2021/10/7

【長期レビュー 】ブロンプトン用の鍵として ABUS のBORDO(ボルドー)5700を2年使ってみた結果【サビ・破損】

以前から愛用してるブロンプトン用の鍵。 ABUS の Bordo 5700を利用しています。 「ブロンプトンの鍵」「おすすめ」のワードで、検索されてる方が多いようですが意外と長期レビューがネット上にありません。 そこで今回はこんな方向けの記事ブロンプトン用鍵としてALBISのBordo5700が気になる。でもこういうのって長く使わないとわからない。長期利用してる人のレビューってあるのかな ? oK です。以前この記事を書きました。 ブロンプトンのおすすめ鍵はこれ一択でOK<K> それからさらに1年後の合計 ...

続きを読む

2021/9/27

【長期レビュー:6年目 】ユニクロ シームレスダウン 3年で劣化問題は実際のところ剥がれたのか?

今年も寒くなってきました。 この時期になるとそろそろ冬服のことが気になり始めます。   特に私はダウンジャケットが大好きなので、色んな新商品をこの時期にチェックします。 【購入レビュー 】2021年最新のワークマン 「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」を見つけたら即買った方がよし   一方でユニクロのダウンジャケットなんかも好きです。 しかしながらユニクロのダウンジャケットといえば有名なこの問題があります。   ユニクロのシームレスダウンって ...

続きを読む

2021/9/27

【購入レビュー 】2021年最新のワークマン 「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」を見つけたら即買った方がよし

今年もだんだん寒くなってきました。 ちょっと早いですが、今のうちにそろそろ検討したいことがあります。 それはこれ。ワークマンの「洗えるフュージョンダウン REPAIR TECH ダウンフーディー」(通称:新作フュージョンダウン)がこの時期、販売されるから早く買おう! そうです。 毎年冬になると入手困難になる、ワークマンのフュージョンダウン。   それがこの時期に販売されるんです。 ちなみに私は2021年版を先日購入しました。しかしその時点でもう在庫が少ない… 迷ってる暇なんかない!見つけたら即入 ...

続きを読む

2021/9/26

【短期間っぽい】rapid TRANSIT Rack(ラピッドトランジットラック)が最安価格になっている件

輪行用に最適のrapid TRANSIT Rack。 以前から紹介していますが、輪行用に rapid TRANSIT Rack は超最適なアイテムです。 【Verge N8(ヴァージュ)】TernのRapid TRANSIT Rack購入したので紹介と装着方法。<知らないと装着方法でつまづく> あまりにも素晴らしいアイテムなので、色んな車種につけたりレビューを書いています。 全般的に素晴らしいのですが、一方で問題が。困った男性rapid TRANSIT Rack って結構 お値段高い   そうな ...

続きを読む

2021/9/26

【購入レビュー】ABUのパックロッド XRFC-654ML-BF-MBがかなり使いやすい件

以前から紹介してますがベイトフィネスにはまっています。 【レビュー】渓流でのシマノ スコーピオンBFSによるベイトフィネスが最高に楽しい件   しかしベイトフィネス用のリールやロッドは何かとお値段が高い。 その結果たどり着いたのが、XRFC-654ML-BF-MBです。   そこで今回はこんな方向けの記事 XRFC-654ML-BF-MBって使い心地どうなんだろ?実際に購入したレビューを見たいな。 oKです今回も自腹購入しているので、深掘りしつつ紹介していきましょう。 XRFC-654 ...

続きを読む

ガジェット キャンプ 生活改善

【今だからこそ】Huawei mate20proは釣りにも大活躍で、防水カメラとして買っても超アリ。

以前から、複数のスマホを活用しています。

その一つがHuawei mate20proです。

 

このスマホはすでに発売されてから1年以上経つものの、異常にカメラが周りが優秀。

そのため、いまだに根強いファンがいます。

 

その一人がわたし。

なのでHuawei mate20proがいかにすごいのか、特に釣り用としていかに優れてるかを書きます。

この記事はこんな方向けの記事です。

 

