2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット 生活改善

Anker Soundcore Life P2は軽量&片耳(右のみ、左のみ)OK!ビジネス用にもヨシ!【口コミではなくレビュー】

完全ワイヤレスイヤホンが最近アツイ。

最近完全ワイヤレスイヤホンにかなりハマってて、いろんなレビューをしています。

今回はこんな方向けの記事です。

Anker Soundcore Life P2って完全ワイヤレスイヤホンとしてどうかな?買って後悔しないかな?

OKです。今回も自腹で購入しているので紹介していきます。

 

Anker Soundcore Life P2はこんなイヤホン

まず入手したのはコレです。

Anker社といえば、スピーカーやモバイルバッテリーで名を挙げたメーカーです。

しかしイヤホンも割といいモノを出してくるイメージ。

 

今回もそのイメージに違わず、”安価でありながらまともに良いイヤホン”というのが結論です

まずスペックを見ると、このようになってます。

再生時間: 最⼤7時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤40時間(充電ケース使⽤時)
充電端子: USB Type-C
重量: 約62g(充電ケース含む)
防水規格: IPX7
Bluetooth規格: 5.0
対応コーデック: SBC / AAC / aptX

目を引くのが、再生時間7時間という点です。

サイズが結構小さいながら、本体のみで7時間もつのは中々めずらしい。

 

他社のイヤホンでは3.5時間等、稼働時間が短いモノが多いですからね。

電池持ちの良さは実運用で影響が大きいので、結構重要なポイントです

 

音質は普通だが、装着感が良い

さて、Anker Soundcore Life P2の評価をするには音質についても言及が必要ですね。

では音質について、ひとことで結論を言ってしまうとこれです。

音質は普通。特段目立つ点は無いが不快もなし

というのが結論かなと思います。

 

音質を求めるなら、こっちを買いましょう。明らかに差があります。

 

でもその一方で特筆すべき点に”装着感の良さ”があります

これはかなり素晴らしいです。

というのも私はいろんな完全ワイヤレスイヤホンを使っていて、共通の課題に気づきました。

それは、多くのワイヤレスイヤホンは装着感がイマイチでズレやすいということです。

 

しかしながら、Anker Soundcore Life P2は驚くほどフィットします。

 

イヤホンの重心バランスが良いためだといえます。このおかげで頻繁に位置を微調整したりも不要。

付け心地はかなり快適です。

 

左、右のみ利用OK!完全左右独立タイプ

完全独立型イヤホンと言えども、片耳で左右を使えるイヤホンは少ない。

どういう事かと言うと、こういう事です。

左イヤホンは片耳利用⇒NG、右イヤホンは片耳利用⇒OK こういうのが多い

そう、実は片方のみで左右使えるタイプって結構少ないんです。

 

しかしこれができれば、こういう事が可能になります。

右のみで使う⇒電池が切れたら左耳のみで使う⇒その間に右は充電する。

これができれば、充電中だから音楽が聴けない!という事態にはなりません。

 

常に充電中でも音楽が聴けるんです。

だから、左右が完全に独立したイヤホンをおすすめしているんです

ちなみにこの他にも完全に左右独立型イヤホンだからできる、特別な使い方もあります

 

1つのイヤホンでIphoneと、Androidへ同時につなぐ

左右が完全に独立しているメリットを活かしてこんな事ができます。

左イヤホン⇒Iphoneとペアリング

右イヤホン⇒Androidとペアリング

こんなこともできます。

 

つまり1台で2台とペアリングできるわけです。

具体的な使い方としては

「左イヤホンをIphoneのKindle読み上げをさせ、右イヤホンはAndroidで音楽を聴く」と使い分けもありだと思います。

これ、複数の機種を使ってる方や、プライベートスマホと会社の電話用にハンズフリーマイクを持ち歩いてる方などにも有効です。

Anker Soundcore Life P2はマイク機能も優れてます。

そのため後述しますがハンズフリーマイク代わりに使っても優秀です。

 

ビジネス用に使えるイヤホン ハンズフリー利用にGood

これを使えば、外回りの仕事で運転中に使うハンズフリーマイクを持ち歩かずに済むわけです。

具体的に言うとAnker Soundcore Life P2が1台あればこんな運用が可能です。

右イヤホン⇒個人スマホと接続

左イヤホン⇒会社スマホ(ハンズフリー用)と接続

これ1台で統合すれば充電する対象も減るわけで、相当快適になりますね。

 

まとめ

Anker Soundcore Life P2がかなりまともに使えるイヤホンだと、伝わったかと思います。

音質に超こだわる方、以外なら満足できるほど高い利便性です

値段もお手頃なのでおススメできますね。

 

 ちなみに完全ワイヤレスイヤホンの欠点についての記事も書いてます。その解決策も対策済みです。

PR

-ガジェット, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.