2021/2/28

2021年スピンバイクのマグネット式 摩擦式(物理式)で選ぶならこのチョイスがおススメ

スピンバイクの技術革新は早い。   以前からスピンバイクを愛用して自腹購入をしているwktkです。 スピンバイクを買うときに悩まれる方が多いんですが、特に多いのがコレ。   マグネット式と摩擦式(物理負荷方式)のどちらを選ぶべきなんだろう? コレに対する答えは、2020年までは圧倒的に摩擦式(物理負荷方式)でした。   しかし2021年現在だとちょっと回答が異なります。   この問題を深堀しつつ解決していきます。   2020年までは摩擦式(物理負荷方式) ...

続きを読む

2021/2/23

【マジか】2021年 ふるさと納税でハイガーのスピンバイクHG-YX-5006Sがもらえるので急げ!

皆さんふるさと納税ってしてますか?   私は以前紹介したように、がっつりふるさと納税しています。 というのも、かなりお得な制度だからです。   詳しくはこれを読んでみてください。 さてそんなふるさと納税ですが、なんとやばいアイテム発見してしまいました。   それがこれ。 ふるさと納税でハイガースピンバイクが手に入る地域あるやん!   かなりやばいので紹介していきたいと思います。   ふるさと納税ってどんな制度?⇒超お得な制度です さて最初にふるさと納税を知 ...

続きを読む

2021/2/17

【自腹レビュー】低価格で操作性最強イヤホン 使いやすさでNUARL N6に勝るもの無し!

ここ最近の完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。。。   完全ワイヤレスイヤホンの値段が安くなって、だいぶ浸透しましたね。 だんだんと競争も激化しています。 コレなんか低価格帯でもノイズキャンセリング機能搭載してて驚きです。   滝の爆音も騒音キャンセルできるのか?とかも試しています。   さてそんな進化がスゴイ、完全ワイヤレスイヤホン。 もはや完璧か?と思いきや実はまだ問題がありました。   それは、ワイヤレスイヤホンでの操作性ってイマイチじゃないか? という事で ...

続きを読む

2021/2/16

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。   以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。 かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。   そこで今回はこんな方向けの記事 360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?   OKです。 360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。   360度カメラってなに? まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。   通常のカメラは広 ...

続きを読む

2021/2/15

【滝で爆音レビュー】Soundcore Life A2 NCのノイズキャンセリングで滝の爆音に勝てるか?

以前紹介したSoundcore Life A2 NC。   このイヤホンはノイズキャンセリングイヤホン。 なので、過酷な状況でもどの程度ノイズをキャンセルしてくれるのかって気になりませんか?   私はこういうのめっちゃ気になります。   そこで今回はこんな方むけの記事。 ぶっちゃけSoundcore Life A2 NCって滝のような爆音でもノイズキャンセリングできるの?   OK です。 今回も自腹購入しているので、この問題を掘り下げていきます。   S ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブログ運営 ブロンプトン

リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】

ブロンプトンライドは楽しい。

最近、過去の輪行ライドの写真をよく見るのにハマってます。

 

新型コロナでなかなか遠出できないですからね。

写真を見ていると、ふと思うのがコレ。

 

ああ、また行きたい・・・あの空気感を感じたい・・・

 

そうなんですよね。

写真で記憶は思い出されるけど、空気感まではさすがにムリ

 

高精細化が進んだとはいえ、写真は風景の一部を切り取っただけ。

仕方ないと思ってました。

 

そんななか、ご縁があり企業の方から「リコーの360度カメラ、THETA SC2を使ってみませんか?」とご連絡を頂きました。

 

こ、これは・・・!

まさに私が求めている、空気感までも保存できるのでは?と期待してお借りする事にしました。

 

THETA SC2はミニマルデザイン&高機能

こちらがTHETA SC2。

詳しく見る

まず手に取ってみて思ったのが、コレ

ミニマルでデザインがイイ!

 

 

そうなんですよ。

私はカメラが好きなんですが、デザインは超重要視しています

 

モノとしてデザインがイイと、持っていて気分が上がりますからね。

 

他にもカラーはありますが、個人的にはホワイトがミニマルで先進的だと感じます。

 

さてそんなTHETA SC2。

どんなにデザインが良くても、実使用における実力を見たくないですか?

