【ユニクロ不可】ワークマンで全身揃えるカッコいいスノボ(スノーボード)、スキーウェア【安いのでオススメ】

wktkな考え方

本日もWktk Compass(わくてかコンパス)をご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローしてくれたら、すごく喜びます。

お仕事のご依頼はサイトの一番上にある、お問い合わせからご依頼ください

最近ワークマンがかなりすごい。以前からワークマンに注目しており、自腹で購入しまくっていろいろ記事を書いてきました。そうやって何度もワークマンで服を購入していく中で、気づいてしまったことがあります。

それは、ワークマンのウェアってかなり性能良いからスノボ(スノーボード)やスキーウェアとして使えるんじゃないか?ということです。

こういう視点でワークマンウェアを見ていくと驚きの事実が判明しました。まぁそれは後述します。さてこれを踏まえて今回はこんな方向けの記事です。

スノボやスキーのウェアって高いよなぁ。安くてかっこよく揃えられないだろうか。。

さて、こういう無茶な要求に対しては『無理です!』でふつうは終わりなんですが、今回はその解決策を発見しています。ではこの問題を彫り下げつつ解決していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スノボ、スキーウェアはそもそも値段が高い。

冬のアクティビティであるスノボ、スキーウェアは普通の服に比べて全体的に値段が高いです。

というのも雪の降るエリアで使うためその耐寒性能と、雪や水を弾く必要のある防水性能、さらに運動の熱(汗)を逃がす放熱性能。これらが必要なんですね。そうなると、これらの無樹hんした要求を実現するために先進的な技術や素材を使う必要がでてきます。

うーん値段が高くてもしかたないかもなぁ。。。

そう、スノボやスキーウェアの値段が高いのは割としょうがなかったりします。
でも買う側としてはそうもいってられませんよね。

じゃあどうするかと言うと先程挙げた過酷な環境に近い状況向けの層に着られてる衣料メーカー、小売店を探してみるのです。

ガテン系の職場は環境がきつい。そこで着られてる服は強い

さて先に挙げたような過酷な環境を要求される状況について考えると、ガテン系(肉体系職場)の服が流用できます。

ガテン系の方が求める冬の衣類スペックがコレです。

冬でも屋外で作業するための耐寒性能、雨でも仕事をしなければならないため高い防水性能、体を動かすためにかく汗を逃がす放熱性能。

あれ?これ先に挙げたスノボ、スキーウェアの環境とそっくりすぎませんかね?

そうなんです。しかもガテン系ウェアの場合、状況が悪ければ上に挙げた環境が毎日続く可能性すらあるわけです。つまり数日程度で破れたり壊れたりすることは許されない。そのため耐久性も期待できます。

というわけでガテン系の服といえば、我らのワークマンに目が向くのは当然です。

ワークマンでスキー、スノボウェアが揃うのか?→揃いました。

まず結論から言いましょう。

ワークマンでスキー、スノボウェアを揃えるのは超アリです。

というのも、ワークマンは全然広告などで宣伝してませんでしたが、ワークマンの高機能系ウェアは登山やウィンタースポーツに推奨していることを、製品タグから発見してしまいました。

ウインタースポーツって書いてあるやん!てかスノボしてる写真だ!

よし、これで安心してスキースノボウェアを揃えられます。

ということでここからは実際に私が着てみて、『これならスキー、スノボに良い』&『着てみてカッコいい』と言えるウェアを紹介します。

まずは上半身からです。上半身はおよそ三枚着ればいいです。

①アウタージャケット
②フリースなど(セカンドレイヤー)
③インナー肌着(ファーストレイヤー)

この3つです。それぞれ順に紹介していきます。

アウタージャケット

一番外側の服ですね。このアウタージャケットに要求される性能は、高い耐水性と耐寒性能です。それゆえに高スペックで高い値段になりがちですが、ワークマンはやってくれました。

いくつか候補はありますがアウタージャケットの一番おススメはコレです。

WM3639 イ−ジス360゜(サンロクマル)リフレクトDENIM(デニム)ジャケット

このジャケットは来た瞬間にわかるあったかさ。そして耐久性の高さが特筆ものです。素材自体がしっかりしていると感じます。

というのも耐水圧10000mmまで対応しており、そこら辺のレインコートの比ではなく、登山とかに着ていけるレベルです。

 

袖に雪が入りにくいリストガード付き。

また袖周りも雪がはいりにくい構造になっているのも好感が持てます。

フェイスガードまでついてくる豪華さ

なんと首周りの保温に優れるフェイスガード機能も搭載されてます。この首周りのガードをくっつけると。。。。

 

かなり高い位置までフェイスガードが!これはイイですね!

 

セカンドレイヤー(肌着の上に着る服)

セカンドレイヤーとしては王道のフリースがイイでしょう。ただ安いフリースはやぼったくてダサいいものが多く、アウトドアブランドは値段が高すぎます。しかしカッコよくて安いフリースというものが、稀に存在してコレがソレです(確信)

セカンドレイヤーは見た目にもオシャレな必要があります。その理由は意外と他人の目につくタイミングが多いからです。
というのも、スキーやスノボって一日中ずっと滑ってることはできません。体力を使うので、たいていお昼休憩をはさみます。そのとき室内は暑いので、アウタージャケットを脱ぐのです。

そうなると、セカンドレイヤーが一番外側にくるので一番みられる服になるのです。

そのためあまりにボロかったり、ダサいと恥ずかしい思いをします(経験談)

私はこの記事を読んでる方に恥ずかしい思いをしてほしくない。だからカッコいいセカンドレイヤーを紹介してるのです。でも他にも出費や趣味があるわけで安く抑えたいという気持ちも超理解します。

着心地がイイ&スタイリッシュ!

