2021/11/25

【電熱ヒーター系】蓄熱充電式ゆたんぽが劇的にオススメできる件<ヒーターベストとも相性ヨシ>

今年の冬はかなり寒いそうですね。 そんな寒い冬でも、私の部屋には実はエアコンがありません。 というのも、引っ越したばかりの頃に電熱ヒーターウェア買った結果、「意外とこれで十分なんじゃないか? 」と気づいてしまったからですね。   実際電気を使う電熱ヒーターはかなり優秀で、もはや大ファンになってしまいました。 さてそんな電熱ヒーター大好きの私が、超やばい「蓄熱電気式湯たんぽ 」を発見しましたので紹介です この記事はこんな方向けの記事です 蓄熱充電式ゆたんぽって気になるんだけど、本当にあったかいのか ...

続きを読む

2021/11/13

【エアコンはもう】電熱ヒーターベストや電熱ヒーターパンツを買うときに注意したいポイント

最近流行りの電熱ヒーターウェア。 超便利で快適なわけです。 しかしながら電熱ヒーターウェアを選ぶ際には注意点があります。 そこで今回はこんな方向けの記事。 電熱ヒーターウェアが欲しいんだけど、品質に問題があるヒーターベストも多いってウワサ。どういう点に注意して購入したらいいんだろう? oK です。 電熱ヒーターウェアを複数自腹購入してる私が、深堀りしつつ解説します。   電熱ヒーターウェアにはトラップが多い。 最近電熱ヒーターウェアが、市民権を得て来ていますね。 昔は電熱ヒーターウェアといえば、 ...

続きを読む

2021/10/26

【ワークマン、ユニクロ凌駕】2021年ついにヒーター搭載数がヤバイ電熱ヒーターベストが発売してる件

だんだん寒くなってきましたね。 この時期になると、冬服を意識し始めます。昨年の冬めちゃめちゃ役に立ったのがこれでした。 【2年目】電熱ヒーターベストと電熱ヒーターズボンで冬生活のクオリティが爆上がりしている件 そしてこの冬も電熱ヒーターベストには大いに役立ってもらうつもりです。   そのヒーターベストですが、やばい製品が発売されたので紹介します。 この記事はこんな方向けの記事。電熱ヒーターベストが気になるんだけど、ヒーターの数も多くて 暖かいやつがいいなぁ。どれがいいんだろう? oK です。これ ...

続きを読む

2021/10/20

【安く買いたいなら】電熱ヒーターベストや電熱ヒーターズボンは今が安い時期な件

毎年冬が近くなると恒例のパターンがあります。   それは、、、 急に寒くなってきたなぁ。。⇒そろそろ電熱ヒーターベストや電熱ヒーターズボンを買おうかな。   そう。 寒くなってきて真冬に耐えられずに電熱ヒーターベストや電熱ヒーターズボン買うパターン。 しかし寒くなってからではそもそも買えなかったり、値段が高かったり。。   困った男性寒い時期だとちょっとお得じゃないのですよ。   そこで今回はこんな方向けの記事。 電熱ヒーターベストや電熱ヒーターズボンをも安く買いた ...

続きを読む

2021/10/18

【2021年~22年版 】コンセント型モバイルバッテリーまとめ

電子ガジェット好きの超必須アイテムである モバイルバッテリー。 どうも wktk です。最近ガジェットを買いまくっています。   この時期になると新作のスマホや、電熱ウェアも活況ですね。 【自腹レビュー】2021年で電熱ヒーターベスト買うなら9つヒーターが超いい!ワークマン追随しないの? さてそうなると、気になるのが電池の残量です。 心置きなくガジェットを使うにはモバイルバッテリーを持ち歩くと安心。   でもモバイルバッテリーの運用って結構面倒くさいのです。。。 ただでさえたくさん持っ ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン 生活改善

【実使用つかい道レビュー】リコー 360度カメラTHETA SC2はどんな時に使うのがオイシイ使い方か?

360度カメラは楽しい。

 

以前紹介した360度カメラのTHETA SC2。

かなり面白いのだけど、特殊なカメラであることは間違いない。

 

そこで今回はこんな方向けの記事

360度カメラ気になるんだけど、買っても使うかなぁ?どういうときに使うとイイんだろう?

 

OKです。

360度カメラを色々とつかってきた私が、この問題を深堀りしつつ解説します。

 

360度カメラってなに?

まず360度カメラ自体を知らない人のために少し説明。

 

通常のカメラは広角でも130度くらいの視野角しか撮影できません。

こういう写真ですね。

なかなか良い風景です。

でも、実際は大パノラマで当日見た景色の感動とは程遠い。

 

ここで360度カメラの登場です。

360度カメラは名前の通り、360度ぜんぶを撮影できます。

 

まぁ見てもらったほうが早いでしょう。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

詳しく見る

こういう写真が撮れるわけです。

360度全部をぐるぐる見れて面白い!

 

このような特殊な写真が撮れるわけで、カメラ自体もけっこう特殊です。


レビューも書いてるので、こちらも合わせてどうぞ。

 

どんな写真が撮れるか、伝わったかと思います。

ではどういうときに360度カメラを使うべきか

 

というわけでオススメの使い方を紹介します。

 

サイクリングなどのライドで360度カメラを使う

まずイチオシはコレ。

サイクリングなどのライド時で使うこと。

 

なぜサイクリングでの利用がイチオシかというと、理由はコレ↓。

風景まるごと写しつつ、愛車もでっかく迫力ある写真が撮れるから!

 

まぁ先に写真を見てもらいましょう。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


詳しく見る

このように愛車をインパクトある写真として残せるわけです。

さらに、輪行などで旅行の風景をそのまま残せるんですよ。

 

すると帰宅してから、ぐるぐると写真を見てるときに、、、、

 

あ!こっち側にこんなモノあったんだ!

 

と、気がついてなかった風景などを再発見できる

コレが割と楽しいんですよ。

 

それに遠い場所だと、もう二度と行かないかもですよね。

だったら、まるごとぜんぶの風景を残しときたくないですか?

 

スキー、スノボで360度カメラを使う

スキーやスノボともかなり相性良い。

スキーやスノボってスポーツ的な楽しさはもちろんですが、他にも魅力ありますよね?

 

そう!ゲレンデの開放感です。

 

あたり一面が雪景色なわけです。

だからみんな感動して写真を撮るわけですね。

 

しかし出てきた写真は悪くはないが、なんか物足りない。

 

当然です。

130度程度の視野角で、あの開放感を表現できるわけがない。

たしかに、普通のカメラだと解放感までは難しいよね。

 

それができるのは360度カメラだけなのです。

 

この写真をみてください。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ゲレンデの360度が雪景色っていう開放感がしっかり出てますね

 

さらにゲレンデは晴れてれば外界よりも明るさが十分

なので写真の見栄えもグッと上がります。

 

詳しく見る

 

まじでゲレンデには持っていくべきですね。

 

キャンプで360度カメラを使う

ここまでで、なんとなく傾向がわかったかと思います。

 

360度カメラは屋外でつかう系のアクティビティと相性が良いのです。

 

そうなると当然、コレも考えますよね。

キャンプで360度カメラを使ってみよう!

大自然を一発で撮影できるわけです。

 

 

キャンプと言えば、以前から私がやってるのがコレ。

渓流で釣りをしながらキャンプ飯を作ったりしています。

 

それを真冬にちょっとやってみました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


詳しく見る

うーん!あたり一面が雪!寒くてやばい感じがしっかり出てますね

 

このように、キャンプをしたときにも周囲の様子を完全に記録できるのです。

コレはまじでありがたい!

 

友人と遊びにいったときにリア充用途に活用する

さて、コレまでアウトドア系への利用を推奨してきました。

 

なのでこう思った方もいるでしょう。

趣味にしか使えないのかな?

 

いえ、そうじゃありません。

リア充用途にもかなり使えます

 

どういうことか。

たとえば、友人と遊びにいくとします。

そうすると皆なんらかの写真を撮るわけです。

そして帰ってから、写真をグループLINEとかで共有しますよね。

 

 

このとき、普通はみんな同じような写真をアップしてきます。

つまり同じような写真がたくさん共有されて、余るわけです。。。

 

しかし360度カメラがあれば、一歩ぬきん出ることができます。

 

360度でグルグルいじれる写真をLINEで共有できるのです。

当然、共有された側もLINEのアプリ上でグルグル動かして写真を見れます。

 

こんな感じに↓

詳しく見る

そうすると、みんな見たことがない写真だからかなり喜ばれます。(実体験)

皆で遊びにいくときに360度カメラをもっていくのは最高にオススメ

 

ちなみに、360度カメラの超GOODな特性も見逃せません

 

それはコレ↓

360度カメラを使うと、手に持っている人が真ん中に写るということ。

 

もうわかりますね。

リア充でキラキラな写真が撮れて、しかも自分が中心に撮影される。

自動リア充写真装置なのです。

これかなり絶大なメリットだと思いますね。

 

だってこの360度カメラで写真を取り続ければ、相当リア充で中心人物感のある写真が量産されます

なので結婚式のときの写真とかの場面でも、使える写真が多そう。

 

また歳をとって写真を見返したときも「リア充してたなぁ」となります。

 

なので「リア充用途」として使うのはとってもアリです。

 

まとめ

360度カメラってかなり使えるヤツだと、わかったでしょう。

 

工夫次第でもっと、活用できますね。

どう活用すると楽しいか考えるのも、頭の体操的にもかなり面白いですよ。


ちなみに私は、数年前にバンジージャンプ動画を作るべく活用してました。

360度カメラにヒモつけて、巨大な橋からバンジージャンプさせたことがありますw

 

どんな活用ができるのか、今後も考え続けたいですね。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.