2022/3/2

リコー THETA X(シータX)ついにあの360度カメラが期待のアレ対応!これなら高満足度イけるで!

どうもwktkです。 リコーのTheta(シータ)というカメラをご存知でしょうか。コレは360°の撮影ができるかなり際立ったカメラです。 このシリーズかなり面白くて、以前から注目しています。 リコー 360度カメラTHETA SC2があるブロンプトンライドは1ライド2度おいしい!【PR】 そこで今回はこんな方向けの記事。リコーの360度カメラ、シータの新機種がまた出るらしいんだけど、期待できるのかなぁ? OK です。この問題を深堀りしつつ解説しましょう。   RICOH THETA ってこんなカ ...

続きを読む

2022/2/27

【少ない】部屋に置きたいデザインがオシャレ&かっこいいスピンバイクまとめ

どうも、自転車大好き wktk です。 自転車大好きすぎてスピンバイクなんかもハマっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由   スピンバイクのデザインはメーカーごとに千差万別。 しかしほとんどのメーカーにいえる事がコレ。 なんかデザインがゴチャゴチャしている製品多くない?      そこで今回はこんな方向けの記事 部屋に置いてもインテリアとして映える。そんなオシャレでかっこいいスピンバイクが欲しいなぁ。 oK です。スピンバイクを自腹 ...

続きを読む

2022/3/1

ハイガー産業HG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどこがオススメか。

どうもスピンバイク大好きワクテカです。 大好きすぎて、自腹で購入し手ウォッチしまくっています。 スピンバイクは安いとは言えない。でもおすすめする価値は十分にある理由     そこで今回はこんな方向けの記事。スピンバイクのHG-YX-5006は他のスピンバイクと比べてどんな点がオススメなんだろう? oK です。スピンバイクを自腹購入している私が、深堀りしつつ解説します。 HG-YX-5006はこんなスピンバイク。 まずこれがHG-YX-5006。 スピンバイク デジタル計測付き \1年保 ...

続きを読む

2022/2/26

【寒さ対策】ヘリノックスチェア用の電熱ヒーター売ってるやん!冬アウトドアキャンプ向け!

寒いけどキャンプがしたい。。。 冬キャンプは寒いけど、魅力があります。   何と言うか凛とした寒さが心地良いんです。 とは言えども、それが長時間になると話が変わってきます。 困った男性さ、さむすぎる・・・・!   そう、当たり前ですが真冬の寒さは半端ない。 真冬の寒さの前ではオシャレもカッコよさも吹っ飛ぶのです。   じゃあ冬キャンプは諦めないといけないのか?と言われるとそうではありません。 そこで今回はこんな方向けの記事 冬キャンプは準備とか動き回ってるときは暖かいんだけど ...

続きを読む

2022/2/24

ハリークインの電動自転車portable e bikeは評判期待できる。ジェネリック電動ブロンプトンだろ。

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です 折りたたみ自転車大好きすぎて、折りたたみミニベロを検証しまくっています 【レビュー】20 インチ折りたたみ自転車 TERN LINK B8に乗ってみたけどオススメできるか?   【レビュー】ルノー20インチ 折り畳み自転車 PLATINUM MACH9(プラチナマッハ9)に乗ったら、走りヨシ、デザイン超ヨシ、価格ヨシ! さて、そんな私が以前紹介したハリークイーンの Portable e bike 【レビュー】電動アシスト ハリークイン portabl ...

続きを読む

BYB TERN オリバイク(ORIBIKE) ガジェット サイクリング

【インプレ】TERN 折り畳み自転車BYB P8はブロンプトンの不満な点を解消しててスゴイのでは?

どうも折りたたみ自転車大好き wktk です。
折りたたみ自転車が大好きすぎて、自腹で購入しまくっています。   

【自腹レビュー】ORI BIKE(オリバイク)は結局何が優れているのか?対ブロンプトン 

 

さて以前紹介したTERNの BYB P8。

【レビュー】TERN 20インチ 折り畳み自転車 BYB P8  に乗ってみたわけだがオススメできるか?

この自転車のポテンシャルはかなりすごい。
というのも、ブロンプトンの不満な点をことごとく解消しているからです。

そこで今回はこんな方向けの記事。

TERNの BYB P8の購入に迷っているんだけど、購入すべきなのかなぁ?

oK です。
問題を深堀りしつつ解説しましょう。

【レビュー】 ルノー20インチ 折り畳み自転車 プラチナムマッハ8乗ってみた件

TERNの BYB P8はこんな自転車。

まずこれがTERN BYB P8です。



ぱっと見たカンジ、普通の自転車。

しかし、その性能は普通の自転車を遥かに凌駕しています

というのも折りたたみ性能がブロンプトン並にヤバい


それだけでなく、だんだんと気がついたのが事があります。

 

それがコレ。

ブロンプトンの問題点をことごとく解消してくる自転車な気がする

ということです。

ブロンプトンの問題点?解消?

