2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン 未分類

【レビュー】ブロンプトンのカスタムで費用対効果(コスパ)が高いのは結局どれか?

ブロンプトンのカスタムは沼。。。

そんな沼を楽しみ、ブロンプトンを愛して乗り続けています。

 

その間に色んなブロンプトンのカスタムに出会いました。

 

ハンドルカスタムや、タイヤの変更、果ては18速の多段化まで・・・・

 

しかしカスタムをすればするほど、色々と解決すべき問題も出現します。

さらにはお金もぐんぐんと発生します。

 

そこで今回はこんな方向けの記事です。

ブロンプトンのカスタムで費用対効果が高い、そんなカスタムだけしたいなぁ・・・

 

うーん、贅沢ですね。

でもこれは確かに知りたいところ。

これまでたくさんの私財を投入しカスタムしまくってきた私が、この問題を深掘りしつつ解決します。

 

カスタムは①効果、②手間、③費用の面から考えるべし。

タイトルで費用対効果と書きましたが、 定義を書いておきます。

 

定義として①効果、②手間、③費用の3点で優れているものを費用対効果が高いとします。

 

ブロンプトンのカスタムは底なし沼なので、どこまでもイジるところがあります。

 

しかしながらそうやってると、キリがないわけです。

その結果、莫大な資金が投入され最強の1台を追求し続けることになります

 

これは資金が十分ある人はやればイイと思います。

しかしながら一般の人がこれをやると、 相当大変です。

 

だからたまに、こんな声が聞こえるのですね。

ブロンプトンはヤバイで・・・

 

そうならないためにも、費用対効果の高いカスタムに絞ってやるべきなのです。

 

じゃあ費用対効果の高いカスタムって何なんだろう?

 

 OK それを紹介します。

 

ドロップハンドルカスタムは間違いなく効果大

一番おすすめなのがドロップハンドルカスタムです。

 


かなり初期の記事で紹介しましたが、やっぱりこれが相当効果でかいです。

 

自腹レビューも書いてます。

 

なぜこれが優れてるかと言うと、先ほどの3点のバランスが非常にいいんですね

 

3点のバランスはこれでした。

①効果、②手間、③費用

 

これはどうか良いのか説明します。

 

①効果面

ロードバイクを乗ってる方は、ドロップハンドルの効果がいかに大きいかご存じでしょう。

というのも非常にたくさんの恩恵があるからです。

 

・前傾姿勢になるので空気抵抗が小さくなる

・巡行速度があがるようになる

・登坂時に力を込められて登りやすくなる

・ハンドルポジションが選べるので疲れにくい

ざっと書いただけでもこんなに、恩恵があるのです。

 

ドロップハンドルすごい!

 

いかにドロップハンドル化カスタムが効果抜群なのか分かったと思います。

 

じゃあブロンプトン乗りのほとんどはドロップハンドルカスタムしてたんだよね?

残念ながらそうではありません。

 

それは手間という面の問題があるからです。

 

 ②手間の面

ドロップハンドルは手間の面で問題があったわけです。

 

というのもドロップハンドル化自体は、従来は結構大変なカスタムでした。


ハンドルを交換したり、折りたたんだ時にぶつからないように調整なども必要でした。

困った男性
確かにこれじゃあ、面倒くさそうだし敷居が高い

 

しかしながらこの問題を解消するアイテムが冒頭で紹介したパーツです。

 

これです。

 

 

これが超優秀で、ブロンプトンの M ハンドルの端に六角レンチで装着するだけなんです。

詳しくはこの記事を読んでください。

 

マジで5分あれば、装着できて最強です!

 

さらに輪行で折りたたんだ時も、ブロンプトンの車両に干渉しません。

うぉぉ!これはすごい!

 

正直発見した時は驚きましたね。 

ちなみに輪行して風景と愛車を撮るなら、360度カメラがあると丸ごと撮れて最高に楽しいのでついでにおススメしておきます。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

詳しく見る


レビューも書きましたので併せてどうぞ。

何らかの理由で外したいとなったときも、同じように六角レンチで即外すことができます

 

これ相当便利で、純正品にしてもいいんじゃないかとすら思います。

 M ハンドルに装着できる ドロップハンドルなので、 MD ハンドルとでも名付けましょうかね・・・

 

このように手間面から見ても、超ラクなんです。やばいですよね

 

③費用面

費用面は言うまでもありません。

いかに安く導入ができるかです。

 

ブロンプトンのカスタムはかなり高い値段になりがちです。

 

しかし我らが庶民は、カスタマイズ費用が安ければ安いほど嬉しいはず。

 

その点このドロップハンドルを見てください。


めちゃめちゃ安いです。

 

このドロップハンドルだけ安いのか?とも思いましたが同タイプも確認してみてください。


こっちもめちゃめちゃ安い!

 

そうなんです。

このドロップハンドルカスタムパーツは全体的に異常に安い。

 

つまり費用対効果抜群なんです。

 

でもそうなるとこういう不安がありませんか?

 

品質面や耐久面は気になる?

ここまで都合が良いアイテムなんてそうそう無いよ。もしかして品質や耐久性が悪いのかな?

 

その点わたしもちょっと心配していました。

でも1年以上の長期で利用してみた結果全然問題ありませんでした

 

登坂する時に思いっきり力を入れて、ドロップハンドルを握ってます。

こういう↑登坂でもズレたり折れたり等はありませんでした。

 

①効果、②手間、③費用のみならず品質も良いという恐ろしい結果になりました。

 

覇権確定やん!

 

というわけで、圧倒的に楽でありながら効果抜群。

そんな費用体効果抜群のカスタマイズとしてドロップハンドルカスタマイズをお勧めします。

 

ちなみにカスタマイズと言えば、18速以上の神をも恐れぬ魔改造ブロンプトンもあります。

でも費用対効果は微妙(お金と手間がかかりすぎる)。

 

いろいろ犠牲にすることになるので、こういうカスタムは極めてマニアックすぎますね。

 

まとめ

いろいろカスタマイズがあって試してきました。

 

やっぱり簡単で安くて効果があるというものは、なかなか少ないですね。


数少ない、万人にできるカスタマイズ。ほんとみんなやるべきだと思います。

ちなみにブロンプトン以外のミニベロにも装着できます。

 

他にもブロンプトン記事書いてますのでどうぞ。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン, 未分類

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.