2021/6/14

【コロナ禍の今】近場サイクリングと追加の組み合わせが超楽しいのでおススメ

コロナ禍をみなさんどうお過ごしでしょうか? 私はだんだんと慣れてきたというか、限られた状況をどう楽しむかという縛りゲームだと思うようにしています。   さてコロナ禍ではなかなか遠出がしづらい。 そんな中でも楽しいことはたくさんあります。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 コロナ禍でも楽しんで過ごしている人ってどんな事をやってるんだろう?自分でも取り入れられないかなぁ?   OKです。 私もいろいろ試してみて、これはいいぞ!というのを発見しているので紹介します。 &nb ...

続きを読む

2021/6/13

【結果的に安い】ブロンプトン、Birdy、TERN LINK、VERGE、KHS、、これまで盗難を防いできたカギが強いのでおススメ!

~高級自転車と盗難は切っても切れない問題~   どうもwktkです。 これまで高級ミニベロを自腹で散財レビューしてきました。 しばらく乗って、輪行等をしていると思うのがコレ。   困った男性盗難されたら嫌だなぁ・・・・   そりゃそうですよね。 だって、高級ミニベロは名前の通りお値段が高い。   およそ6~18万円くらいはしますから。 困った男性盗まれたらキツすぎます   そこで今回はこんな方向けの記事です。 高級ミニベロで輪行や普段使いするけど、絶対盗ま ...

続きを読む

2021/6/12

【購入後しばらく乗ってみて】TERN LINK A7をカスタム・改造するならどこがおススメか

以前自腹で購入して以降、すっかりお気に入りのTERN LINK A7   安いのにしっかりした出来で感心しています。   さてそんなTERN LINK A7ですが、そろそろカスタム・改造したくなってきます。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7をカスタム・改造したいんだけど、なにをするのがおススメかなぁ?   OKです。 これまで、いろんな自転車を改造してきた私が深堀していきます。   ハンドル部分の改造がラク&効果あり。 てっとり早くおス ...

続きを読む

2021/5/16

【ヤバイ奴に遭遇】原付やロードバイクにもドライブレコーダーであおり運転対策が必要だと確信

どうも wktk です。 最近地元でサイクリングしたり原付近場をウロウロ出かけたりしています。   さてそんななか、極めてヤバイ奴に遭遇しました。 それはめちゃめちゃ煽ってきて恫喝してくる奴です。   後述しますが、警察に言うレベルのヤバイ煽られ方しました。 そこで今回はそんな方向けの記事です。   自動車と違って、原付バイクや自転車(ロードバイク)などでもドライブレコーダーは必要なのかなぁ?    OK です。 私はドライブレコーダーが必須だと確信しました。 恐怖 ...

続きを読む

2021/5/15

【水難学会検証 ため池の水難危険事故から学ぶ】釣り行く時はカギ縄式を持っていこう!

最近注目されている記事があります。 ため池に落ちると、なぜ命を落とすのかーYAHOO ニュース   非常に痛ましい事故です。ため池での水難事故は本当に多い。 これからの季節、ため池に近づく機会は増えるかもしれないので、マジで対策が必要です。   そこで今回はこんな問題を取り上げます。 ため池の水難事故の再現動画の状況から、どうやって回避したら良いのか?または一人のときの脱出方法について   この問題は非常に根深い。   だけど命が助かる可能性が上がるなら、取り組む価 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

ORIBIKEという良い所取りのハーフ奴。ブロンプトンとBirdy(BD-1)に不満ある勢におすすめ

最近ORIBIKEが気になります。

というのも、どうもブロンプトンとBirdy(BD-1)の両方を良いとこ取りしてるようなのです。

というわけで、この記事はこんな方向けの記事。

走りが良くて、コンパクトに畳めて、輪行で転がせて、パンク修理もラクで、かっこよくて、そして安い!入手もラク!そんなミニベロはないのかーー!?

 

うーん、ミニベロ界隈から「わがまますぎる!」と助走をつけてぶん殴られそうな要求ですね。

 

でも、これって多くの人の要望かと思います。

これについて、深堀しつつ解決したいと思います。

 

その解決策のひとつはコレになりそうです。

関連記事

 

解決策:ORIBIKEがアンサーの一つ

これですね。

 

ORIBIKEについて、知らない人も多いかと思います。

カンタンに説明しておきましょう。

 

ORIBIKEはイギリス人の元F1ドライバー ジョン・ホワイトによって設計されました。

折りたたみスタイルはブロンプトンとBirdyを足して2で割ったようなスタイル。

多段ギアを装備して、ロードバイクの汎用パーツが使えるミニベロです。

 

このORIBIKE、ヤバいことに先の要望を全部かなえてくるんですよ。

ちょっと要望を整理して、一度箇条書きにしてみます。

①走りが良い

②コンパクトに畳める

③輪行で転がせる

④パンク修理もラク

⑤かっこいい!

⑥そして安い!

⑦入手もラク!

何やコレ、ミニベロにおける7つの大罪かよ。

そう思うくらい、それぞれの要求がバラバラかつハード。

 

でもこれをORIBIKEはクリアしてるのですよ

それぞれ深堀していきます。

 

ORIBIKEの大罪①走りが良い

ORIBIKEは実は複数のラインナップがあります。

内装8速から外装10速までラインナップが充実しています。

こういう↑10速や、よりスポーティーなミニベロ↓まである。

 

この中で、ヒルクライムなども含めた走りを重視するなら外装の9速か10速を選びたいところ。

 

ブロンプトンをお持ちの方は判るかと思いますが、内装ギアは走行抵抗が大きい。

困った男性
そのためちょっと、走行にまったり感が出てしまうのです。

 

これをロイヤルな高級感ととらえることもできますが、キビキビ走りたいなら断然外装ギアをチョイスすべき

ブロンプトンで外装を選びたい場合、2速を選択するか魔改造の修羅の道を行くしかないのです。

魔改造の道はかなりの沼(これはコレでツラ楽しい)

 

さてそんなルートに行かずとも、ORIBIKEならサクッと9速Or10速を選ぶだけ。

キビキビした走りが約束されてますね!

