2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット

【断トツでSignature Cover】Surface Type Cover3とSignature Coverの購入比較レビューしてみるよ。

私はSurface Pro3をサブPCとして外出先で使っています。サブPCとはいえ結構な頻度でキーボード入力をするわけです。

 

そうなってくると気になるのが、キーボード環境。

少しでも快適にタイピングできる環境を構築したいなぁ。

っておもうんですよね。

 

もともとSurface Pro3に最初から付属してくるTypeカバーを使ってましたが、Surface pro4用に発売されたSignatureカバーが流用できるため購入して比較してみることにしました。

(左)Surface Pro3Typeカバー (右)Surface pro4 Signatureカバー

〇Surface Pro3に最初から付属してくるTypeカバー

まずはTypeカバーです。使い込んでいるのでキーのテカリがあるのはお許しください。

特徴としてはキーボードがタイルキーで左右のキーが隣接しています。指が大きい人は誤タイプが気になるかもしれません。私もちょっと気になってました。

 

押し心地はやや深いです。とはいえ打ち込んでて支障が出るほどではなく、そこそこ快適にタイピングできます。

 

〇タッチパッドの感度は普通

Typeカバーのタッチパッド感度は極めて普通です。可もなく不可もなくという感じでしょう。MacBookなどと比較するとわずかに劣る程度です。実際使ってみての感想はこんな感じです

1年使ってるけど、、感度に不満は特にないなぁ

指を近づけてタッチパッドに置く瞬間に0.1秒だけ反応が遅れ、その後は遅延なく反応します。これは好みの問題でしょう。

 

■さていよいよSignatureカバーの紹介です。

Signatureカバーはレザーのような加工がされています。寒い冬なんかは肌触りが良くてひんやりしづらく良いですね。



 

写真のカラーはコバルトブルーです。なかなか良い色ですよね。

 

〇キーボードは隙間が設けられており、誤タイプ無し。

Signatureカバーはキー間に隙間があるため、同時に隣接したキーを誤タイプすることはありません。誤タイプは超ストレスになるためこれだけでもSignatureカバーは買いだなと思います。タイピングスピードの向上に直結するし。

 

〇タッチパッドの感度は良好。Macbook並み

Signatureカバーはタッチパッドが非常によろしいです。Typeカバーのときに書いた、指をおくときの微妙な遅延もありません。

そのためTypeカバーのときに感じる「おや?タッチパッドの反応が・・・やっぱ大丈夫だった」という思考が発生せず、タイピングに集中できます。

替えてみての感想はこんなでした

す、すごい!めっちゃ反応がいい!

かといって過敏でもなく絶妙!

もはやこの感度なら『Macbook並み』というタッチパッド界の最高名誉を授与できるレベルです。

 

このタッチパッドの感度の良さはTypeカバーから大幅に向上しており、置き換える価値は十分にあります。

 

〇タッチパッドエリアの比較

またタッチパッドのエリアの比較をしてみます。上がSurface Pro3Typeカバー 下がSurface pro4 Signatureカバー。

下のSurface pro4 Signatureカバーのほうがタッチパッドエリアが広くなっているのがわかりますね。このエリアは広いほど快適ですので、助かりますね。

 

ついでにほかの部分も見てみましょう。

端子部分はどっちも同じ。流用できるので今後もこのままでお願いしたいところです。

裏面。表記が異なります。まぁ気にする方はほとんどいないような微小変更ですね。

 

〇まとめ Signatureカバーは買い替える価値が十分にある。特にSurface  pro3の人はコスパ最高。

Signatureカバーは一見、Typeカバーのデザイン違いのプレミアモデルに見えますが、極めて実用的なキーボードです。

理由は2点あります。

①キーが隣接してないため誤タイプ皆無、②タッチパッドの反応が超向上 という2点のメリットが絶大なため買い替える価値があります。




またSurface pro4専用に見えるがpro3の人も使えます。pro3の人はこのSignatureカバー買っておけば、Surface pro4への買い替え欲求もおさまるレベルで快適になります。

 

私がそうでした。「これ(Signatureカバー)さえあれば何(Surface pro4)もいらない」です。というわけで非常におすすめでした。

 

PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.