釣り用にカメラ買おうかなぁ。スマホでもいい気がするし迷うなぁ

OKです。上記の悩みを考えて結局Mate20proを買った私が、深堀しつつ解決してきましょう。

 

Huawei mate20proはカメラが超優秀

コレですね。

 

Huawei mate20proは2018年の11月30日に発売されています。

つまり1年半以上も前のスマホ。

それにも関わらずカメラが超優秀。

 

どれくらい優秀かと言うと、Dxoベンチマークというカメラを採点するWEBサイトで20位である事実からもわかる。

20位って言うと、しょぼく聞こえるかもだけど、1年半前のスマホでこの順位。

2年で機種変更といわれるスマホの寿命を考えれば、かなり上位に食い込んでる

 

実際に他スマホカメラだと、無理そうなシチュエーションでもMate20proならしっかり撮れてますしね。

 

防水スペックも高い

Mate20Proは防水もしっかりしている。

具体的にはIP68の防水防塵の性能を持っています。

 

これがどの程度かと言うと、日本工業規格(JIS)によると以下です。

・防塵性能・・・完全な防塵構造

・防水性能・・・水面下での使用が可能

特に防水性能に注目してほしいんですが、スマホなのに水面下での使用が可能なレベルです。

ちなみにこのIPX8は日本工業規格(JIS)のなかで最高ランクの防水性能です

Mate20proの防水性能スゴイ!

そのおかげで釣りをするときにも、こんなことができます。

 

Mate20proなら水中に突っ込んで撮影OK

こんな事ができちゃいます。

スマホを水中に突っ込んで、水中撮影w

コレをやると、水中の地形がわかるので理解が深まります。

 

さらに普段見ることができない、水中世界を見られるのも超楽しいです。

こうやって、撮影してみると魚(イワナ)が3匹いたのがわかります。(※釣れないからいないと思ってた・・・)

 

撮影時の水しぶきや、魚を触った後の生臭さも懸念なし

釣りをしていると、水しぶきが発生しがち。

でもMate20proなら最高クラスの防水性能だから問題なし。

 

また魚を釣った際は、手が生臭くなります。

でも釣ったら絶対写真を撮りたいじゃないですか

そういうときMate20proなら、後で丸洗いすればOK

そのおかげで、実際に先日イワナを釣った時も活躍しました。

手の生臭さは気にすることなくMate20proで撮影できました。その後Mate20proは丸洗いです。

防水コンデジには不可能な3眼カメラ。特に広角レンズ搭載がアツイ

釣りのときのカメラのライバルとして、防水コンデジがあります。

こういうヤツですね。

そしてこういう防水コンデジは、レンズ交換ができない。

 

実際、釣りをしているとこう思うことが多いです。

雄大さや、周辺の風景を伝えるためにもっと広角でとりたいなぁ。

そういうときにMate20proならボタン一つで、広角にできます。

これは超便利!

 

防水LEICAカメラ

防水でありながら、LEICA銘が付く。

これまでこんなカメラあっただろうか?

Mate20proなら防水でありながら、LEICA銘が付くわけです。

所有欲をくすぐれてなんかうれしい。

 

スマホではなく、連携が超便利な3眼防水コンデジとして使うと幸せ

Mate20proはスマホとしてよりも、「連携が超便利な3眼防水コンデジ」として使うのが一番幸せです。

というのも、Huawei問題がいまだにあるからです。

Huawei問題というのは、アメリカからGoogleサービスを停止されている問題です。

Mate20proは規制対象機種から外れてますが、それでもメイン端末にするには懸念があります。

ではどう活用するのかというと、冒頭の「連携が超便利な3眼防水コンデジ」として使うという案です。

 

この考え方で使えば、釣りにも便利だし、登山やキャンプなんかにもMate20proが大活躍です。

 

まとめ

Mate20 proがいかに使えるスマホ伝わったかと思います。

実際にこのブログもMate20 proで撮ってる写真も多いです。

 

1年半たち、Mate20 proもだいぶ安くなっているのでおススメしておきます。

PR

-ガジェット, キャンプ, 生活改善

Copyright© Wktkこんぱす , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.