2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【レビューあり】Tern Verge N8とTern LINK A7どっちを買うべき&おすすめか

※追記 TERN LINK A7の自腹購入レビュー記事を追記。

 

Tern の折りたたみミニベロって結構ラインナップが多いですよね。

ラインナップが多いと、選択を迷います。

 

そこで今回は実際にTern のミニベロを買うとなったら、悩みやすいコレを解決します。

TERN のVerge N8とLink A8似てるんだけど、どっちを買えばいいのかなぁ?

OKです。実際に買うときに私もコレ悩みました。

 

この問題を深堀しつつ、解決していきましょう。

選ぶべきポイントは「ヒルクライム」

ヒルクライム(登坂)を起点にして考えればOKだと思います。

まず、コレがVerge N8です。

 

お次がLINK A7です。

TERN Verge N8とLINK A7で悩んでるということは、ある程度サイクリングが趣味と言える領域になってるかと思います。

 

足としての自転車が欲しいという人は、無名の適当なルック車を買っちゃいますし。

 

この二車種で悩むならば、走りの良さや楽しさも求めるわけです。

そういう前提で考えると、ヒルクライムをするか否かでVerge N8かLINK A7を選べばよいのです。

 

※追記 実際にLINK A7を購入レビューを書きました。

 

Verge N8 とLINK A7ではいろいろスペック差がありますが、最も大きな差はギアの機構にあります。

ちょっと詳しく見てみます。

 

Verge N8とLINK A7の変速機構

まずVerge N8の変速機構から紹介します。

Verge N8は変速する際は、レバーを押し込む方式です

 

次はLINK A7のギア機構です。

これはREVO SHIFTを採用しています。ハンドルの付け根をひねることによって、ギアチェンジする方式です。

※追記 実際に自腹購入レビュー記事はこちら

 

で、コレがどうヒルクライムと関係しているかと言うとこんな点です。

 

ドロップハンドル化したときにギアチェンジしやすいか?

ヒルクライムすると感じるのが、「ストレートハンドルではしんどい」という事。

ストレートハンドルだと、登ってる最中うまく力が入らない。

つまりドロップハンドルが欲しくなるのです。

困った男性
とは言えども、ドロップハンドル化は大変。

 

そう思ってる方も多いですが、実は超かんたんにドロップハンドル化できます。

コレを装着するだけ。

実際にこのタイプのドロップエンド装着した記事はコレをご覧ください。

 

これにより登坂能力が向上したか?についてはこちら

 

で、これを装着したときに「ギアチェンジをしやすいか?」を考えてほしいのです、

Verge N8はドロップハンドルを装着しても、レバー押し込むだけなのでそこそこ楽。

 

しかしLink A7はギアチェンジするときは、ハンドルをひねる必要があります。

そのため、ドロップハンドルから握り方を大幅に変えて、ギアチェンジをする必要があります

 

ヒルクライムするならVerge N8 しないならLINK A7でOK

そうなると、LINK A7はヒルクライム向きではありません。

ハンドルから手が離れると、ヒルクライムでは急激に失速します。

 

そのため、LINK A7は構造上ドロップハンドルと相性が悪く、Verge N8を選択すべきとなります。

こういった理由で、「ヒルクライムをするか否か」でVerge N8とLink A7どちらがおススメかを選べるわけです。

「ヒルクライムとかしないし、平坦でスピード出せればOK」って方はLINK A7でも充分OKかと思います。安いし。

 

ちなみに輪行とかする方はコレを装着すると、「折りたたんだ状態で転がして持ち運べる」ようになります。

 

LINK A7でもVerge N8でもどちらでも装着可能です

実際に使ってみて、超快適なんでおススメです。

ちなみに使ってみたレビュー記事はこちら。

まとめ

Verge N8とLINK A7どちらもTERN社が作った良いミニベロです。

※LINK A7の追加レビュー記事も書いてます。

 

自分の用途に合わせて、ガンガン使って活用していきたいですね。

 

ちなみにVerge N8で実際にヒルクライムしまくってる記事はこちらです。

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.