色は複数ありますが、アウタージャケットとの兼ね合いもありブラウンにしました。これがとてもいい色です。ちなみにホワイトやブラックもかなりスタイリッシュで捨てがたい。

裏地がアルミ蒸着プリントであったかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

このワークマンのフリースは機能性もかなり優れています。具体的にはかなり暖かいんですよ。

というのも背中の部分にアルミ蒸着プリントが加工されており、熱を逃しにくくしているんですね。一方で全面をこれで覆ってしまうと蒸れてしまうので、絶妙に背中だけです。

素晴らしい配慮。メーカーの実施テスターがちゃんとテストしてるんですね。

ちなみにデザインの好み次第でこちらのフリースもいいと感じました。どちらを選んでも後悔しないので、これは好みで選んでOKです。

肌着インナー(ファーストレイヤー)

最近あたたかい系肌着は戦国時代ですね。ユニクロのヒートテックや他社からもいろいろ出てます。でも個人的には「ヒートテックを買うなら確実にこっちだろ」と思うわけです。値段もたいして変わらないんだから、明らかに暖かいこちらを推奨します。

生地もこちらの方が厚いのです。生地の厚さは耐洗濯性(耐摩耗性)の高さに直結します。厚い方が生地が多少減っても穴が開きにくいのです。

 

ネックウォーマー

ワークマンでネックウォーマーもあったりします。でも安すぎるので売り切れかもしれません。

ネックウォーマーはヒートアシスト系の機能がないため、他社製でもいいと思います。こういうときは冬場の極寒サイクリングでいつも助けてもらう「おたふく手袋」御大将に助けてもらいましょう。

このメーカーも相変わらず、コスパ良すぎるなぁ。

キャップ(帽子)

帽子もなんなくラインナップしています。普通に買うと2000ー3000円暗いしそうなんですが、さすがワークマン値段設定が狂ってやがる(誉めてる)

 

グローブ(必ず防寒・防水手袋を!)

グローブも「おたふく手袋社」に助けていただきましょう。信頼を寄せていいメーカーだと思います。極寒の雪山ライドでは(以下略)

これはもうどちらかを好み選んでください。その他無名のメーカーのグローブは品質が怪しいのでやめておきましょう。スノボやスキーでグローブがぬれるとその日はもう地獄です。信頼できるメーカーだけを推奨します。

上半身の準備は完了!ここからはスキー、スノボウェアの下半身

さてここからは下半身のパートです。

ズボン

こちらは先に紹介した、アウタージャケットのズボン版です。同じシリーズなのでデザイン性や統一感を意識する必要がなく、しっかりとサマになります。

防水性能も10000mmと高いうえに、伸縮もしやすいのでスキーやスノボ用に開発されたのでは?とすら思います。

足(裾)には面テープアジャスター付き!

裾の自由度がかなり高く、面テープでのアジャスターが利用可能です。

これ何が良いかというと、スノボやスキーのブーツをはくときにスゴク便利なのです。

ブーツを履くときにアジャスターを解放して、ブーツの上から裾をかぶせたらアジャスターを閉める。これによって雪が足に侵入することを防げるのです。

普通この価格でそこまでやる?(誉め言葉)

ワークマンの本気度にビビりますね。

 

タイツ

タイツまで揃うんかーい!という感じですが揃います。

スキーやスノボではタイツをはかないと寒くて凍えるので、必ず履きましょう。そして例のごとくワークマンが「秋冬用」と銘打ってる製品はかなり暖かいです。こちらも例外なくおススメできます。

 

ソックス(厚手を推奨)

以前ワークマンの温かいソックスをレビューしましたが、最新の暖かい靴下はコレです。これから買うならこっちのほうがいいでしょう。

 

ワークマンはソックスのクオリティがユニクロの比ではないレベルで頭2個分くらいとびぬけてると感じます。やはり本業が作業着メーカーであるワークマンは強い。

 

上下セット全身で揃えても1万円代〜2万円<安すぎ>

はいこれでほとんど揃いましたね。改めて思うのはこれです。

ワークマン、スキーやスノボウェアにうってつけすぎません?

はっきり言いましょう。これ明らかにスキーやスノボウェアに向いてますよ、ワークマンさん。

そしてもっと言うとウェアのデザインがめちゃめちゃ良くなりましたね!デザイナーを変えたんでしょうか。着てても恥ずかしくないどころか、着るために積極的に使える場面を探したくなるレベルで良いラインナップになりました。

もっと突っ込んで言うと、アマゾンとかで冬になると売られてる、よくわからんメーカーの格安上下セットよりはるかイイと言えます。

ちなみにこのビーンブーツもかなりかっこよくて、買ってから履く場面を探すレベルですからね。
今回のようにスキー、スノボでゲレンデに行くときにちょうど良いと思います。防水ですし。

まとめ

ワークマンで揃えるスキー、スノボウェアはかなり当たりでした。まだやってる人もいないのでこっそり試してみてください。誰ともか被らないうえにカッコ良くてコスパ最強という、もはやチートです。

ワークマンに関してはマジで感謝しかなく、これからも新製品をウォッチしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました