2021/4/3

【ブロンプトンやその他ミニベロ】輪行をラクにするためのアイテムまとめ

輪行は超たのしい。それは間違いない。   でもちょっと大変でもあります。 実はこう思ってませんか?   もうちょっとラクに輪行したなぁ・・・   そこで今回はこんな方向けの記事です。 輪行をラクにするためのアイテムを知りたい!そしてラクしたいけど方法ないかなぁ?   OKです。 全輪行ユーザーの悲願である輪行をラクにする方法を紹介していきます。   キャリーカート まず圧倒的にキャリーカートが便利です。 リンク   というのも、転がし輪行が可能に ...

続きを読む

2021/4/2

【20速×転がし輪行】KHS-F20シリーズにRapid transit rackが装着できるっぽい件

どうもwktkです 最近あたたかくなって、輪行びよりになってきましたね。   こういう日は、ガーッっと思いっきりタイヤをぶん回したくなります。 こういう日はKHSのF20RCが活躍しますね。   さてこのミニベロ、かなり走りが良いんですが輪行がちょっと大変でした。 そこで今回はこんな方向けの記事。   KHSのF20を転がし輪行できる方法はないだろうか・・・?   たしかにこのF20RCシリーズは超良く走ります。 なので、この問題を解決する価値はかなりある。 &nb ...

続きを読む

2021/3/31

【レビューあり】ブロンプトンを買う勇気がでない人向けの記事

ブロンプトンはお値段が高い。 はっきり言って異常な高さ。   そのため、こういう人もいるわけです。 困った男性ブロンプトンが高すぎて、買う勇気が出ないよ・・・・   うーん、そうですよね。 ふつうに考えて、自転車に10万円越えの金額は異常。   こういう悩みがあるのもうなづけます。 そこで今回はこんな方向けの記事です。 ブロンプトンを買う勇気がない。どうしたらいいんだろう・・・・?   OKです。 この問題を深堀しつつ解決しましょう。   ブロンプトンの値 ...

続きを読む

2021/3/27

【続かない問題】haigeスピンバイクで「ながら運動」のおススメ

スピンバイクが続かない。 そういう人は意外と多い。   スピンバイクを自腹購入して、2年くらい活用しているwktkです。 わたしはすでにスピンバイクを趣味化して習慣化できました。 でも意外とそこまで軌道に乗らないって人も多い。   そこで今回はこんな問題を解決します。   困った男性スピンバイクがぜんぜん続かない! または スピンバイク買っても習慣化できなかったら困るなぁ。。。良い方法を知りたいなぁ   OKです。 習慣化するための超かんたんな方法を紹介します。 ち ...

続きを読む

2021/3/27

【購入者の視点】車無しでカヤックフィッシングするならどれを買うのがおススメか?

カヤックフィッシング。 釣り好きなら、憧れますよね。 いままでカヤックを導入するのは、かなり敷居が高かった。 運ぶための大きな車が必要で、キャリアも設置しなくてはいけないですからね。。。。   しかし最近はその敷居も非常に下がってきました。 とはいえ、カヤックはショボい物からまともな物まで混在しています。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 カヤックフィッシングをしたいんだけど車は持ってない。気軽に楽しめてまともなカヤックってないかなぁ? OKです。 わたしもこの条件↑で探して自 ...

続きを読む

ガジェット サイクリング ブロンプトン

【自腹レビュー】ORI BIKE(オリバイク)は結局何が優れているのか?対ブロンプトン 

ミニベロで有名なところで言うとブロンプトンがあります。

しかし優秀なのに知名度が低いミニベロが存在します。

 

それがオリバイクです。

以前オリバイクを購入したという記事を書きました。

 

その時に思ったのが、これです。

優秀なのにオリバイク人気ってなさすぎでしょ。。

ということです。

なぜだろうかと考えてみました。

結論としてはこれかと思います。

 

困った男性
オリバイクの知名度がなさすぎる。

そこで今回は こんな疑問を解決します。

 

オリバイクって一体どんなところが優秀なんだろう?

 

 OK です。

今回も自腹で購入しているので、この問題を深掘りしつつ解決します。

 

オリバイクはかなり優秀で間違いない。

私が購入したオリバイクはこれです。

 

さて先に結論を言っておくと、オリバイクはかなり優秀です

どんなところが優れているかと言うと、、これでしょう。

 

①転がすことができる。

②外装ギアであること

③パンク修理が簡単であること

④折りたたんだ状態から簡単に解除されない

⑤デザインがかっこいい 

⑥値段が割安すぎる

それぞれ深掘りしていきたいと思います。 

 

優秀①転がすことができる

折りたたみのミニベロにとって、転がすことができるというの大変重要です。

 

というのもミニベロで輪行する時に、ずっと持ち上げて運ぶのはかなりしんどいからです。

しかし転がすことができればずっと持ち上げている必要がありません。

 

オリバイクにはキャリアがついてるモデルがあります。

コレとかですね↓

そのキャリアを使ってコロコロ転がせばいいわけです。

 

手で持ち上げて運ぶよりも絶対ラクです

逆に言うと、転がせないミニベロは輪行しなくなる可能性が大です。

 

転がせるミニベロのまとめ記事を書きました。

 

こうやってみると意外と多くないのです。

なので転がせるオリバイクというのは大変貴重です。

 

まあ最悪、キャリーカートという手もあります。

荷物がすこし増えてしまいますが、輪行が超快適になるのでこれもアリです。

参照記事こちら。

 

とはいえミニベロ本体にコロコロキャリーがついてるのが最強です。

それを実現しているのが、オリバイクなわけですね。

 

優秀②外装ギアであること

ギアが外装ギアであることも重要です。

 

ブロンプトンを乗ったことがある人は特にこの重要性を痛感しやすい。

具体例としてブロンプトンの内装ギアモデルです説明しましょう。

と言うか大半は内装ギアモデルです。

 

この内装ギアというのが結構クセモノです。

ペダルをこいでいて抵抗が大きく、 パワーのロスを感じます。

なのでブロンプトンに乗っているとよくこう思うわけです。

 

内装ギアじゃなくて全部外装ギアだったらよかったのにな

 

その点オリバイクは外装ギアです。

しかも最初から、外装で8~10速という十分なギア数を装備しています。

さらにモデルによっては最初から105のコンポが付いてます

ブロンプトンから見ればヨダレの出るような素晴らしい装備ですね

 

これが標準装備なんだから、マジで素晴らしいです。

 

優秀③パンク修理が簡単であること

これもブロンプトンとの比較になります。

 

ブロンプトンは先ほど書きましたが、多くのモデルで内装ギアを積んでいます。

そしてその内装ギアが、パンク修理を複雑にします。

修理の際に、内装ギア内部のチェーンを取り出したりするわけです。

 

困った男性
ロードバイクとは比較にならない面倒臭さです。

しかしオリバイクならば、ロードバイクと同じようにクイックリリースでタイヤを外すことができます。

そして修理もロードバイクと同じで超簡単です。

 

輪行先でパンクする事って意外と多い。なので修理がラクなのはありがたい!

 

優秀④折りたたんだ状態から簡単に解除されない

これは結構注目したいポイントです。

ほとんどの折りたたみミニベロは当然ながら、折りたためます。

しかし、問題は折りたたんだ状態の後です。

輪行すると折りたたんだ状態で持って運ぶ必要があります。

 

その時に折りたたんだ状態が簡単に解除されてしまうミニベロが多すぎるのです。

 

どういうことか。

多くの折りたたみミニベロは、折りたたんだ状態でロックされる機構を持ちません。

例えばBirdyとかですね。

そのためちょっと傾けただけで、折りたたみが解除されてしまったりハンドルがぶらついたりするわけです。

 

困った男性
これはかなり運びづらいし、危ないです

先ほどのBirdyなんかもこのタイプですね。

 

しかしながらオリバイクはロック機構自体は持たないものの、折りたたんだ状態が固く保持されます。

なのでこの状態から運んでる最中にバラけることはありません。

 

そのため持ってる時も塊感があります。非常に持ち歩きしやすいです

 

優秀⑤デザインがかっこいい 

ミニベロにおいてテンションが上がるデザインか?というのも超重要です。

 

その点オリバイクは一切問題ありません。

見てください、このスポーティーなデザインを。

超かっこいいですよね。

このハンドルのジグザグな部分も含めて、唯一無二のデザインと言えます。

 

所有感も抜群で、個人的にもかなり気に入ってます。

 

ちなみにもう少し丸みのあるデザインがいいなーって方は、こちらの上位モデルも良さそうです。

 

こちらもスポーティー&エレガントでかなり物欲を刺激されますね。

 

しかもこちらはタイヤのサイズが20インチです。

なので走りもかなり爽快でしょうね。

 

優秀⑥値段が割安すぎる

オリバイクは他のミニベロに比べて、なぜか割安です。

この金額を見てみてください

 

かなり安いですよね

105コンポが乗っててこの値段ですからね。

 

以前記事にもしましたが、オリバイクはブロンプトンとBirdyの良いところ取りのミニベロ。

なので金額的にもブロンプトンやBirdyクラスになっていてもおかしくないのです。

 

でも金額的には全然この二つよりも安い。

 

ちょっと安くて値付けがおかしくないか?(←誉めてる)

と個人的には感じています。

 

おそらく知名度がまだ低いので、価格を下げてシェアを取りたいのでしょうね

逆に言うと消費者的にはかなりお得です。

 

まとめ

オリバイクの優れてる点がお分かりいただけたかと思います。

オリバイクユーザーはかなり少ない。

だから購入をためらったのも事実です。

 

でも実際購入してみて思うのが、これでした

有名どころの折りたたみ自転車よりも、優秀と言える点がかなり多いよなぁ。

 

なので食わず嫌いせずに、導入してみると幸せになれる人も多いかと思います。

 

他にもミニベロを自腹購入して色々レビューしています。

こちらも合わせてどうぞ。

PR

-ガジェット, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.