2020/2/25

apple Watch ではなく fitbit versaを選んで半年が経つので長期レビュー【比較】

皆さんスマートウォッチは使いこなせてるでしょうか? スマートウォッチのメジャーどころといえば、apple Watch です。 しかし私はあえてアップルウォッチではなく、fitbit versa を選びました。 その理由は以前記事にしておりますので、読んでみてください。 さて今回は、購入してから半年経つのでその半年の間にどう変化があったのか、について書いていきたいと思います。 この記事はこんな方向けの記事。 fitbit versaが評判良いので気になるけど、長期使用してみた人の意見が見たい。 oK です。 ...

続きを読む

2020/2/23

【誰でもできる】Chat-Wifi 100ギガSIMのスマホ設定方法【APN設定】

以前ご紹介したChat wifi社 100ギガSIM。私も契約してメイン回線にしてるわけですが、非常にお得なので契約された方も多いようです。 Chat wifIのSIMとはこれ↓ですね。 さて契約後のスマホ設定はだれでもできるレベルでカンタンです。 でも「念のために記載しておいてほしい」というご意見を踏まえ、実際契約してるスマホを使って、紹介しておきたいと思います。 今回はこんな問題を解決します。 Chat wifi社 100ギガSIMのスマホ側の設定って難しいのかな?自分にもできるだろうか? OKです。 ...

続きを読む

2020/2/19

Dahon k3Plusが入手できないので、16インチ7速ギアのRenault Platinum Light8もありな件【ルノープラチナムライト8】

Dahon k3Plusの記事がよく読まれています(感謝)。 かなり良さそうなミニベロなんですが、国内未発売で手に入らない。。。 そうなるとメンテナンスの問題などもあって、手を出せない人も多いわけです。 そのため、こんな風に思う人が日に日に増えてくるはずです。 Dahon k3plusと同じようなスペックで、まともなメーカーから折りたたみミニベロ発売されてないかな? この気持ち非常にわかります。深堀しつつ紹介していきましょう。 Dahon k3plusってこんなミニベロ。 Dahon k3plusをおさら ...

続きを読む

2020/2/16

DAHON K3やSAVARN(SAVA)ならリュックで背負うスタイルの輪行袋もありな件

個人的に最近Dahon k3が興味深い。K3は輪行に特化しつつも最低限の走行性能を有しているからだ。ちなみにもう少し走行性能が欲しい人はk3Plusがよさそうだが、こちらは国内未発売。 そのため当面の間はDahon k3が現実的なアイテムだ。 しかしk3が小さいミニベロといっても手に持って、持ち運ぶのは取り回しがちょっと面倒。ずっと手に持ってるのは鬱陶しい。とはいえこのサイズになるとキャリーカートを使うほどでもない。 そこで今回はこんな問題を解決します。 Dahon k3をもう少し気軽に運びたいなぁ。でも ...

続きを読む

2020/2/15

Renault?いいえ実物のサヴァーン FDB169(SAVA/SAVANE)に乗ってみた感想

最近折りたたみミニベロ界で話題に上がり始めてる(?)サヴァーン FDB169 。 この折りたたみミニベロはスペックがすさまじく、夢のような降りたたみミニベロです。 しかしスペック上はすごくても、実物はどうなんだ?って思う人も多いわけです。そこで実際に試乗させてもらい、乗ってみた私がレビュー記事を載せておきます。(あまり写真ないんですが、撮影許可もらいました) この記事はこんな方向けの記事です。 サヴァーン FDB169 のスペックがすごくて気になる!でも実物は全然ないし、実際に乗ってみた人の意見を見たいな ...

