaomi Mi9T (K20)を紹介していく。

 

Mi9T(K20)は全画面で未来感抜群!

まず最初にお伝えすべきはコレでしょう。

圧倒的全画面です。

見て下さい。この全画面っぷりを。

すごい!まじで全部画面ですね!

そうなんですよ。本当に全部画面なんです。

 

M型ノッチとかティアドロップ型ノッチとか、そんなチャチなもんじゃない。

そもそもノッチ無しなんです!

全画面だと不思議な事に、見ていて謎の解放感があります。

この全画面の凄さはマジで手に取って体感してほしい。

 

ちなみに6.39インチの大画面。さらに有機ELディスプレイです。

ありえないくらい豪華装備ですよね。

 

プレミアムなポップアップカメラを搭載してる(スゴ過ぎ)

初っ端から本気出しすぎなMi9T(K20)ですが、もう一つヤバい点があります。

それは”ポップアップカメラ搭載”です。

 

ポップアップカメラとは、ボディ内部から飛び出すカメラの事です。

これは見てもらった方がわかるので、写真をご覧ください。

はい、飛び出てますね。

このようにインカメラ部分が撮影時、ボディ内部から飛び出てくるのです。

超すごいギミックですね!

 

そう、超スゴイ。それゆえにコストもかかるため、本来高級機にしか搭載されてません

しかしXiaomiはそれを載せてきてしまったわけです。やばすぎ。

 

ちなみにこのポップアップカメラは耐久性も抜群。

栓抜き替わりに使用しても壊れない、謎の耐久性の高さを誇ってます。

とりあえず、簡単に壊れる心配はなさそう

 

持ちやすいサイズでグリップ問題なし

サイズは156.7×74.3×8.8㎜

サイズ的にも一般的なサイズ。手にもって握っても違和感なし。

画面が6.39インチもあるので、本体も大きいと思いきや全画面の恩恵で、意外とコンパクトになってます。

 

 

CPUはSnapdragon730 Antutuスコア220000⇒普通にサクサク

CPUはSnapdragon730です。

最新のCPUと比べると劣るんだけど、ミドルスペックとしては十分。

最新の3Dゲーム等をやる人でなければ、WEBやLINE、電話などで不満に思うタイミングは無い。

というか画像加工などの重めの作業でも普通に使えて問題なし。どうなってんねん

まぁコレ2年前ならハイスペックに相当する点数ですからね。

 

値段は約31000円⇒安すぎ

はっきり言って、安すぎる。

上位機種向けの機能を有してるし、全画面という本来高級機にしか与えられないプレミアム感もMi9Tなら味わえる

そんな事実上の高級機なのに、31000円で買えてしまうわけです。

値段設定がおかしすぎる!(うれしい)

 

おそらく日本製なら7~8万円とか取ってくるレベルです。

でもXiaomiは3万円で出してきちゃうわけです。

 

困った男性
うーん、日本製スマホの分が悪い

さすがにこの価格差ならXiaomiに客が流れていくのもわかりますね。

低価格でプレミアム機能を味わえるわけですから。

まとめ

Xiaomi Mi9T(K20)の凄さ、ヤバさがわかりましたでしょうか。

3万円代とは思えない出来だし、普通にメイン機としても使えるレベルです。

かなりおススメできるので、Amazon等で安いうちに検討するとよいでしょう。

PR

-ガジェット, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.