 

ORIBIKEの大罪② コンパクトに畳める

折りたたみがコンパクトかは結構重要。

特に重要なのが横幅です。

 

というのも、電車輪行などをするときに幅が狭くてコンパクトなら、ロングシートの横におけるのです。

このスペースに置けるかどうかは、結構重要。

この場所におけるほど横幅が狭ければ、わざわざ電車の最後尾まで行って、空きスペースに置く必要がなくなります。

 

さて、ここでBirdy (BD-1)やブロンプトンとも折りたたみ寸法を比較しましょう。

Birdy   横78cm×縦61cm×幅36cm

OriBike 横76cm×縦65cm×幅31cm

ブロンプトン  横58cm×縦56㎝×幅27㎝

ORIBIKEのコンパクトさはブロンプトンに負けるものの、幅が結構せまい。

ブロンプトン+4cm程度に収まってるのが立派です

 

このサイズなら、ロングシートの横の部分におけるので各段に取り回しがラクになります。

むしろ膝前にも置ける横幅とも言えそう。

このコンパクトさはありがたいですね!

 

ORIBIKEの大罪③ 輪行で転がせる

ORIBIKEは何とリアキャリア標準装備のモデルがあります。

このキャリアにホイールを付ければ、転がしが可能に。

 

転がしができるかどうかはかなり重要。

ずっと手に持ってるのはホントしんどいですからね。

 

JR構内ではダメですが、私鉄なら転がしたまま移動させられるのでホントラクです。

とはいえ、こういうキャスターを使えば転がし輪行可能になるので、コレを使ってもいいかと思います。

実際に使って輪行してる記事も載せておきます。

 

ORIBIKEの大罪④ パンク修理がラク

「パンク修理のラクさ」は何と比較してるかと言うと、ブロンプトンです。

ブロンプトンのパンク修理は、正直大変。

 

というのもブロンプトンでロングライドするなら、ギア3速以上のモデルを選ぶわけです。

そうなると自動的に、内装変速モデルにするしかない。

内装変速モデルは、インナーワイヤーで変速する仕組み。

 

そのためパンク修理でタイヤを外す時に、非常に苦労するわけです。

出先ではできれば、パンク修理したくない・・・・

内装変速はそんな苦労があるんです。

 

しかし多段変速が欲しくても、Oribikeなら外装モデルがあります。

外装モデルを選んでおけばパンク修理でも、ロードバイクのようにラクにタイヤの取り外しOK

つまりパンク修理が楽なんです。

パンク修理って意外と発生するので、これは結構重要!

 

ORIBIKEの大罪⑤ かっこいい

Oribikeはハンドル付近がダサい・・・それ以外はいいのに。。。。

そう思ってる時期が僕にもありました。

 

しかし「これは個性だ!」と思ってみてるうちに、何ということか。

普通に受け入れられるようになってました

 

むしろ車体の他の部分は普通。なのでハンドルのジグザグ部分がデザイン上、スパイス的に感じる

むしろこれは オシャレでかっこいいんじゃないか?とすら思うようになりました。

 

特にオールブラックがカッコいいし、カーボンモデルもレーシーで超カッコいいです!

何度も見てるうちに、非常にアリだなと感じてます。

 

ORIBIKEの大罪⑥ 安い

すでにここまでの時点で、かなり高い要求をクリアしてきたORIBIKE。

こうなると普通は金額に跳ね返ります。

相当値段がたかいんだろうなぁ。。。

実は勝手にそう思い込んでました。

しかし良い意味で、ORIBIKEは予想を超えてきました。

見てほしいんですが、安い。

圧倒的に安いのです

 

比較対象としてはBirdy とブロンプトンを挙げておきます。

Birdy    ・・・15万円~18万円くらい

ブロンプトン・・・15万円~18万円くらい

これと比べると、ORIBIKEが驚異的に安いことがわかりますね。

 

しかも!モデル次第ではリアキャリアも込みで、この値段ですからね

はっきり言ってこれは超割安!

ORIBIKEをマークしてなかった方もいるかと思いますが、検討の余地ありです。

 

ORIBIKEの大罪⑦ 入手しやすい

ブロンプトンを筆頭に、実店舗じゃないと買えない自転車は多い。

しかしこの新型肺炎の昨今、実店舗に気軽に行けない方も多い。

 

なにより私みたいに、超田舎に住んでると都会に行くまでが大変すぎる。

近場に渓流がなん本もあるくらいの、田舎ですからね。

 

だから入手しやすさは結構重要。

その点ORIBIKEはネット通販で、ORIBIKE日本総代理店から購入できて便利すぎ

ちなみにこの記事で張ってるリンクは全部、日本総代理店の金澤輪業の商品ページ。

 

 

確実にまともな販売元からネットで買える、というのはかなりの安心感。

自転車界隈でここまで入手し易い&まともな代理店から買える状況がそろってるのはすごい。

 

まじでORIBIKEかなり有望。

 

まとめ

ORIBIKEのすごさが伝わったのではないでしょうか。

ハンドル付近の見た目がちょっと、、、という方もこれまでは多かったと思います。

 

でも、スペックもいいし、値段も驚異的に安いし超安心な日本総代理店から買える

こんないい状況がそろってるので検討の余地は、大いにありです!

 

ちなみによく走って安いという点ではTern Verge N8もアリ。

こちらもおススメできます。

 

関連記事

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.