 

なので、近場の冬の渓流へブロンプトンライドで試してきました。

 

THETA SC2を持ってブロンプトンで雪の渓流へGO

さむい、寒すぎる。。。

決行は真冬のとある日。

 

渓流を目指しTHETA SC2を持ってブロンプトンライドに出かけました。

 

前日が氷点下でかなりの寒さ。なので見れるハズです。

滝が凍りついてできる氷瀑を。

 

氷瀑を見る⇒超感動⇒THETA SC2で保存⇒360度映像で追体験

 

この方程式が成り立つかを確かめたいんですよ。

 

といわけで激坂を登り、脚がもげそうになりながらも冬の渓流に向かいました。

 

THETA SC2とブロンプトンライドは相性抜群。

ブロンプトンライドすると感動するような自然の風景に多く出会います。

通常のカメラなら、一部を切り取るだけ。

でもTHETA SC2なら風景まるごと360度を収めることができるわけです。

 

その理屈はわかっていました。

しかしそれがこれほどまでに、素晴らしい事だと改めて気づきました

 

こんな写真が撮れるのです。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

*スマホやマウスで画像をグリグリ動かせます

スゴイ!!!

 

風景まるごと切り取れるという、うわさは事実でした。

これなら「空気感も保存できる」というのは信ぴょう性が高い。

 

ちなみにこんなカンジで三脚を使って、立てて撮影するのもイイですね。

 

ブロンプトンと一緒に、風景丸ごと収めるのも超アリです。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

ブロンプトンが大きく写るし、迫力がありますね!

 

THETA SC2で氷瀑を撮る!

さて途中からブロンプトンでは進めない、未舗装の道に。

はぁ、はぁ・・・数十分歩いたでしょうか。

どうにか雪道を登り到着しました。

 

すると滝が目前に広がっています!

おおおおおお!

 

水量が多くて滝は氷瀑にはなってませんでした。

しかし、コレをTHETA SC2で360度動画として収めました。

※ブログへの貼り付け上GIF形式へ変換してますが、ホントはもっとキレイに保存されます。

GIF動画の白い○は私がタッチして、視点をグリグリ動かしてる様子です。

このように好きなアングルで好きなだけ滝が見れますね

 

つまり風景をTHETA SC2で収めておけば、後からまた丸ごと鑑賞できるのです。

自分で楽しむコンテンツとして360度動画すごすぎませんかね。

 

そう、この360度動画や360度写真が真価を発揮するのはライド後です。

 

ライド後の追体験がとってもヤバい。

さてTHETA SC2といく極寒のライドを渓流ライドを終えました。

あとは、THETA SC2で撮影した360度写真や動画がどうなのか?が気になります。

先ほど張り付けたような、グリグリと動かしてスマホで眺めるのもイイです。

 

しかし、もっとガッツリ体感する方法がコレです。

 

VRゴーグルを使う事。

これが半端なく凄いのでおススメ

 

最近だと、スマホを挟んで使えるタイプが安く出てるので入手しやすいですね。


コレを使うと、何がヤバいのか。

それは、完全に撮影したときの雰囲気をもう一度味わえるです。

 

撮影したときの深呼吸をしたくなるような大自然。

その気持にスッと入ってしまう。

 

当初目標としていた、「空気感を保存できるか?」の答えとして要求をクリアしています

 

空気感を保存する方法って難しい。

なので、なかなかそんな製品は出てこないなだろうなぁ・・・とうっすら思ってました。

 

でもTHETA SC2はそれを実現してみせた。

期待値を越えてきたので、これはかなり驚きましたね。

 

THETA SC2はライド後にもこんなに楽しい体験をさせてくれるわけです。

ブロンプトンライドが楽しい、それに加えて帰ってきてからも楽しめる。

つまりTHETA SC2があれば1回で2度おいしいというわけです

 

空気感すらも保存できる。

これはブロンプトンのような風景や旅ライドが多い人にとって大きな財産になります。

ふつうの写真はネット上でも検索すれば見られます。

でも空気感を感じられるような360度のライド画像や動画は全然ありませんからね

 

スマホとカンタンに連携できる!

THETA SC2で撮った画像や動画はカンタンにスマホと連携できます。

①THETA アプリをダウンロードする。

②THETA SC2とスマホをWIFIで接続して、転送

 

これだけです。

これはカンタン!

 

この超シンプルな仕組みなので誰でも利用できます。

こういう機器はシンプルな程使いやすく壊れにくいのでイイですね。

 

まとめ

THETA SC2とブロンプトンライドは相性抜群でした。

詳しく見る

ロングライドすると、同じような写真ばっかり撮っちゃう。。。って方にも360度写真はスパイスになります

 

価格もお手頃なので1台あると、後に画像資産になって実用的ですね!

PR

-ガジェット, サイクリング, ブログ運営, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.