2020/5/26

【普段使いにもOKレビュー】おたふく手袋のボディータフネスが消臭&冷感でサイクリングにおススメできる!

最近サイクリングをしていると、日差しが強すぎますね。 以前は「日焼けはガンガンしていこうぜ派」だったんですが、さすがにここ数年の日差しの強さにヤバさを感じてます。 というのも日を浴びすぎるとシミができて、後が厄介だから。   そこで今回はこんな方のための記事です。 日焼け対策をしつつ、涼しいサイクリングウェアとかないかなぁ。もちろん安いのが希望って無理かなぁ いえ、この問題は例の企業が解決してくれます。 深堀しつつ、この問題を解決していきましょう。   例の企業=サイクリスト御用達 例 ...

続きを読む

2020/5/24

【コロナ時代のサイクリング】UVフェイスマスクが日焼け防止&配慮してます感でおススメ

最近仕事が忙しすぎてヤバい私こと、wktkです。 仕事において通常の運営計画に加え、「コロナで在宅自粛パターンと、自粛しつつ経済も動くパターンも作れ」と言われて業務量がヤバいのです。   そんな私のストレス解消に超貢献しているのが、サイクリング。 でも気になるのが屋外での日焼け&マスクの着用必須の雰囲気。   そこで今回はこんな記事です。 日焼け防止しつつ、世間のマスク着用必須の雰囲気にも対応できる、そんなアイテムないかなぁ? OKです。この問題を深堀しつつ解決しましょう! &nbsp ...

続きを読む

2020/5/21

【高スペック&安い】Huaweiからの乗り換え難民向け Xiaomi Mi9T(K20)がお得すぎる件

以前Xiaomi Mi9T(K20)を買いました。 で、これをしばらく使ってみてわかったのですが、かなりいいんですよ。   そこで今回はこんな方向けの記事です。 そこそこスペックが良くて、安いスマホって無いかなぁ?ちなみにHuawei以外で。 これ結構困ってる人いると思うですよね。 Huaweiがコスパ抜群で使ってたけど、メーカーとして終了してしまったので次のスマホ困ってるって人。 この問題を深堀しつつ解決していきます。   結論:Xiaomiのミドルクラスがコスパ抜群! はい、最初に ...

続きを読む

2020/5/16

【3台ワイヤレス充電】3台同時充電できるQiワイヤレス充電器がすご過ぎレビュー(変態端末含む)

ガジェット大好きな皆さんへ超朗報。 ガジェット好きはたいてい、スマホ好き。スマホ好きはたいてい複数台所有しています。 そうなると困るのが充電。   特に問題となるのが、Qiワイヤレス充電のスマホ。 Qiワイヤレス充電は超便利なんですが、その分だけワイヤレス充電台も必要なわけです。 そこで今回はこんな方向けの記事。 複数台スマホがあって、Qiワイヤレス充電も複数買うのは面倒。。。同時充電できないかなぁ? OKです。この問題を力業で解決する商品を発見したので、紹介します。 今回も(いつも)自腹レビュ ...

続きを読む

2020/5/10

【自宅でスピンバイク2年利用】スピンバイク4万円以下で選ぶならどれがおすすめか

最近スピンバイクが大人気です。 というのも外出自粛により、なかなか屋外で運動ができません。 そのため室内で有酸素運動をする必要が出てきたからです。 そこで今回はこんな方向けの記事です スピンバイクスピンバイクを導入してみたいけど、あまりお金をかけたくない。 4万円以下でまともなスピンバイクはないかな? oK です。 実際にスピンバイクを所有してる私から見た、おすすめ4万円以下をスピンバイクを紹介していきます。 ハイガー産業 HG-YX-5001(型番変更によりHG-YX-5007) まずはおなじみのハイガ ...

続きを読む

ガジェット キャンプ サイクリング ブロンプトン

ブロンプトン輪行用に買ったトラギア(TRGR CHIBI 6810ML)が常用に良すぎるのでレビューする

以前、ブロンプトン輪行には他の趣味を掛け合わせると最高!!という記事を書きました。

この中の趣味の一つとして”釣り”と掛け合わせるのを提言してます。

そうなると、輪行しつつ長い竿とか持ちたくない。

なので折りたためる竿がいいわけです。

 

そして、購入したのがトラギア(TRGR CHIBI 6810ML)というモデル。

これが予想以上にイイので、紹介していきます。この記事はこんな方向けの記事です。

以前ブロンプトン輪行の記事で、おすすめの折りたたみ竿として紹介されてなぁ。実際どうなんだろう?

