2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

2020/8/25

【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件

普段ミニベロの記事ばかりですが、渓流イワナ狙いでルアーフィッシングもよくやってます。 ミニベロで走って、渓流まで行き、釣りを楽しむ。   こういう最高の組み合わせを楽しんでるわけです。 さて、今回はロードバイク界隈では有名な「シマノ」が発売しているリール、スコーピオンBFSが超素晴らしかったので紹介です。   この記事はこんな方向けの記事です。 ロードバイクでシマノは有名だけど、釣り具でのシマノってホントにすごいの? または、 スコーピオンBFSの購入で迷ってるんだけど、本当に軽量ルア ...

続きを読む

2020/8/22

【安いのになぜ!?】TERN LINK A7購入してみて感心した件

以前TERN  LINK A7を購入した記事を書きました。 その時思ったのがこれ。 TERN  LINK A7ってかなりすごくなったんじゃないか? ということです。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 TERN LINK A7の購入を迷ってるんだけど、他のモデルに比べて安いので作りが悪かったりするのかなぁ? うーんたしかに気になるところですよね。 OKです。自腹購入したので実際どうなのか紹介をしていきましょう。   結論:TERN  LINK A7の作りは良好! まず購入したのは ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

ブロンプトンのバック用のフレームだけ入手する方法。

ブロンプトンにはSバック、Cバック等いろんなバックがあります。しかし中にはお気に入りのバッグをブロンプトンをバックに使いたいという方や、バックをそもそも自作する方もいます。そんな方はブロンプトンの『バッグ用フレームだけ追加で欲しい』と感じるんじゃないでしょうか。

かくいう私も、かなりかっこいいブロンプトン向けのカバンを発見したため、追加でバッグのフレームだけ欲しくなりました。

 

 

そこで今回はこんな問題を解決します。

ブロンプトンのバッグをフレームだけ入手したいんだけど、そんなのあるのかなぁ?

OK!この問題を深堀りしつつ解決していきましょう。

バック用のフレームを付け外しするのはめんどくさい。

通常ブロンプトンの純正バックにはバックと一緒にバック用 フレームも付いてきます。こちらが純正品。画像の上部にバックフレームの持ち手が見える。

じゃあこれを流用すればいいじゃないか、と思うかもしれません。しかしながらこれをその日の気分によって付け替えて、頻繁に交換してるうちにこう思ってきます。

バックへのフレームの付け外しめんどくさいな。もう一個フレームがあれば付け外しをしなくて済むのになぁ。

そうなんですよね。作業自体は単純なんですが、この交換頻度が高くなっているとかなりめんどくさいです。
じゃあどうするかと言うと、フレームだけ購入できればいいわけです。

単体でバッグ用のフレームだけでも購入できる

幸いなことに、サードパーティ製でバッグ用フレームが製品化されています。これを利用しましょう。
これですね

こいつを活用していけばいいわけです。

サイズはCバック、Sバック、ミドル(!)、スモール(!)あり。

製品ラインナップが結構豊富で通常のラインナップとしてCバック、Sバック用があります。さらに独自にミドル、スモールという規格も販売されています。

こちらがミドル。

コレがスモール。

このミドルとスモールという規格がなかなか秀逸で、これのおかげで小さめの好みのバッグなども使えるようになりました。

サイズ表を見ながら検討するのが良いかと思います。

ナショナルジオグラフィックスのショルダーバッグが好きでフロントミニバックとして流用しています。(結構容量入るし、あとナショナルジオグラフィックスなのに安いのがポイント。)

値段も安くて良心的。

このサードパーティー製のフレームバッグの良いところは、値段が安いところです。純正品の価格感だと1万円超えくらいしそうですが、このフレームバッグはサイズ問わず6750円です。

おお!安い!

しかも今の時期だったら、キャッシュレス5%還元対象になっておりさらに値引きがあってお得。なかなかいい時期です。

バックをつけずに持ち手としての利用も OK

ブロンプトンのバッグ用フレームを『輪行時の持ち手として使いたい(バッグは装着しない』という方もいるようです。実際わたしもたまにやります。

しかしながら S バックやCバックのフレームだけを利用すると大きすぎて、悪目立ちします。特に電車に乗ってる時の不審物感・危険物感がヤバいです。

そのためこのように思うわけです。

持ち手として使うだけの小さめのバッグ用フレームがあればいいなぁ。

それがこのスモールタイプのバッグ用フレームで解決します。サイズを見てもらうとわかると分かる通り非常に小さいです。

そのためこれを単体でつけていても悪目立ちせず、持ち手としてだけ使うのにも適しています。フレーム自体は小さめですが持ち手の部分は必要なサイズがあるので、実用に問題ないと思われます。

まとめ

ブロンプトンのバッグ用フレーム単体でも購入できることがわかりました。ブロンプトンの魅力はこういうサードパーティー製の充実してることです。

自分に適したカスタマイズをして、どんどん使いやすいアイテムにしていきたいですね!

ブロンプトンをロングライドやヒルクライム向けにカスタムしたい方はこちらもどうぞ。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.