2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【随時更新】通勤で毎日2回の折りたたみ⇒苦痛じゃなかったミニベロ5選(折りたたみ自転車)の特徴と車種

折りたたみ自転車をこよなく愛している著者、wktk(ワクテカ)です。

さてこれまでいろんな折りたたみミニベロに乗ってきました。

 

いろいろ買って10数台程度、高級降りたたたみミニベロを所有しました。

メインどころは概ね所有したなぁ、という感じです。

さてそんな私が、今回こんな方向け記事を書きます。

困った男性
折りたたみミニベロが欲しいんだけど、安全に駐輪できる場所がない。玄関くらいしか置けないんだけど、スペースが無い。。。。

 

OKです。

今回はこの問題を解決しましょう!

 

高級折りたたみ自転車の保管は屋外駐輪ダメ

まず、高級折りたたみ自転車は屋外で保管してはダメです。

雨で錆びるという事もありますが、もう一個重大な問題が。

 

それは、

困った男性
高級折りたたみ自転車は盗まれやすい!という事です。

コレです。

 

高級折りたたみ自転車は、中古相場も高くマジで盗まれやすい。

過去にも記事にしていますね。

 

ちなみにこの後もずっと使ってて、長期レビューもしています。

 

かくいう私もちゃんと対策する前は、がっつり盗まれてました。

田舎だから、まあ屋外の駐輪場で安い鍵でもあればヘーキヘーキ!

??? 深夜 ガサガサ・・・・ゴリゴリ・・・

翌日

ああああああ”!!!!高級ミニベロがない!

 

という事でサクッと盗まれましたね

住居のすぐ近くの駐輪場で、周りに民家や人目がある場所でも余裕で盗まれます

 

屋外保管は、ダメ絶対!と知れ。

困った男性
めっちゃ後悔しています。

しかも「高級自転車を持ってる=裕福な家」と思われて、今後泥棒に入られる率も激上がりします

控えめに言っても最悪なおまけつきです。

 

 

じゃあどうすれば良いか。

屋内にしまうべき。しかしそれにも問題が。

 

困った男性
大抵の折りたたみ自転車は、折りたたみが面倒。

そう。これが問題。

ほとんどの折りたたみ自転車って折りたたみが面倒なんですよ。

 

メーカーのサイトだと、たいてい動画とかでこのようにPRされてます。

サササッ! アッという間に折りたたみ完成。一瞬です!

でも、これはミスリード。

 

彼らは動画用に練習を重ね、スムーズに折りたたみをできるように鍛えぬかれたメーカーからの刺客。

普通の人はこうなります。

よいしょ、よいしょ。。フレーム持ち上げて、あのパーツをこの位置にして、、、あ、車体が倒れないように手でもっておかなきゃ。。。(モタモタ)

まぁ、こんなもんです。

 

で、コレを日々毎日できるか?という話です。

屋外駐輪できない場合は、屋内にしまいます。

つまり日々この折りたたみ作業を高頻度ですることになります

 

実際に私もこんな頻度で折りたたみをします。

①夜に帰宅して折りたたみ、②出社前に展開

⇒毎日計2回の折りたたみ

コレを日々こなしています。

 

で、今回はこのように毎日折りたたみを繰り返しても、苦にならなかった折りたたみミニベロの紹介です

 

日々の折りたたみしてもOKなミニベロ

では実際に、毎日折りたたみをしても苦痛じゃなかったミニベロを挙げたいとおもいます。

概ね共通点はコレでしょう。

  • シンプルな折りたたみ機構
  • しゃがみ込む作業が不要
  • 軽い力で展開⇔折りたたみ可能
  • 持ち上げてもばらけないロック機構
これら以外にも些細な点で、折りたたみのラクさは大きく変わってきます。

というわけで、これらを実現している具体的なミニベロを挙げていきましょう。

 

①TERN LINK A7

まずはコレ。最近購入したTERN LINK A7です。

これは極めてシンプルな折りたたみ構造をしています。

 

ボディの真ん中で二つおりにして、ハンドルを曲げて、サドルを下げる。

おしまい!

このように超シンプルな仕組みなので、毎日やっても苦痛じゃない。

毎日折りたたみをするならシンプルな構造がかなりの強みになります。

 

しかも、TERN社はある一定のランクから付いてるマグネットパーツが超良い仕事をします。

コレです。

 

これが付いてるおかげで、折りたたみをして持ち上げても折りたたみが勝手に解除されません

つまりカタマリの状態で持ち運べるわけです。

 

玄関前で折りたたみをしても、玄関にたどり着くにはちょっとした段差とかありませんか?

こういうのです↓(段差イメージ)

こういう微妙に段差があるとき。持ち上げて運ぶわけです。

そのとき、マグネットパーツやロック構造が無いミニベロは展開が解けます

 

それによりバランスを崩したり扉に当たったり、けがをします。(体験談)

そうなると割とイライラします。

 

こういう事態が防げるのでTERN社の折りたたみミニベロは超優秀です

これらが標準装備なのも超わかってるね!

 

ブロンプトン

「キングオブ折りたたみミニベロ」、「折りたたみの最終地点」

いろんな二つ名を持つ、超有名な折りたたみミニベロです。

かくいう私も溺愛をしています。

【誰でもできる】ブロンプトンを2年に1回の頻度で買える方法【通信費高すぎ】

 

ブロンプトンを買えない10の理由 後悔・悩まないためにチェック

 

好きすぎて複数代を用途別に購入する、ヤバさ

溺愛しすぎやろ!