OKです。実際の使い心地も含めて紹介していきます。

 

トラギア(TRGR CHIBI 6810ML)は超コンパクトなのにまとも

まず購入したのはコレです。

 

これを一言で表すと、”超コンパクトなのにまともな竿”です。

竿の種類を大雑把に分けると、三種類あります。

1つ目はコンパクトにならない竿(1本継、2本継タイプ)

2つ目はそこそこコンパクトになる竿(4本継タイプ、通常の振り出し竿)

3つ目は超コンパクトになる竿(ペンタイプの竿、8本継以上の竿)

 

通常、まともに釣りができるのは1つ目と2つ目の竿までです。

3つ目の竿はコンパクトにすることが主目的になってしまい、いざ釣りをすると不快過ぎて釣りになりません。

困った男性
3つ目のタイプは主従が逆転しているんですね。

 

しかし今回紹介のTRGR CHIBI(6810ML)は3つ目の「超コンパクトになる竿」でありながら、まともに使える完成度なのです。

はっきり言ってこれは驚いた

なので、どこがすごいか説明していきます。

 

この仕舞サイズで竿が普通に操作できる=快挙

普通に竿を操作できる。

これ通常の竿なら当たり前です。しかしこれは超コンパクト竿です。

普通に操作ができるのはマジですごいのです。

 

この3つ目の”超コンパクト竿”のジャンルはマジでまともな竿が少ないのです。

一例を挙げるとコレです。

釣り好きやガジェット好きの方は、見覚えがあるのでは。

このペン型竿はコンパクト沼にあこがれて一度はハマる罠的な商品です。

 

大き目のペン程度のサイズに竿が仕舞えるので、「超コンパクトでいつもでも釣りができる! 」がキャッチフレーズ。

しかし実際は、全然無理です。

というのも竿のスペックがショボすぎる。

まともに釣りにならないし、万が一釣れても魚とのやり取りができるとは到底思えない作りなのです。

困った男性
ペンサイズ竿は控えめに言っても悲惨な竿

 

本来超コンパクト竿のジャンルは、このように「超コンパクトになる竿けど、まともに使えない」がほとんどだったわけです。

 

しかしTRGR CHIBI(6810ML)は常識を打ち破ってきました。

TRGR CHIBI(6810ML)は超絶感度がいいわけではないが、普通に使えるのです。

このコンパクトさからしたら、マジでスゴイ

ちなみに私は渓流や湖、池、海等で使ってますが普通に常用できてます。

なので気づいたら、竿の打席数が高く普通にレギュラー入りしてました。

なぜそんなに、打席数が高いのかも書きましょう。

超コンパクトなので、ラン&ガンがラク

まずこの折りたたんだサイズを見てください。

スマホ2台分しか長さが無いのです。

つまりだいたい30cmくらいです。これは相当コンパクトです。

これはコンパクトすぎてビビる!

 

30cmであれば大抵のカバンにすっぽり入ります。なので、持ち歩くのに一切不便を感じず利用頻度が高まってます

 

さらにこのサイズに小さくなるので、渓流を沢登りしたり、移動するのもラク。

こういう↑急こう配のエリアは危険。なので常に両手はフリーにしておきたいし、身軽にしておきたい。

 

TRGR CHIBI(6810ML)ならキツめの移動でも仕舞寸法30cm。そのおかげで一切邪魔にならないのです

ラン&ガン(移動しながら釣りする)が捗る!

 

全長2mなので飛距離が出る

TRGR CHIBI(6810ML)はなんと全長2.03mです。

これもかなり驚異的です。

というのも仕舞寸法30cmでありながら、ルアー竿としてはかなり長い約2m

これくらいあれば、キャストするときにかなり飛距離が出ます。

なので、ロングキャストが必要な場面が想定されるときにTRGR CHIBI(6810ML)を持っていくわけです。

 

でもちょっと待って下さい。こう思いませんか?

逆に釣りしててロングキャストがいらない場面って、あまりありませんよね?

そうなんです。どんな状況でもロングキャストができないより、できる方がいいわけです

そのため、こうなります。

今日もロングキャストするかもだし、TRGR CHIBI(6810ML)持っていくか

こんな感じで持ち出すパターンが多いです。

 

そして持ち出す回数が増えるので、釣れるチャンスも多くなるのです。

実際にTRGR CHIBI(6810ML)を使い、イワナを釣りました\(^o^)/

 

カーボン調のデザインがかっこいい!

TRGR CHIBI(6810ML)は見た目もなかなか良いです。

というのもブランクス(竿の芯部分)がカーボン調デザインだからです。

見る角度によって、ゴースト加工されたカーボンシルエットが、浮かびます。

かっこいいい。

ちなみに挿し色の渋いゴールドのパーツがイイ感じに、高級感出してます。

 

セミハードケース付属で安心感抜群

なんとこのTRGR CHIBI(6810ML)にはセミハードケースが付属します。

しかもコレがおまけレベルを逸脱してて、かなり本気です。

このように竿全体をしっかりと、保護するタイプです。

硬さもあって、充分竿を守ってくれます

 

ちなみにリールを装着したままでも、セミハードケースに入れられるようになってます。

これが付属とか、やりすぎだろ・・・・

そもそもTRGR CHIBI(6810ML)はかなり値段が安いのに、どうしてこの豪華なセミハードケースまで付けたのか。

メーカーの儲けが心配になりますね。

でも消費者側からしてみれば安くて助かります!

 

 

まとめ

コンパクトでまともに使える稀有な竿です。

出張の時にこっそり持っていくもヨシ、帰省で使うもヨシ、さらに常用してもヨシ。

 

こいつ一体何者なんだ!となりますがいい竿なので、活用していきましょう。

PR

-ガジェット, キャンプ, サイクリング, ブロンプトン

Copyright© Wktkこんぱす , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.