2020/10/22

【中華ヒーターベスト2年目】ワークマン電熱ベストが入手できない方向けに買った中華ベスト2年目レビュー

昨年大人気だった、ワークマンのヒーターベスト(電熱ベスト)。 すでにオンライン在庫も尽きて、昨年と同じく入手困難になってきてます。   そこで昨年、代案を調べてこんな記事を書きました。   しかしコイツも入手できない状況に。 しかたないので禁断の中華ヒーターベストに手を出したわけです。 今回はこんな方向けの記事です。 中華ヒーターベストって燃えたりしないのかな?品質が怖いし長期レビューが見たいなぁ。   ですよね。こういう製品は長期レビューを見ないと信用できません。 わたしは ...

続きを読む

2020/10/17

持ち運びカヤックすべくエアフレーム1を購入した件(ブロンプトン積めるのか・・・?

折りたたみと言うフレーズにグッとくる人は多い。 かくいう私も、「折りたたみ」とか「分割式」とかを見ると反応してしまいます。 なぜなら可搬性が超上がりますし、行動の幅が劇的に広がるからです。   今回はそんな折りたたみ可能なカヤックを購入したので紹介していきます。 この記事はこんな方向けの記事。 折りたたみ式のカヤックって使ってみてどうなんだろう?エアフレーム1を検討しているけど実際のレビューが見たいなぁ   OKです。 今回も自腹購入してありますので紹介です。   自動車なし ...

続きを読む

2020/9/6

打倒ハイガー産業!アルインコのプログラムバイクAFB7219がもはやAIスピンバイクな件

アルインコという会社をご存知でしょうか。 この会社は以前から紹介してるハイガー産業と同じように、スピンバイクを販売してます。   私もスピンバイクが大好きなんで色々見てます。 でも基本的にはハイガー産業の方が 製品魅力が高いことが多いです。   しかし今回そのアルインコが、かなり衝撃的な製品を出してきました。 今回はこんな方向けの記事です。 普通のスピンバイクではなくて面白味のあるスピンバイクってないかなぁ?     OK です。 アルインコが出して来たスピンバイクがとても魅 ...

続きを読む

2020/9/4

ハイガーのスピンバイク HG-YX-5006SがリニューアルしてNEWカラーが超カッコいい件

大好きすぎて常にウォッチしているハイガー産業のスピンバイク。 自腹でも購入して毎日使っています。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   さてそんなハイガーのスピンバイクですが、以前値付けがおかしいくらい安いHG-YX-5006Sを紹介しました。   さてそのHG-YX-5006Sが、なんとリニューアルしたわけです! まぁちょっとしたリニューアルだろと思ってました。 ページを開いてみたら「おッ!!」となったので紹介です。   この記事は ...

続きを読む

2020/8/27

【ついに無音へ!】ハイガー産業から無音スピンバイク HG-Y700が発売された!

以前から愛用してるハイガー産業のスピンバイク。 スピンバイクはハイガー産業のHG-YX-5001 を選択すれば間違いない<レビュー>   現在のコロナ下でもジムに行かずに有酸素運動できて非常に役に立ってます。   そんな最強のスピンバイクですが、またもやハイガー産業からやばいスピンバイクが出ています。   今回はこんな方向けの記事です。 スピンバイク欲しいんだけど、やっぱり音が気になる。超静かなスピンバイクが欲しい。そんなのないかな?    OK です。 自腹で購入 ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

ブロンプトン輪行用に買ったトラギア(TRGR CHIBI 6810ML)が常用に良すぎるのでレビューする

以前、ブロンプトン輪行には他の趣味を掛け合わせると最高!!という記事を書きました。

この中の趣味の一つとして”釣り”と掛け合わせるのを提言してます。

そうなると、輪行しつつ長い竿とか持ちたくない。

なので折りたためる竿がいいわけです。

 

そして、購入したのがトラギア(TRGR CHIBI 6810ML)というモデル。

これが予想以上にイイので、紹介していきます。この記事はこんな方向けの記事です。

以前ブロンプトン輪行の記事で、おすすめの折りたたみ竿として紹介されてなぁ。実際どうなんだろう?

OKです。実際の使い心地も含めて紹介していきます。

 

トラギア(TRGR CHIBI 6810ML)は超コンパクトなのにまとも

まず購入したのはコレです。

 

これを一言で表すと、”超コンパクトなのにまともな竿”です。

竿の種類を大雑把に分けると、三種類あります。

1つ目はコンパクトにならない竿(1本継、2本継タイプ)

2つ目はそこそこコンパクトになる竿(4本継タイプ、通常の振り出し竿)

3つ目は超コンパクトになる竿(ペンタイプの竿、8本継以上の竿)

 

通常、まともに釣りができるのは1つ目と2つ目の竿までです。

3つ目の竿はコンパクトにすることが主目的になってしまい、いざ釣りをすると不快過ぎて釣りになりません。

困った男性
3つ目のタイプは主従が逆転しているんですね。

 