 

さてそんなブロンプトンは溺愛を抜きにしても、毎日折りたたみOKなミニベロです。

というのも折りたたみ作業のラクさの完成度が半端なく高いから。

どういうことかと言うと、ブロンプトンの折りたたみをする際に力が必要な作業がありません。

ブロンプトンは基本的にレバーやバルブを回して折りたたみを解除する仕組み。

 

これとか

 

これもですね。

これら特に力をいれずとも、小さいパワーで解除できます。

一方で強度が弱いわけでもなく絶妙なんです。

 

また、しゃがみ込んで実施する作業が無いこともポイント高い

しゃがみ込む作業は足にかなりの負担をもたらします。

 

しかしブロンプトンは、腰をかがめる程度の作業はあっても、しゃがみ込むほど本腰を入れないと解除できない機構ではありません

困った男性
しゃがみ込むのってホントめんどいので、この工程があるミニベロは毎日の折りたたみできない。

 

この点ブロンプトンの機構の優秀さが際立ちますね

 

CARRY ME

CARRY MEは極小径車です。

コレですね。

これも日々のおりたたみに耐えうるミニベロです。

というのもこれも折りたたみの構造が楽だから

 

基本的に折りたたみはシンプルです

  1. フレーム固定のネジを緩めて、固定部を外すORスライドさせる。
  2. ハンドルを曲げる。

これだけ。

折りたたみ作業少ない!

この作業はかなりラクで、折りたたみ傘を開閉するような気分で折りたたみできます。

 

この気楽さがたまりません。

さらに折りたたみ気楽にさせてるのが、車体の軽さ。

 

たった7.9kgしかないのです

なので、折りたたみ作業をするときにもヒョイっと持ち上げられる。

シンプルに軽さから来るラクさがあるんですね。

 

ただ問題は折りたたみよりも、めっちゃ目立つので通勤に使うと変人扱いされる恐れアリです。

通学中の子供たちと遭遇すると視線を強く感じますw

このような点でかなり人を選ぶミニベロではあります。

 

TERN VERGE N8

またもやTERN社がランクインしてきました!

このミニベロも以前から愛用していますね。

 

ヒルクライムしたり、いろいろできる超万能モデルです。

このVERGE N8も基本的にはTERN LINK A7と同じような理由で選出しています。

 

VERGE N8にも①シンプルな折りたたみ機構②マグネットパーツが付いています。

 

それに加えて、Verge N8にはRAPID TRANSIT RACKというパーツが装着可能です

コレです。


このパーツが超やばいです。

このパーツは装着することで、転がし可能になります。

 

つまりこういう↓用途で神アイテム的な役割を果たします。

困った男性
玄関前で折りたたみをすると玄関が傷つくので、少し手前の道路で折りたたみをしたい。でもその間持ち運ぶのが大変。。。。どうにかしたい

 

こういうときに折りたたんだ状態で転がせるわけです。

超楽ですね!日々の折りたたみ⇒収納の作業が劇的に楽になります。

 

実際にレビューしていますので、記事もどうぞ。

ちなみに最初に紹介しているTERNのLINK A7でもRAPID TRANSIT RACKが装着可能です。

 

STRIDA

イギリスのデザインセンスはすごい。

機能美を実現した、脱帽の折りたたみミニベロです。

このミニベロも毎日折りたたみにおいて、一切の不満がありませんでしたね。

 

折りたたみ時にマグネットパーツがあり、バラけないのです。

このパーツのおかげで、折りたたんだ時にカタマリ感があって持ちやすいです。

 

また、折りたたみ自体も超楽。

  • フレームを固定具から外して、前輪と後輪を重ねる
  • ハンドルをずらして固定

これだけ。

相当ラクです。普通に30秒もあればできますね。

ちなみに、おりたたんだ形状もかなりかっこいい

さすが、イギリス生まれの紳士的ミニベロ!

折りたたんだ状態のたたずまいもキリっとしています。

 

こちらも正装してジェントリー(紳士的)に振舞わねば、STRIDAに失礼というものです。

そうは思いませんか?ムッシュおよびマドモアゼル。

 

カッチリ目の服でも良く似合う、稀有なミニベロです。

 

さてSIRIDAはこの折りたたんだ状態からの可搬性も高い。

この↑GIF動画を見てもらうとわかりますが、折りたたんだ状態で転がせます。

これは便利ですね!

 

 

というわけで5車種を選出をしました。

ここまでで、毎日折りたたみをしても苦痛じゃない条件(特徴)が見えてきましたね。

まとめのおさらいです

 

毎日折りたたみをしても苦痛じゃない条件(特徴)

まとめるとこうなります。

・シンプルな折りたたみ機構

・しゃがみ込む作業が不要

・軽い力で展開⇔折りたたみ可能

・持ち上げてもばらけないロック機構

これに加えて、あればさらにラクな機能としてコレ。

・折りたたみ状態で転がし可能

 

これらが毎日折りたたみしても苦痛じゃないミニベロの条件です。

意外とこれらを満たすミニベロって少ない。なのでわりと厳しい結果です。

逆に言えば、これらの5車種を選んでおけばハズレは無いです。

 

あとは好みと予算次第ですね!

 

めとめ

私はどんな高級ミニベロも通勤に使いまくって、どんどん実践投入していきます。

通勤や毎日折りたたむような環境の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに最初に紹介しているTERNのLINK A7でもRAPID TRANSIT RACKが装着可能です。

そういう意味では、格安なのに転がし輪行まで可能なTERN LINK A7のコスパが半端ないといえます。

 

参考記事も書いてますので併せてどうぞ。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.