これだけだと分からないと思うので、解説していきます。

 

ブロンプトン抱える問題点

ブロンプトンは折りたたみ自転車の中でも、名作と呼ばれる製品

ブロンプトン

とはいえ、完全無欠な製品ではなく色々と問題点もあります

 

例えば以下が問題点と言えます。

・ギアが最大でも6速しかない。
・タイヤのパンク修理が大変。
・値段が高すぎる
・多段モデル(6速)にしたい場合、内装ギアを避けられない
・英式バルブ

このように、ちょっと考えるだけでも色々と問題点があるわけです。

ブロンプトンにも意外と問題あるんですね。

 

そして、これらが長期で使うとじわじわ来る

 

じわじわと忍び寄る「不満」

ブロンプトンにも問題があることはわかりました。
とはいえどんな製品でも、多少の問題はあります

そのため購入前は、これらの問題点に対してこう思うわけです。

まあ、これぐらいしょうがないよね。

しかし、いさブロンプトンを使っていくとこの小さな不満がちょっとしたストレスに

 

そしていつの日かこう思うわけです。

困った男性
この箇所がもっと良い構造だったらなあ。。。

さらに。。。その思いは膨れ上がる。

  • 内装ギアが、外装ギアだったら。
  • もっとギアがたくさんあればなあ。。。
  • パンク修理大変すぎるなあ。。。

そう。
このように不満がたまってくるわけです。

困った男性
意外と不満感じてるんですね。

 

しかしですよ、これらを全部解消してる自転車があります

それがTERNの BYB P8なのです。

それぞれの不満について見ていきましょう。

 

内装ギア問題→BYBは外装ギア

tern BYB P8は、外装ギアを装備しています。

ブロンプトンなどの内装ギアと違って、抵抗が少ないため確実に走りが軽くなります。

内装ギアもギア周りが汚れにくい というメリットがあります。
しかし走りの良さでは断然、外装ギアのほうが上です。

BYB後述しますが、BYB P8外装8速。

かなり走行性能が高いですね

 

 タイヤのパンク修理→BYBならラク

ブロンプトンのパンク修理は結構大変。

というのも、クイックリリースが装備されてないためタイヤの取り外しがそもそも大変
特に後輪が工具必要でヤバイ。

困った男性
今時わざわざレンチで、ネジを外してからタイヤ交換。面倒すぎる。。。。

 

しかも内装ギアのモデルでは、内装ギアを外す作業まであるわけです。

出先ではブロンプトンのパンク修理をしたくない人がいるのも頷けるわ。。

 

しかし BYB P8なら、簡単です。
というのも外装ギアのため、取り外しに関しギアの調整なんかもほとんど不要なのです。

明らかに BYB P8の方がパンク修理楽ですね!

ちなみにクイックリリース化しても便利で良いかと思います。

 

値段が高すぎる→BYB P8のほうが安い

ブロンプトンは車体の価格が明らかに高すぎます。

18万円とかするわですから、気軽には買えませんよね
あまりにも高い為こんな記事も書きました。

ブロンプトンを買えない10の理由 後悔・悩まないためにチェック

 

ブロンプトン高過ぎ!な人が買うべき安くて転がせるおすすめミニベロ 


しかし BYB P8ならかなりお値段が安いです。
これ見てください。



これならまぁ買えますよね。

 

多段で内装ギア→BYBは多段外装ギア

先ほども述べましたが、 BYB P8は外装ギアを標準装備です。

そのためブロンプトンで最大の多段モデルである6速のように、内装ギアを搭載する必要がありません。

内装ギアを搭載しないため、先ほど述べた通りパンク修理も簡単になります。

さらにギアの抵抗もないわけで、速く楽に走るにはちょうどいい。

いいことづくめですね。

そしてギアも8速装備しています。

これはかなり走りやすいですね。

 

英式バルブ→BYBは仏式バルブ

これはちょっと人によるかもしれませんが、私はバルブは仏式が好きです。

というのも、ロードバイクや他のミニベロも所有しているので仏式に統一したいのです。

一方、ブロンプトンだけ英式。そのためコレ用に空気入れ出すのはめんどくさい

仏式で空気が入るならば、空気入れを使い回せるので便利ですね。

 

BYB P8は仏式バルブです。

そのためロードバイクの空気を入れつつ、ついでにBYB P8の空気を入れる。
なんてことも出来るわけです。

これは便利ですね!

 

まとめ

このように、BYB P8はブロンプトンの抱える問題を解消してきてるわけです。

TERN社はブロンプトンをよく見て開発しましたね。

 

ブロンプトンを越えようとする執念が垣間見える、製品と言えます。

他にも関連記事書いています。
一緒にどうぞ

【レビュー】TERN 20インチ 折り畳み自転車 BYB P8  に乗ってみたわけだがオススメできるか?

【レビュー】TERNの電動アシスト自転車ヴェクトロン、原付の領域に踏み入れてない??って話

PR

-BYB, TERN, オリバイク(ORIBIKE), ガジェット, サイクリング

Copyright© Wktkこんぱす , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.