しかし今回紹介のTRGR CHIBI(6810ML)は3つ目の「超コンパクトになる竿」でありながら、まともに使える完成度なのです。

はっきり言ってこれは驚いた

なので、どこがすごいか説明していきます。

 

この仕舞サイズで竿が普通に操作できる=快挙

普通に竿を操作できる。

これ通常の竿なら当たり前です。しかしこれは超コンパクト竿です。

普通に操作ができるのはマジですごいのです。

 

この3つ目の”超コンパクト竿”のジャンルはマジでまともな竿が少ないのです。

一例を挙げるとコレです。

釣り好きやガジェット好きの方は、見覚えがあるのでは。

このペン型竿はコンパクト沼にあこがれて一度はハマる罠的な商品です。

 

大き目のペン程度のサイズに竿が仕舞えるので、「超コンパクトでいつもでも釣りができる! 」がキャッチフレーズ。

しかし実際は、全然無理です。

というのも竿のスペックがショボすぎる。

まともに釣りにならないし、万が一釣れても魚とのやり取りができるとは到底思えない作りなのです。

困った男性
ペンサイズ竿は控えめに言っても悲惨な竿

 

本来超コンパクト竿のジャンルは、このように「超コンパクトになる竿けど、まともに使えない」がほとんどだったわけです。

 

しかしTRGR CHIBI(6810ML)は常識を打ち破ってきました。

TRGR CHIBI(6810ML)は超絶感度がいいわけではないが、普通に使えるのです。

このコンパクトさからしたら、マジでスゴイ

ちなみに私は渓流や湖、池、海等で使ってますが普通に常用できてます。

なので気づいたら、竿の打席数が高く普通にレギュラー入りしてました。

なぜそんなに、打席数が高いのかも書きましょう。

超コンパクトなので、ラン&ガンがラク

まずこの折りたたんだサイズを見てください。

スマホ2台分しか長さが無いのです。

つまりだいたい30cmくらいです。これは相当コンパクトです。

これはコンパクトすぎてビビる!

 

30cmであれば大抵のカバンにすっぽり入ります。なので、持ち歩くのに一切不便を感じず利用頻度が高まってます

 

さらにこのサイズに小さくなるので、渓流を沢登りしたり、移動するのもラク。

こういう↑急こう配のエリアは危険。なので常に両手はフリーにしておきたいし、身軽にしておきたい。

 

TRGR CHIBI(6810ML)ならキツめの移動でも仕舞寸法30cm。そのおかげで一切邪魔にならないのです

ラン&ガン(移動しながら釣りする)が捗る!

 

全長2mなので飛距離が出る

TRGR CHIBI(6810ML)はなんと全長2.03mです。

これもかなり驚異的です。

というのも仕舞寸法30cmでありながら、ルアー竿としてはかなり長い約2m

これくらいあれば、キャストするときにかなり飛距離が出ます。

なので、ロングキャストが必要な場面が想定されるときにTRGR CHIBI(6810ML)を持っていくわけです。

 

でもちょっと待って下さい。こう思いませんか?

逆に釣りしててロングキャストがいらない場面って、あまりありませんよね?

そうなんです。どんな状況でもロングキャストができないより、できる方がいいわけです

そのため、こうなります。

今日もロングキャストするかもだし、TRGR CHIBI(6810ML)持っていくか

こんな感じで持ち出すパターンが多いです。

 

そして持ち出す回数が増えるので、釣れるチャンスも多くなるのです。

実際にTRGR CHIBI(6810ML)を使い、イワナを釣りました\(^o^)/

 

カーボン調のデザインがかっこいい!

TRGR CHIBI(6810ML)は見た目もなかなか良いです。

というのもブランクス(竿の芯部分)がカーボン調デザインだからです。

見る角度によって、ゴースト加工されたカーボンシルエットが、浮かびます。

かっこいいい。

ちなみに挿し色の渋いゴールドのパーツがイイ感じに、高級感出してます。

 

セミハードケース付属で安心感抜群

なんとこのTRGR CHIBI(6810ML)にはセミハードケースが付属します。

しかもコレがおまけレベルを逸脱してて、かなり本気です。

このように竿全体をしっかりと、保護するタイプです。

硬さもあって、充分竿を守ってくれます

 

ちなみにリールを装着したままでも、セミハードケースに入れられるようになってます。

これが付属とか、やりすぎだろ・・・・

そもそもTRGR CHIBI(6810ML)はかなり値段が安いのに、どうしてこの豪華なセミハードケースまで付けたのか。

メーカーの儲けが心配になりますね。

でも消費者側からしてみれば安くて助かります!

 

 

まとめ

コンパクトでまともに使える稀有な竿です。

出張の時にこっそり持っていくもヨシ、帰省で使うもヨシ、さらに常用してもヨシ。

 

こいつ一体何者なんだ!となりますがいい竿なので、活用していきましょう。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.