2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

2021/2/14

【新色レビュー】ABU ランガンメッセンジャーバッグ2は街なかOK&釣りOKでオシャレ

最近、釣りが再流行していますね。 というのもコロナ影響で、屋外で楽しめて近場でもOKだから。   私も再度釣りを始めた側ですが、改めて思ったのがこれ。 困った男性釣り用のバッグってダサいのが多い。。。   そうなんです。 釣り用のバッグは機能性重視で、見た目は二の次のモノが多い。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 釣り用のバッグがほしいんだけど、街なかでも恥ずかしくないオシャレさもほしい。そんなバッグないかなぁ?   OKです。 今回も自腹購入していますので ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【レビューあり】Tern Verge N8とTern LINK A7どっちを買うべき&おすすめか

※追記 TERN LINK A7の自腹購入レビュー記事を追記。

 

Tern の折りたたみミニベロって結構ラインナップが多いですよね。

ラインナップが多いと、選択を迷います。

 

そこで今回は実際にTern のミニベロを買うとなったら、悩みやすいコレを解決します。

TERN のVerge N8とLink A8似てるんだけど、どっちを買えばいいのかなぁ?

OKです。実際に買うときに私もコレ悩みました。

 

この問題を深堀しつつ、解決していきましょう。

選ぶべきポイントは「ヒルクライム」

ヒルクライム(登坂)を起点にして考えればOKだと思います。

まず、コレがVerge N8です。

 

お次がLINK A7です。

TERN Verge N8とLINK A7で悩んでるということは、ある程度サイクリングが趣味と言える領域になってるかと思います。

 

足としての自転車が欲しいという人は、無名の適当なルック車を買っちゃいますし。

 

この二車種で悩むならば、走りの良さや楽しさも求めるわけです。

そういう前提で考えると、ヒルクライムをするか否かでVerge N8かLINK A7を選べばよいのです。

 

※追記 実際にLINK A7を購入レビューを書きました。

 

Verge N8 とLINK A7ではいろいろスペック差がありますが、最も大きな差はギアの機構にあります。

ちょっと詳しく見てみます。

 

Verge N8とLINK A7の変速機構

まずVerge N8の変速機構から紹介します。

Verge N8は変速する際は、レバーを押し込む方式です

 

次はLINK A7のギア機構です。

これはREVO SHIFTを採用しています。ハンドルの付け根をひねることによって、ギアチェンジする方式です。

※追記 実際に自腹購入レビュー記事はこちら

 

で、コレがどうヒルクライムと関係しているかと言うとこんな点です。

 

ドロップハンドル化したときにギアチェンジしやすいか?

ヒルクライムすると感じるのが、「ストレートハンドルではしんどい」という事。

ストレートハンドルだと、登ってる最中うまく力が入らない。

つまりドロップハンドルが欲しくなるのです。

困った男性
とは言えども、ドロップハンドル化は大変。

 

そう思ってる方も多いですが、実は超かんたんにドロップハンドル化できます。

コレを装着するだけ。

実際にこのタイプのドロップエンド装着した記事はコレをご覧ください。

 

これにより登坂能力が向上したか?についてはこちら

 

で、これを装着したときに「ギアチェンジをしやすいか?」を考えてほしいのです、

Verge N8はドロップハンドルを装着しても、レバー押し込むだけなのでそこそこ楽。

 

しかしLink A7はギアチェンジするときは、ハンドルをひねる必要があります。

そのため、ドロップハンドルから握り方を大幅に変えて、ギアチェンジをする必要があります

 

ヒルクライムするならVerge N8 しないならLINK A7でOK

そうなると、LINK A7はヒルクライム向きではありません。

ハンドルから手が離れると、ヒルクライムでは急激に失速します。

 

そのため、LINK A7は構造上ドロップハンドルと相性が悪く、Verge N8を選択すべきとなります。

こういった理由で、「ヒルクライムをするか否か」でVerge N8とLink A7どちらがおススメかを選べるわけです。

「ヒルクライムとかしないし、平坦でスピード出せればOK」って方はLINK A7でも充分OKかと思います。安いし。

 

ちなみに輪行とかする方はコレを装着すると、「折りたたんだ状態で転がして持ち運べる」ようになります。

 

LINK A7でもVerge N8でもどちらでも装着可能です

実際に使ってみて、超快適なんでおススメです。

ちなみに使ってみたレビュー記事はこちら。

 

ちなみに輪行して風景と愛車を撮るなら、360度カメラがあると丸ごと撮れて最高です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

詳しく見る


レビューも書きましたので併せてどうぞ。

 

まとめ

Verge N8とLINK A7どちらもTERN社が作った良いミニベロです。

※LINK A7の追加レビュー記事も書いてます。

 

自分の用途に合わせて、ガンガン使って活用していきたいですね。

 

ちなみにVerge N8で実際にヒルクライムしまくってる記事はこちらです。

 

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.