スマホ用のワイドレンズはブロンプトンライドでかなり活躍する!

ガジェット

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

最近スマホ用のワイドコンバージョンレンズを愛用しています。なぜかというとかなり使える奴だと気づいてしまったからです。

というのも、ブロンプトンライド時など輪行中によく撮影をするんですがその際に思うことは

ヒルクライム中の荷物を減らしたい。いい方法ないかな

とか

ブロンプトンを写しつつも、周りの風景を広く写せないかなぁ

ということです。まぁ相反する問題ですしなかなか、解決策はないかぁと思っていました。しかし

その両方の願いをかなえてくれるのが、スマホ用のワイドコンバージョンレンズなんです。
というわけで今回はこんな問題を解決します。

ブロンプトンライド時の荷物を軽量化しつつ、②ワイドに撮影したい

ということでこれを解決するためのアイテムを自腹で入手したので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

解決策はスマホ用レンズ:Aukey ワイドコンバージョンレンズ

先に結論をいっておきます。解決策はこれですね。

これはクリップでスマホのカメラ部分に挟むことで装着する仕組です。きわめてシンプルな仕組のためほとんどのスマホに対応しています。

ちなみに私はダブルレンズのスマホを使ってますが、メインカメラ側に装着することで問題なくワイドコンバージョンレンズを利用できます。

あとはレンズの位置を微調整します。

そしてあとは撮影するだけ。超カンタンですね。

ちなみに見た目のインパクトはなかなかの迫力です。カメラ好きにはたまらないでしょう。

どれくらいワイドに撮影可能か。0.45倍の衝撃(数字が小さい程すごい)

このAUKEY製のワイドコンバージョンのすごいところは超絶ワイドという点です。
通常のワイドコンバージョンレンズが0,7倍程度のワイドにしかならないところ、0.45倍までワイドになります。

これは驚くべきワイドっぷりです。
通常のスマホの画角と比較をしてみます。

・通常

 

・AUKEYワイドコンバージョンレンズ

広い!かなりのワイドアングルになってる!

かなりの差がありますよね。ここまで広く写せるので応用することもできますね。

ブロンプトンライド中も周りの雰囲気を見せやすくなります。

またブロンプトンを下からの迫力あるアングルの写真も撮れるわけです。撮影の幅が広まりますね!




 

圧倒的に軽い!持ち歩きがラク

以前から書いているように、重いものは持ち歩かなくなり使わなくなる。その逆に軽いものは持ち出し頻度が増え、どんどん使うようになるものです。

このAUKEYワイドコンバージョンレンズは軽いのです。通常ワイドレンズは300g~500g程度あるものです。しかしAUKEYワイドコンバージョンレンズは非常に軽く30g程度です。

超軽いですね。持ち歩きの際、重さを感じることがありません。

しかも持ち歩き時もかんたん。クリップレンズなので、適当な場所に挟んで置けばいいのです。

だからレンズの取り回しの面倒さが一切ない。

レンズキャップが心くすぐる

安価なワイドコンバージョンレンズでありながら、写りもよく持ち運びもラク。この時点ですでに充分なんですが、レンズキャップがまたイイんです。

こんな感じのレンズキャップが同梱されてます。

こいつを装着しておけばレンズが傷つきません。そういう利便性に加えレンズキャップの存在でメカ感が増すのがすごくいいですね。

ワイドレンズの下にはマクロレンズあり

実はワイドレンズはその下に別のレンズを備えています。前面のワイドレンズを外すとマクロレンズが出てくるんですよ!


す、すごい!

マクロレンズは近接の接写能力が大幅に上がります。
こんなに近くまでよってもOKになります。ブロンプトンのパーツ等をアップで撮影したいときなんかにも活躍しますね。

\かなり小さな六角穴の状態も撮影できる/

輪行中に発見した非常に小さなキノコも撮影できる。どれくらい小さいかというと、、

 

実はこのサイズ。

ヤバい!こんな小さいモノを撮影できるとは!

1円玉よりも圧倒的に小さい。このサイズにピントが合うマクロレンズはかなり強烈。

まとめ

ブロンプトンライドでも活躍しますが旅先でも積極的に使いたいワイドレンズです。何より軽量・取り回しがラクというメリットが素晴らしいですね。

しかもこれ1個でワイド、マクロともに大幅に性能アップし、スマホを機種変更しても使い続けられるのが素晴らしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました