2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

サイクリング ブロンプトン

<誰でもできる>ブロンプトンにドロップハンドルをつける方法とレビュー

ブロンプトンは輪行に非常に良くて重宝しますよね。しかし輪行してるうちにどんどん欲求は増えていきます。
例えば坂道を快適に登りたいという欲求です。

ブロンプトンは平たんな道はいいんだけど

坂道がきついんだよなぁ。

そうなんです。完成度の高いブロンプトンでも坂道は苦手です。じゃあどうすればいいかと言うとドロップハンドルを装着するのです。

しかし通常はドロップハンドルに交換しようとするとブレーキの取り回しなど、かなり大変です。
そこで簡単な方法を発見しましたので記載していきます。

解決策 ドロップハンドルバーエンドを使う。

最初から結論言ってしまうとタイプのドロップハンドルを使えばいいのです。



これですね。

ということで実際に取り寄せてみたので紹介します。

 

amazon で買うとこのようにドロップハンドルの部分だけが来ます。

これをブロンプトンのグリップ部分に装着するわけです。

ちなみにほかに必要な工具はこれだけです。

というわけでさっそく装着手順などから紹介していきます。

ブロンプトンのグリップ部分を外していきます。

この黒い滑り止めのグリップは引き抜くだけで外れます。

そしてその端っこにドロップハンドルのバーエンド装着します。

おおよその位置を決めましょう。これは完全に見た目と好みで調整です。角度もお好みで調節しましょう。

六角レンチで絞めれば簡単に強固に固定ができます。左右両方ともドロップハンドルを装着しましょう。とりあえずバーテープは後で巻くとして、しばらくは角度を調整するためこのまま使用してみます。



こんな形でドロップハンドルが完成します。

ブロンプトンの場合、Mハンドルを使ってる方が多いかと思います。Mハンドルにドロップハンドルバーエンドをつけると、写真のようになかなか精悍な見た目になります。

全体写真を後で載せますが、全体のフォルムもなかなかのカッコよさになります。

 

折りたたみへの影響は?

折りたたみをすると、若干ドロップハンドル部分が飛び出しますが、まあ許容範囲でしょう。

見た目も締まりが出てかなりカッコ良くなるので非常におすすめなカスタムです。

走行してみた感想

はっきり言って非常に良いです。もっと本音ベースでいいましょうか。。

めちゃめちゃいいです

ブロンプトンを持っている人は全員ドロップハンドル化すべきレベルです。

下ハンドルがあるおかげで、坂道の時にハンドルを強く握れます。そのため力が逃げず非常に走行性能が上がりました。

たったこれだけの金額で走行性能がここまで上がるんだったら、皆さんにオススメできます。

ぜひやってみるべきカスタムです!


PR

-サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.