続きを読む

ガジェット

【断トツでSignature Cover】Surface Type Cover3とSignature Coverの購入比較レビューしてみるよ。

私はSurface Pro3をサブPCとして外出先で使っています。サブPCとはいえ結構な頻度でキーボード入力をするわけです。

 

そうなってくると気になるのが、キーボード環境。

少しでも快適にタイピングできる環境を構築したいなぁ。

っておもうんですよね。

 

もともとSurface Pro3に最初から付属してくるTypeカバーを使ってましたが、Surface pro4用に発売されたSignatureカバーが流用できるため購入して比較してみることにしました。

(左)Surface Pro3Typeカバー (右)Surface pro4 Signatureカバー

〇Surface Pro3に最初から付属してくるTypeカバー

まずはTypeカバーです。使い込んでいるのでキーのテカリがあるのはお許しください。

特徴としてはキーボードがタイルキーで左右のキーが隣接しています。指が大きい人は誤タイプが気になるかもしれません。私もちょっと気になってました。

 

押し心地はやや深いです。とはいえ打ち込んでて支障が出るほどではなく、そこそこ快適にタイピングできます。

 

〇タッチパッドの感度は普通

Typeカバーのタッチパッド感度は極めて普通です。可もなく不可もなくという感じでしょう。MacBookなどと比較するとわずかに劣る程度です。実際使ってみての感想はこんな感じです

1年使ってるけど、、感度に不満は特にないなぁ

指を近づけてタッチパッドに置く瞬間に0.1秒だけ反応が遅れ、その後は遅延なく反応します。これは好みの問題でしょう。

 

■さていよいよSignatureカバーの紹介です。

Signatureカバーはレザーのような加工がされています。寒い冬なんかは肌触りが良くてひんやりしづらく良いですね。



 

写真のカラーはコバルトブルーです。なかなか良い色ですよね。

 

〇キーボードは隙間が設けられており、誤タイプ無し。

Signatureカバーはキー間に隙間があるため、同時に隣接したキーを誤タイプすることはありません。誤タイプは超ストレスになるためこれだけでもSignatureカバーは買いだなと思います。タイピングスピードの向上に直結するし。

 

〇タッチパッドの感度は良好。Macbook並み

Signatureカバーはタッチパッドが非常によろしいです。Typeカバーのときに書いた、指をおくときの微妙な遅延もありません。

そのためTypeカバーのときに感じる「おや?タッチパッドの反応が・・・やっぱ大丈夫だった」という思考が発生せず、タイピングに集中できます。

替えてみての感想はこんなでした

す、すごい!めっちゃ反応がいい!

かといって過敏でもなく絶妙!

もはやこの感度なら『Macbook並み』というタッチパッド界の最高名誉を授与できるレベルです。

 

このタッチパッドの感度の良さはTypeカバーから大幅に向上しており、置き換える価値は十分にあります。

 

〇タッチパッドエリアの比較

またタッチパッドのエリアの比較をしてみます。上がSurface Pro3Typeカバー 下がSurface pro4 Signatureカバー。

下のSurface pro4 Signatureカバーのほうがタッチパッドエリアが広くなっているのがわかりますね。このエリアは広いほど快適ですので、助かりますね。

 

ついでにほかの部分も見てみましょう。

端子部分はどっちも同じ。流用できるので今後もこのままでお願いしたいところです。

裏面。表記が異なります。まぁ気にする方はほとんどいないような微小変更ですね。

 

〇まとめ Signatureカバーは買い替える価値が十分にある。特にSurface  pro3の人はコスパ最高。

Signatureカバーは一見、Typeカバーのデザイン違いのプレミアモデルに見えますが、極めて実用的なキーボードです。

理由は2点あります。

①キーが隣接してないため誤タイプ皆無、②タッチパッドの反応が超向上 という2点のメリットが絶大なため買い替える価値があります。




またSurface pro4専用に見えるがpro3の人も使えます。pro3の人はこのSignatureカバー買っておけば、Surface pro4への買い替え欲求もおさまるレベルで快適になります。

 

私がそうでした。「これ(Signatureカバー)さえあれば何(Surface pro4)もいらない」です。というわけで非常におすすめでした。

 

PR

-ガジェット

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.